知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.7初心者でも分かる!中国四大家魚

illust_川田一輝

お魚大好き「かわちゃん」こと川田一輝さんがお届けする、ほのぼのイラストコーナー!
第7弾となる今回は、中国でポピュラーな「中国四大家魚」とは!? では、どうぞ~!

説明しよう! 中国四大家魚とは…
中国の池で養魚(養殖)される、日本でいうサンマやサバくらい身近な魚

どれも1.2~2mになるザックリいうと大きなナマズ顔の鯉みたいな魚だが、
この4種類をまとめて池や沼に入れておけば、ほっといても勝手に育つことで大ブームに!!

  • ① 刈った草を池に投込んでおく
  •  → 草をソウギョが食べる
  • ② 排泄したフンを水底のタニシが食べる
  •  → 貝をアオウオが食べる
  • ③ 食べ残しやフンでプランクトン発生
  •  →ハクレン・コクレンがそれぞれ食べる

完璧なサイクル! ブラボー!!
ちなみに陸地では貴重なタンパク質にもなる。
すごいぞ中国! すごいぞ四大家魚!!

それじゃあ、ご機嫌なメンバーを紹介するぜ!!

【ソウギョ】草が大好物

01_ソウギョ

ゴルフ場の池に草を食べさせるために放流される。
歯は口になく、なぜか喉にある。
食べたらうまい。

【ハクレン】巨体で飛び跳ねる

02_ハクレン

植物プランクトンを濾し取るように食べる。
なぜかマッシュポテトで釣れる。
気が弱く、驚いたら巨体で飛び跳ねる!
食べたらうまい。

【アオウオ】とにかくデカイ!

03_アオウオ

最大2mを超える。でかい。
水底にいるタニシなど貝類が大好き。
食べたらうまい。

【コクレン】丸頭でっかち

04_コクレン

動物プランクトンを濾し取って食べる。
日本では一番レア。
食べたらうまい。

 

ちなみにこの4種類、外来魚として日本のそこら辺の川にもいるんだぜ!

池の水ぜんぶ抜くでも登場したから、これからブームになること間違いなし。
みんなも覚えてくれよな!

 

レポーターREPORTER

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
1990年大阪生まれ。さかなたちの“おかしな”生態や海の大切さをイラストや歌で伝え、子どもの好奇心を育てる活動をしている。テレビの釣り番組や水族館でさかなを解説したり、ラジオDJ・声優としても活躍中。
初の書籍「ツッコミたくなる おさかな図鑑」は重版。SNSのフォロワー数合計50000人以上(2021年現在)
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)