釣ったらその場で即料理
レンタルボートで丹後の海をGO!
魚種多彩な豊穣の秋をめいっぱい
【後編】シンプルに塩焼きが旨い!

釣りを終えてすぐ料理して現場で食べるなら塩焼きがもっとも簡単。シンプルなだけに新鮮さが魚の味を左右するから絶対旨いに決まってる! ってことで前回の「にぎり寿司」に引き続き、HEATスタッフが丹後の海の五目ボートフィッシングで釣り上げたフレッシュな魚を焼いちゃいました!

ちょっと沖に出て鯛ラバを試してみた!

(前号から続く)営業Y、スタッフMがアオイソメで底をねらってガシラやベラを釣っている間も、スタッフDは根気よくエギングを続け、またまた貴重なアオリイカをゲットした。餌木のフックがエンペラの横に掛かるという強運? の持ち主(不運なアオリイカ?)だ。「よしよし、コイツのゲソは塩焼きだな!」と食材確保は微速前進。

カサゴ(ガシラ)釣果
早々にアオリイカを諦めた営業Yのお気に入りはアオイソメをエサにガシラねらい
アオリイカ釣果
「えへへ、2杯目はこんなところに掛かってました」とスタッフD。「このゲソは塩焼きにしましょうかね!?」と食材確保は順調?

しかし、その後、アオリイカからの明確な反応がないままに時間が過ぎていき、磯場からすぐのシャローに見切りをつけ、水深50mほどの黒崎沖に出てみることにした。まるでポイントが分からないままの当てずっぽうで鯛ラバをするという危険な賭けだ。

スタッフDが『無双真鯛フリースライド TGヘッド コンプリートモデル』45gで釣り開始。リーリングせずボトムをトントンと叩いていたら、いきなりヒットした。「おっ、何か食いましたよ。底なのでガシラかな」「あっ、竿叩いてますよ。マダイじゃないですか?」「でも、それほど大きくないです」「赤い! タイですよタイ!」と大いに盛り上がるスタッフ一同。そして海面を割ったのはタイはタイでもレンコダイ(キダイ)だった。

SE123:無双真鯛フリースライド TGヘッド コンプリートモデル
無双真鯛フリースライド TGヘッド コンプリートモデル_釣り場写真
黒崎沖で使用したのはタングステン素材でシルエットがコンパクトなTGヘッドを採用したオールインワン『無双真鯛フリースライド TGヘッド コンプリートモデル』の45g。底取りが速くできるのでボトム付近を中心にねらう場合にも手返しがよく最適

「よっしゃ、塩焼き一丁上がり!」ということで、何とか食材も賑やかになったところで、天気予報どおり雨が降り始め10分もしないうちに本降りに。さらに悪いことに北からの風も強くなり、宮津湾内のショアライン沿いに餌木や仕掛を入れつつ帰港した。

レンコダイを抜き上げるシーン1
レンコダイを抜き上げるシーン2
レンコダイ釣果
黒崎沖の水深50mライン、ボトムから引き上げたのはレンコダイ。小型だが塩焼きにピッタリのサイズで、彩りも鮮やかになった

塩をふったレンコとゲソ2杯分を焼き網へ!

陸に上がって、にぎり寿司の作業(前編参照)と並行して塩焼き調理もスタート。塩焼き担当はスタッフD。慣れた手つきでレンコダイのウロコと内臓を落とし塩を軽くふって焼き網の上へ。この際、各ヒレに塩を多めに付けておくと焦げにくく、また丸焼きなので魚の胴の両面に火が入りやすいように飾り包丁を入れておくのがコツ。プラスして2杯のアオリイカのゲソも塩をして火にかける。寿司ネタで余ったベラやガシラも同時に焼きたかったが、レンコとゲソで一杯になったので営業Yが自宅にお持ち帰り。

レンコダイのウロコを取る
アオリイカをさばく1
アオリイカをさばく2
レンコダイはウロコと内臓を落とし身には飾り包丁を入れる。アオリイカの胴体は寿司ネタに。ゲソを塩焼きにする
レンコダイとゲソを塩焼きに
バーナーに焼き網を乗せて塩をふったレンコとゲソを並べて「おいしくな~れ! おいしく焼き上がれ!」と、おまじない。にゃんにゃん!?

にぎり寿司を食べ終わったころには片面が焼き上がり、レンコもゲソも裏返して待つこと数分。「うん、いい香り!」「美味そうやなあ」ということで、いただきま~す! 

塩焼き完成
にぎり寿司を食べ終わったころに塩焼き完成! いい感じに焦げ目付いてます

「うん、美味いっす」と営業Y。「レンコの身、ほくほくですね」とスタッフD。「ゲソはどうかな?」「おお、ええ塩梅やね」「日本酒ほしいなあ」と相伴に預かったスタッフM&Fも丹後の海の、秋の恵みに感謝しつつロケ終了。

はい、あ~ん
美味しくいただきます
まずはレンコダイから。「はい、どうぞ!」「んぐっ、う、美味いッスけど、自分で食べれます」「身がほくほく、美味しいなあ」
ゲソをいただきます
続いてゲソ。「んめー!」「おいしいっす」「雨に打たれて冷えた身体に熱燗やなあ」と一杯やって、そのままキャンプしちゃえばよかったのに?

「次回は何やります?」「イタメシ!」「干物作るってのはどう?」「たこ焼き!」「豪勢に舟盛り!」と、大いに盛り上がって宮津を後にしたスタッフ一同であった。めでたしめでたし!

 

フィッシングセンター海友

住所:〒626-0061 京都府宮津市波路546-1
HP:http://www8.plala.or.jp/kaiyu/


前編の記事はこちら