知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.84聞きたくなかった!? メンダコの真実!

illust_川田一輝

こんにちは!
先日、「実は周りには言えませんが、かわちゃんの隠れファンです」と言われました。
「さかなのおにいさん」かわちゃんこと川田一輝です。なんで言えへんねん!!

実は深~い暗~い海の底にも、隠れた人気者がいます。それはメンダコ! 最近は深海ブームでたくさんの人に認知されましたが、まだまだ知らないことがたくさん!

今回はそんなメンダコの知られざる秘密をお話します。

深海の人気者メンダコ

02_0

水深200~1000mの深い海に棲む変わったタコ。タコなのに墨袋を持っていないので、墨は吐けません。
あと耳に見えるこの部分(イラスト参照)はヒレなんです。小さいのでこのヒレで泳げませんが、方向転換や姿勢を保つのに使ったりするそうです。

そんな人気者メンダコの秘密は……?

強烈に臭い

02_1

めっっちゃくさい!!

漁師さんは網にあげてる最中にニオイで分かるそうで、他の魚にニオイがつかないようすぐに外して逃すんですって。
シンナーに似た独特な生臭さ、それだけではありません。

食べるとまずい

02_2

食べた人いわく、誰かが噛んだあとのガム味だそうです…。
ニオイはシンナー、食感は誰かが噛んだあとのガム。もしくは部位によって異常にしょっぱい海水味。
……審査員満場一致でマズイ!!!

そして極め付けは!?

弱い…

02_3

めっちゃ弱いんです。

光や音に敏感な、とても繊細な子。少し前まではメンダコの飼育は数日といわれ、沼津港深海水族館ですら、最長飼育日数は50日ちょっとなんだそう(2020年現在)

タコなのに墨袋もない。UFOのようにフワフワただようメンダコ。
臭いしマズイし弱い…けど可愛らしいからまぁいいか! 人間はギャップに弱い生き物ですね。

ではまたー!

 

レポーターREPORTER

さかなのおにいさん かわちゃん
プロフィール:さかなのおにいさん かわちゃん
1990年大阪生まれ。さかなたちの“おかしな”生態を書籍やメディアで伝えることで、子どもの好奇心を育てる活動をしている。テレビ東京「シナぷしゅ」や釣り番組・情報番組に出演中。
著書に「ツッコミたくなる おさかな図鑑(ワニブックス)」「全国クセすご水族館図鑑(中央公論新社)」など。SNSの総フォロワー数70,000人以上
ツイッター:https://twitter.com/sakana_bro
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)
Youtube:さかなのおにいさん かわちゃんねる
公式HP:https://sakana-bro.com