TSURI HACK×HEATコラボ企画ベイエリアで尺アジが釣れるだと!?
ウソのような噂を実釣検証してみた結果……

逆転満塁ホームラン!!

25_尺アジ・アジング釣果

しみけん: ドーン!!!

HEAT スタッフDさん: 今日イチサイズ!

のぐち: 完全に釣れないフリだと思ったわ(笑)

しみけん:
活性が低いと読んで、少しジグヘッドを軽くしてボトムでドリフト気味にステイ。カサゴが食ってこないようにベタ底ではなく、ほんの少し浮かせていました。穂先がジワッと浮くような超小さなアタリを見逃さずにフッキング!

#価値ある1匹 #激戦区攻略

のぐち: 釣れた途端にめちゃくちゃ語るじゃん(笑)

しみけん: サイズは後ほど測りましょう。フフフフフ。

HEAT イノウエさん: もったいぶりますね~(笑)

 

26_

 

そして、まだアジを釣っていない男がここにいる。

釣りメディア「TSURI HACK」編集長のぐち(35)。

 

父親の影響で釣りには幼少期から親しんできたが、TSURI HACKに加入するまではブラックバスとヘラブナの経験しかなかった。

しかし、「自分が釣りを知らなければ、釣りの魅力を発信できない」その一心で、ソルトルアーやオフショア、海のエサ釣りと、あらゆる釣りに貪欲に取り組んだ。

関東の海無し県在住ながら、関西や四国、九州、果ては太平洋に浮かぶ離島まで、遠征釣行も繰り返した。

27_

家庭では2人の娘の父親として、職場では動物園のような編集部をまとめる長として、周囲からの信頼も厚い。

猫アレルギーだが、猫を5匹も飼っている。

最後の最後に、そんな漢気溢れる男の竿がブチ曲がった。

28_

 

タイムアップ。

 

しみけん:
え~、のぐちさんのアジボウズが確定しましたので、私目が釣った今日イチのアジを計測させていただきます。

HEAT スタッフDさん: なかなか鬼畜だな~(笑)

29_

・・・

30_

しみけん: 厳し目に測っても、30.5cm!

HEAT イノウエさん: 文句なしの尺アジ!

のぐち: ということは……

HEAT スタッフDさん: 「ベイエリアでも尺アジ釣れる説」は見事立証ですね!

31_

 

のぐち: 今日1日いかがだったでしょう?

HEAT イノウエさん:
状況的にはかなり渋い日だったと思います。
でも、高活性な日や大きな群れの回遊に当たったら、ベイエリアでも“尺アジ乱舞”があり得るはずです!

のぐち:
なるほど。さすが的確な分析です!
Dさんはどうでしょう?

HEAT スタッフDさん:
アジは渋めでしたが、その他の魚が竿を曲げてくれたので楽しめました!
アジに限らず、いろんな魚が釣れるのはライトゲームの魅力ですね。

のぐち: 最後に、天狗状態のしみけんはどうだった?

しみけん:
手強い相手でしたが、“自分達のアジング”をできたのが良い結果につながったと思います。
数は伸びませんでしたが、伸びしろですね。

のぐち: はい、ありがとうございました。

ベイエリアでの大アジ狙いのキモ

32_

しみけん:
ここからは当日の釣況を踏まえながら、ベイエリアで大アジを狙って釣るノウハウをお伝えします!

HEAT イノウエさん: 釣り方は全然難しくありませんよ!

 

ポイント選びは“潮通し”が命

33_

しみけん: 今回、ポイントを選ぶ上でもっとも重視したのは潮通しでした。

HEAT イノウエさん:
大アジ釣りには潮通しが必須条件ですね。
大アジとなると、一般的なイメージのアジではなく、“青物”といったイメージでポイントを探すと良いと思います!

のぐち: 実際、大サバもよく混じったし、日中はショアジギングをしている人が多かったですもんね。

HEAT スタッフDさん: 釣れたのも流れているタイミングでしたね。

常夜灯はどうでも良い

34_

しみけん:
アジングといえば常夜灯が一級ポイントのイメージですが……
今回は真っ暗な場所の方が釣れましたね。

HEAT イノウエさん:
たしかに常夜灯自体はポジティブ要素なんですが、優先順位は低い要素だと思います。
それよりも大切なのは潮通し。常夜灯はあったらラッキー程度ですね。

のぐち:
大アジの魚影が濃い地方なら港内の常夜灯やスロープにも付くようですが……
ベイエリアはそういった状況が少なそうですね。

HEAT スタッフDさん:
常夜灯はオマケ程度に考え、常夜灯ありきのポイント探しはやっちゃダメってことですね。

レンジは底中心

35_

しみけん: 今回、釣れたのは全部底か底付近のタナでしたね~。

HEAT イノウエさん:
状況によってはアジが浮くこともありますが……
確率で言うと圧倒的に底付近で釣れることが多いですね。ベイエリアで大アジを釣る場合、カケアガリや堤防の基礎を伝って回遊してくる魚を狙うことが多いので。

のぐち:
カサゴが釣れるのは、ルアーが底まで届いている目印になりますね。
今回めちゃくちゃカサゴ釣ったわ(笑)

HEAT スタッフDさん:
あまりにもカサゴが釣れすぎる場合は、ちょっと浮かしたり、ウエイトを軽くしたりするのも良いかも!

重い仕掛けを使う

36_ハヤブサ・アジまっすぐ

しみけん:
みなさん重たいジグヘッドを使っていましたよね?
ぼくは1.8~3gまで使いました!

HEAT イノウエさん:
メインにしたのが2gです。
潮が速くて水深も深いので、無理に軽いジグヘッドを使ってもタナに入らないですからね。

のぐち:
アジング=1gみたいなイメージが強いけど……
今回のポイントじゃまったく釣りにならなかったと思います。

HEAT スタッフDさん:
軽いジグヘッドは手返しも悪いですよね。
回遊魚なのでジアイを外すと致命的なので、ある程度重いウエイトで確実にタナへ入れることは重要だと思いました!

ベイエリアでも大アジを狙える!

37_

さて、今回は数こそ物足りなかったものの、見事ベイエリアで尺アジをキャッチできました。

大きなアジは「特定の地域しか釣れない」と思っていた方も多いかもしれませんが、20cm半ばから尺程度なら都市近郊部でも十分狙えます。
釣期も長くて手軽に楽しめるので、ぜひ皆さんも大きなアジを狙ってみてくださいね!

のぐち:
HEATさんではタメになる&おもしろい釣り・アウトドア情報が発信されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

HEAT スタッフDさん: よろしくお願いします!

HEAT イノウエさん: 私も記事を書いているので、見ていただけると嬉しいです!

しみけん: みてみてねー。

 

企画・取材協力:TSURI HACK
TSURI HACKロゴ