人生で一度は体験してみたい!車中泊で巡る旅と釣り
【中編:山陽の旅の続きと車中泊のコツ】

車中泊の旅前編では、自宅のある神奈川県から広島県尾道市までの道中の様子をご紹介させいただいた。
中編では広島県から始まり本州最西端の山口県へと入る。後編の九州に続く旅話と、私の体験談からの車中泊のコツについてご覧いただこうと思う。

はじめての場所はいつ来ても心が躍る!

002
聖地巡礼初体験

広島県尾道市を出発し山口県へ向かおうと考えていた矢先、週刊マンガ誌に連載されていたモデル地が広島県庄原市にあることを知り、急遽行き先を変更することに。聖地巡礼の誘致推進事業に興味があり、せっかくの機会なので自ら体験することにした。これも無計画な旅ならではである。

道の駅「たかの」に到着。道の駅では観光場所がわかりやすくMAPになっていることが多い。初めての場所に行く際は、まず立ち寄ることをオススメする。観光するうえで時間短縮になるからだ。ここで回る順番を即座に決め、いざ聖地巡礼へ。

003
004
道の駅に立ち寄ると観光マップがみられるからオススメだ
005
006
007
モデル地各所。描写は本物をリアルにとらえている! 出典:「君のいる町 in たかの 巡礼マップ

道の駅「たかの」

住所:〒727-0423 広島県庄原市高野町下門田49
TEL:0824-86-3131
HP:https://www.takanoyama.jp/

 

そんな巡礼途中、お母さん1人で営業しているお好み焼き屋さん「正木食堂(まさきしょくどう)」に立ち寄った。
このお店は60年以上営業しており、マンガの作者も学生時代よくきていたらしい。ここのお好み焼きは元祖広島焼きとのことで、幅30cmもあり、キャベツ(自らの畑で栽培したもの)と豚肉で構成、そしてトッピングでそばかうどんの麺が選べる。お母さんいわく、これが元祖広島焼きとのことだ。値段も数十年変わっていないため、このボリュームと納得の味でかなりのお得感があった。
お腹もいっぱいになったところで、次の目的地の厳島神社(いつくしまじんじゃ)へ向かうことに。

008
これが元祖広島焼き。情緒ある店構えが嬉しくなるものだ!
009
010
011

正木食堂

住所:〒727-0402 広島県庄原市高野町新市729
TEL:0824-86-2127
食べログ:https://tabelog.com/hiroshima/A3405/A340502/34011246/
定休日が不定期。行く際は電話で確認がオススメ

 

014
旅の途中で見つけた、思わず水遊びがしたくなる川。しばらく眺めて癒された。日本の原風景という言葉がピッタリだ

旅の無事を祈りにパワースポットに到着

厳島神社(いつくしまじんじゃ)へ到着。学生時代の修学旅行以来のため20年以上ぶりの訪問だ。天気にも恵まれ、ベストな状態でお参りすることができた。

015
パワースポット厳島神社! 旅の無事を祈願しに参拝へ!!
016
017
018
019
少し離島に渡った気分を味わえる
020
021
022
広島県名産のカキは絶品! 連絡線も定期的に出港している

広島県厳島神社

住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1-1
TEL:0829-44-2020
HP:http://www.itsukushimajinja.jp/

 

JR西日本宮島フェリー

住所:〒739-0411 広島県廿日市市宮島口1丁目11-5
TEL:0829-56-2045
HP:https://jr-miyajimaferry.co.jp/

本州最後の山口県に到着!

厳島神社を出発し山道を走り続け、20時ごろに山口県の観光名所である錦帯橋(きんたいきょう)へ到着。この時期夜は橋がライトアップされており、日によって色が変わるため、若者から家族連れまで多くの人でにぎわっていた。
この日は近くの車中泊できる駐車場で仮眠をとり、翌朝、明るい時間帯の錦帯橋をみて次の場所を巡ることとした。

023
歴史を感じる景観であった

錦帯橋

住所:〒741-0062 山口県岩国市岩国
TEL:0827-29-5116
HP:http://kintaikyo.iwakuni-city.net/

024 錦帯橋

前編の記事はこちら 後編の記事はこちら