知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.110タラコの親はホラーなママ!?

illust_川田一輝

こんにちは! 最近食欲が止まらない「さかなのおにいさん」かわちゃんこと川田一輝です。

というのも、ふるさと納税で明太子がたくさん届きまして、白米と明太子のラリーが永遠に続いてしまうのです。なんでこんなに美味しいのか。もう食べられない…と思ってからのお茶漬けも最高! ついつい、たらふく食べちゃう!

そんな明太子、タラコから今日はみなさんにご挨拶があります。

いつも母がお世話になってます

05_0

おにぎりの具材でも大人気! 和食に欠かせないタラコ。江戸時代の前期にはすでに食べられていた記録が残っています。1900年台初頭の料理本には「どこの塩魚店の店頭にも並んでいた」と書かれており、当時の人は酢をかけて食べていたそうです。

現在は北海道白老町の虎杖浜が有名な産地となっており、北信越地方や北海道では「紅葉子」と呼ばれたりします。

そんなタラコの「母」とは……?

うちの子がお世話になってます

05_1

タラコの母はスケトウダラ!
日本近海ではマダラ、スケトウダラ、コマイの主に3種類が生息しています。基本的にタラコとして食べるのはスケトウダラ、人によってはスケソウダラと呼んだりもします。ちなみにマダラは白子がとても美味しいです。

雪のように白い身、また雪が降る時期に美味しいことから漢字で書くと「鱈」と命名されたそうな。
そんなタラの習性からこんな言葉も生まれました。

タラのお腹で「たらふく」なんです

05_2

タラはなんでも食べます!
小さいころはプランクトンを食べますが、成長していくにつれて、貝やタコ、イカ、エビやカニ、小魚などなんでも食べるようになります。あまりにも大食漢で、お腹もでっぷり膨れていることから、たくさん食べることを表した「たらふく食べる」の語源にもなりました。

ただあまりにも食べすぎて、実はこんな事件も!?

お母さん……エサじゃなくて僕ですよ!

05_3

子どもまで食べちゃうのーーー!?
何でも食べ過ぎて、お腹を開いたらタラの卵や稚魚を食べてることもあるそうです。食欲ありすぎるのも問題! どんな親やねん!

ただ人間からしたらタラは高タンパク低脂肪のヘルシーな食材、ダイエットにもぴったりです。ほぐれやすく消化がよいので、胃腸が弱ったときにもおすすめですよ!

でも、、、こんなママはいやだ~~!! タラコのしょっぱさはタラコの涙なのかもしれない……。そんなことを思いながら今日も白ごはんが進むのでした。おしまい!

 

【特報!!】
ついに! かわちゃんのおさかなイラストが念願の書籍化!
さかなのイラストと4コマで楽しめる、笑って学べるさかな図鑑。

ワニブックスから出版おもしろすぎる! 海の仲間たち ツッコミたくなるおさかな図鑑
絶賛発売中!!
https://amzn.to/3tlGalk

 

レポーターREPORTER

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
関西を中心にラジオDJ・アナウンサーとして活躍中! Kiss FM KOBEでは昼帯番組「アットイーズ」の他に、須磨海浜水族園プレゼンツ「川田一輝のいきものレッスンれでぃお」も担当。
とにかく釣りと魚が好きで、子どもたちにも魚の魅力を伝えるべく「さかなのおにいさん かわちゃん」として各地でイベントも開催。イラストと歌とトークで、魚の面白さを伝える。特に好きな釣りはシーバスとウナギ釣り。
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)
LINEスタンプ「ゆるさかな!」:https://line.me/S/sticker/7724905
オフィシャルHP:http://kawata-kazuki.strikingly.com