知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.81なんで金色?キンメダイくん

illust_川田一輝

こんにちは!
最近昼夜逆転して、真っ暗な部屋で深海魚のような生活をしている「さかなのおにいさん」かわちゃんこと川田一輝です。

今日は深海に棲むキンメダイのお話。
伊豆などでよく獲れる深海の高級魚。寿司に煮付けと脂の乗った白身は絶品です。

なんで~キンメダイ

03_0

ちなみにキンメ「ダイ」といいつつもタイの仲間ではありませんよ!

キンメダイの目はなんで金色なんだろう?
体が赤いのも含め、すべて理由があります。それは「深海に生息してるから」なんです。

それは深海に~

03_1

キンメダイはなぜ瞳が金色かというと、深海のわずかな光も効率よく集めるためなんです。
キンメダイの瞳の奥には「タペータム」と呼ばれる反射層があり、そのおかげで少ない光でも生活することができます。この「タペータム」が金色に見えるのです。

ちなみにギンメダイ

03_2

ちなみに色違いのようなギンメダイという魚もいます。ギンメダイといいながら瞳はブルー!

キンメダイも生きているときはマダイに似た桜色のボディで、死んでから真っ赤になります。
今や高級魚のキンメダイですが、昔は何と……。

捨てられてた

03_3

冷凍技術がなかった昔は沖の深海でとれたキンメダイは腐りやすく、マズイ魚だと思われていました。キンメダイが人気になったのは近年のこと。
マグロのトロも昔は酸化しやすくマズイということで、捨てられてましたもんね。

 

身近にある意外なものが、将来価値を帯びるかもしれません。
……そんなことを考えながら今この記事を書いてるのは深夜2時。目がキンメダイのようにギラギラしてきたので早く寝まーす。
じゃあね! おやすみなさい。

 

レポーターREPORTER

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
1990年大阪生まれ。さかなたちの“おかしな”生態や海の大切さをイラストや歌で伝え、子どもの好奇心を育てる活動をしている。テレビの釣り番組や水族館でさかなを解説したり、ラジオDJ・声優としても活躍中。
初の書籍「ツッコミたくなる おさかな図鑑」は重版。SNSのフォロワー数合計50000人以上(2021年現在)
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)