釣具メーカー社員の釣りについて行ってみた京都西舞鶴でゆったり楽しむレンタルボート!
春が旬のアマダイ狙い

アマダイ_text-photo岳原雅浩

一般のアングラーにとって、釣具メーカー社員のイメージはどのようなものでしょうか? メーカーに勤めているだけあって、さぞ「釣りが上手い」「釣りや魚類に詳しい」なんて思っていただけているのでしょうか? でも実は…、そんなにみなさんと変わりません。みなさんと同じように「釣りが好き!」という共通点はありますが、釣りのレベルや知識については人それぞれなんです(笑)。

そんなわけで、普段職場では釣りのことを常に考え、難しい顔をしながら机に向かっている、釣具メーカー社員のプライベートにお邪魔。どんな風に釣りを楽しんでいるのか覗いてみました!

西舞鶴からレンタルボートで

01_岸本くん

今回協力してくれたのは、生産・資材管理の岸本くん。日ごろは商品の資材を海外工場に期日通り出荷するという重要な役割を担ってくれている釣り好きの社員です。聞けば、船舶の1級免許を持っているとのことで、近々レンタルボートを借りて、春先に旬の魚「アマダイ」を狙いに行くとのこと。しかも、同僚の仲間たちと和気あいあい、楽しく出船するプランだそう。これはついて行くしかありませんね。

02_駐車場に集合して準備

ということで迎えた当日の朝7:00。社員寮の駐車場に集合しました。釣りは朝が早い、日も明けない薄暗い明け方から出発するというイメージが強いものですが、この日はマリーナの営業時間に合わせて、やや遅い出発です。仕事の釣りとは違い、集まっても比較的ノンビリと談笑しながら、各々釣り道具を準備します。イイですね~。

ほどなくして準備も完了し、2台の車に分かれて乗車。乗り合わせて出発します。本日目指すのは、京都府の西舞鶴! さてどんな1日になるでしょうか。

まずは釣具屋さんでエサを購入
ついでに人のエサもね(笑)

03_ウスイ釣具店さんでエサを購入

中国自動車道・吉川ICから舞鶴若狭自動車道を北上。途中、魚のエサと人のエサ(昼食)を買いに、ウスイ釣具店さんとコンビニに立ち寄ります。さすがに舞鶴でメジャーな釣具店、しかも休日とあって、朝からずいぶんと多くの釣り客で賑わっていました。
そうそう、今回の釣りは船からタイラバ、ジギング、エサ釣りなどなど、魚が釣れるならば何でもOK! 本命のアマダイだけでなく、アオハタやマダイ、レンコダイ、イトヨリなど、多魚種を狙います。そのため、あえて釣り方にこだわらず、青イソメやシバエビ、オキアミなどを購入。海の状況に備えます。

ウスイ釣具店

住所:〒624-0824 京都府舞鶴市真倉235
HP:https://minnaga.com/usuitsurigu/

 

エサの準備が整ったら、現場まではあとわずか。今回お世話になる「アオイマリーナ」さんを目指して移動。
いったいどんな釣りになるのか? 普段仕事の釣り、すなわち取材ばかりの私にとっては新鮮な今回。現場に近づくにつれワクワクしてきました! そして、釣具店から20分ほどでアオイマリーナさんに到着です。

レンタルボートはとってもクール!

04_アオイマリーナ

アオイマリーナさんでのレンタルボートの受付開始は9:00から。船を上げ下げする大きなクレーンの後ろに多数のボートが格納されており圧巻です。マイボートのボートオーナーさんや常連さんの船を見送りつつ、私たちは、車から釣り竿やタックルボックス、クーラーボックスを下ろし、リヤカーに積み込みます。メンバーは手際よく着々と準備を進め、ラインも結んで準備万端。特に誰が号令を出すでもなかったのですが、海を目の前にみんな釣る気満々! はやる気持ちを抑えられないようです(笑)。

05_リヤカーに大荷物を積み込みます
06_手際よくタックル準備

海を眺め、話をしながら待っていると、私たちが乗る船の順番が回ってきました。「YAMAHA YF-24」という、8名定員のスマートでカッコいい船。175馬力でトイレが付いており、装備も整っています。今回の参加人数は私を含めて6名なので、ゆったりちょうどよいサイズ。プライベートでこんな素敵な船に乗れるなんて! しかも、仲間内で乗っているので隣同士のライントラブルで気を遣うこともあまりなさそうだし、各々好きな釣り方を試すこともできます。そして、会話が弾むこと間違いなし! さらに、「この辺のエリアは結構通ってますんで、ポイントも知っています。釣らせますよ!」と、今回操船を務めてくれる岸本くんも自信あり気。さすがはキャプテン!
そんなわけで、桟橋から船に荷物を積み込み、いよいよ9:20に出船です。

07_お世話になるYAMAHA YF-24に荷物を積んで、いざ出発
荷物を船に積み込んで、いざ出発

アオイマリーナ

08_アオイマリーナ

住所:〒624-0942 京都府舞鶴市青井75
HP:https://osaka-marine.co.jp/marina/