知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.23タチウオがマニキュアに!?

illust_川田一輝

お魚大好き「かわちゃん」こと川田一輝さんがお届けする、ほのぼのイラストコーナー!
第23弾となる今回は、釣り人にお馴染み、上品で淡白な白身が美味しい「タチウオ」のお話。 では、どうぞ~!

 

釣り人にはお馴染みのタチウオ
ワインドやテンヤなどはちょうど今ごろがハイシーズン。夜の海沿いはさながら電気ウキのイルミネーションです。
釣り人じゃなくても、タチウオのお刺身に塩焼き、お吸い物。上品な白身は食べても美味しいですよね。

今回はそんなタチウオの「名前の由来」について2つ紹介しましょう!

01_タチウオの名前の由来は?

立ち泳ぎしてるから「立ちウオ」説!

02_立ちウオ説

背ビレを波打たせて静かに泳ぐ姿は、嵐山の竹林のよう…。
立ち泳ぎしているので魚群探知機に映りにくく、姿が分からないことから、別名「ユウレイウオ」とも呼ばれます!

刀のようだから「太刀ウオ」説!!

03_太刀ウオ説

ギラギラ光る細長いボディ!
尾ビレも腹ビレもない変わったフォルムは、まるでサムライの振り回す太刀のよう
英語でもCutlass fish(カットラスフィッシュ)Saber fish(サーベルフィッシュ)と呼ばれます。

イラストで指差して爆笑してるお姉さーん!
あなたの指先にも実は…。

指先にタチウオがっ??

04_マニキュアにも使われる

タチウオはウロコのない魚!
ギラギラの光沢、グアニン(タチ箔)が代わりに体を守っています。
このグアニンは昔、マニキュアやアイシャドウ、化粧品や模造真珠にも使われていました。

魚はサワレナイ…なんていうあなたの指先にも、実はタチウオはいるのかもしれませんね!

 

レポーターREPORTER

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
1990年大阪生まれ。さかなたちの“おかしな”生態や海の大切さをイラストや歌で伝え、子どもの好奇心を育てる活動をしている。テレビの釣り番組や水族館でさかなを解説したり、ラジオDJ・声優としても活躍中。
初の書籍「ツッコミたくなる おさかな図鑑」は重版。SNSのフォロワー数合計50000人以上(2021年現在)
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)