知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.62京都のハモは山で獲れる!?

illust_川田一輝

こんにちは!
ぶぶ漬け食べなはれと言われると、やったー! お茶漬けゲット! と思ってしまう「さかなのおにいさん」かわちゃんこと川田一輝です。京都人の敵。

そんな京都の夏といえばハモ
あの祗園祭にも欠かせないさかなですが、それほどまでに京都人に愛される理由はハモの強い生命力にあったようです。

 

むかしむかし、輸送技術もまだ発達していなかったころは魚屋が担いで鮮魚を運んでいました。

02_1

ある日魚屋が京都へ魚を運ぶ途中、山崎の山中で籠を落とし、ハモが散乱!

02_2

後日、たまたま同じ道を通った農民が何やら茂みで動くものを見つけました。
蛇かな? と覗き込んでみると……、

02_3

まさかのハモ! しかも驚異の生命力で生きていました。
「海にいるはずのハモが山で獲れるなんて」

この伝説から、京都のハモは山で獲れると言われたそうです。

 

02_4

ハモは生命力が強く、表面さえ濡れていれば24時間以上、生きていられるそうです。
夏の京都まで生きたまま運ぶことができた海のさかなはハモくらいしかいない、ということで京都では愛されたそうです。

ハモの旬の時期に開催することから祇園祭も「鱧(はも)祭り」と呼ばれるようになりました。
あなたもこの時期、ぜひハモを食べて生命力アップさせてくださいね!

 

レポーターREPORTOR

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
関西を中心にラジオDJ・アナウンサーとして活躍中! Kiss FM KOBEでは昼帯番組「アットイーズ」の他に、須磨海浜水族園プレゼンツ「川田一輝のいきものレッスンれでぃお」も担当。
とにかく釣りと魚が好きで、子どもたちにも魚の魅力を伝えるべく「さかなのおにいさん かわちゃん」として各地でイベントも開催。イラストと歌とトークで、魚の面白さを伝える。特に好きな釣りはシーバスとウナギ釣り。
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)
LINEスタンプ「ゆるさかな!」:https://line.me/S/sticker/7724905
オフィシャルHP:http://kawata-kazuki.strikingly.com