ルアマガ+×HEATコラボ企画釣りにサッカー、観光にグルメ!?
サッカー大国『清水』を遊び尽くす!

私達の暮らしの中で「生きがい」と言えるほどの趣味となっている「釣り」。しかし、せっかくなら「+α」のことを加えてより充実した1日にしませんか? 普段は魚を釣ることばっかりに夢中なルアマガ+編集部員が、釣りはもちろん、「釣り以外」の楽しみ方も全国各地の釣り場を巡ってご紹介致します。今回は釣りとは一見繋がりがなさそうなとあるレジャーとコラボしちゃいます!

「WEBマガジン HEAT」とのコラボ企画第3弾!! 週末どこに行こうか悩んでいる皆様、必見ですよ♪

サッカー王国「静岡」へサッカー観戦と釣りの激アツWプランを実行!

今回で第3回目となる「WEBマガジン HEAT(ヒート)」とのコラボ企画。
前回、前々回ともに釣りだけでなく、観光やグルメなどの+αの楽しみ方を提案し、カップルやファミリー、初心者でも満喫できるおすすめのスポットをご紹介してきました。

今回の釣り+αで楽しむ舞台となるのが「静岡県清水市区」。清水といえば、サッカー大国としても有名で、Jリーグのプロチーム『清水エスパルス』のホームタウンでもあります。プロチームだけでなく、高校、中学校、小学校でも強豪チームが沢山!

そして釣りも盛んなことは言わずもがな。広大な駿河湾は様々な魚種を狙え、特に春時期は大鯛が狙えることが有名。近年はタイラバゲームも急速に盛り上がりを見せています。

今回はそんなタイラバの最盛期を迎え、Jリーグも開幕し、盛り上がっている清水へ「タイラバ&サッカー観戦」の2本柱に、グルメや観光もプラスした『超満喫プラン』を、ルアマガ+編集部員が1泊2日の清水取材旅をしながらご紹介させて頂きます!

清水を満喫するのはこの2人!

O木

【Profile】
ルアマガプラス編集部・O木
元大型釣具量販店の店員という経歴を持つルアマガプラス編集部員。バスソルト問わず、幅広く釣りを楽しむことをモットーとする。今回のサッカー観戦×釣りは本人が大の湘南ベルマーレファンなことにより実現。先日ようやく今季のユニホームを購入。タイラバは庄山英伸さんを師と崇める。

フクシゲ

【Profile】
ルアマガプラス編集部・フクシゲ
今年の4月でルアマガプラスへと異動して1年経過したムーバブルファッティー編集部員。本格的に釣りにのめり込んだのが遅かった為、色々と偏った癖を持つ。釣りに対するモチベーションは高く、様々な釣りを経験。今回は大好きなタイラバが出来ると聞いて無理くり参戦を表明(笑)。ちなみにサッカーは観るよりプレーする方が好き。

いざ清水!相方(フクシゲ)と共に東名をドライビング!

取材当日、埼玉県に住むフクシゲが、神奈川県茅ヶ崎市に住むO木の自宅へ車でピックアップする形で旅がスタート。

目的の清水まで約2時間のドライブ。今回の取材内容は寸前にフクシゲに伝えたため、なぜサッカー観戦があるのか疑問に思っていたのです。

1

フクシゲ「O木さん、清水でタイラバ出来るのは嬉しいんですけど、なんでサッカー観戦もするんですか? 自分はタイラバだけ出来れば幸せなんですが……(爆)」

O木「違うんだよ、フクちゃん! 今日のサッカーの試合はO木が応援する湘南ベルマーレが清水エスパルスと対戦するのよ! 昔からJリーグが大好きで、ホームじゃないアウェイで応援遠征するならいつか釣りと合わせて楽しめないかなぁと思ってたんですよ。

ベルマーレがエスパルスを倒し、我々も清水の旬なノッコミマダイを釣り上げる、2つの興奮を味わえる絶好の機会なんですよ!」

フクシゲ「自分埼玉県民なんで、どちらかというとレッズ派なんですが…でもサッカーの試合今まで一度も生で見たことないんでちょっと楽しみっス!」

O木「そうでしょう。もちろんフクちゃんの釣りに欠かせないグルメ要素諸々しっかり用意してあるから楽しみにしてて!」

フクシゲ「お、期待しちゃっていいんですね! 張り切って運転するっス!」

1
清水に行くまでの車中はもっぱら他愛のない話をしながら、途中でガンダム鑑賞。ちなみにルアマガ+部員は9割型ガンダムが好きです(笑)

清水に到着!サッカー観戦の前に……清水に来たならここに立ち寄るべし!

清水インターをおりて10分ほどで最初の目的地「エスパルスドリームプラザ」に到着!

1

ここは清水港近くにある複合型の施設でグルメやショッピングはもちろん、魅力的なミュージアムやショップ、映画館や清水ならではサッカーショップなどの複数の店舗が入っています。施設の周りには歴史深い清水港にヨットハーバーという絶好のロケーションが広がっており、施設にある観覧車からが富士山も見えるとか。
ドリームプラザは駐車場があるのはもちろん、JR清水駅から無料のシャトルバスも出ているので電車から乗り継いでもアクセスしやすいのです。

 

そんなエスパルスドリームプラザに旅の第1スポットがありました。

1

そう、日曜夜6時から放送されている国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の”日本で唯一”の常設ミュージアム『ちびまる子ちゃんランド』があるのです! 原作者のさくらももこ先生も清水区出身で、ちびまる子ちゃんの舞台も清水区。いわば「聖地」なのであります。

1

ちびまる子ちゃんが始まったのは1990年、O木もフクシゲもドンピシャの世代なのでワクワクドキドキで入館。

1

入館するとテレビで見る様々な場面が! さくら家の居間や台所、さき子とまる子の部屋から公園のひみつ基地や駄菓子屋さん、そしてまる子が授業を受けている教室なども忠実に再現されています。まる子のクラスメイトの中には清水エスパルスのレジェンドで、作者と同級生であった「はせがわけんた」も。

1
2
3
1
2
3
1
2
大人になってからあまり見ることがなくなったけれどこんな世界観だったけとしみじみ。小学生時代をふと懐かしく思い、感傷にふけます

他にも「夢いっぱい」ゾーンではアニメのオープニングを再現したセットが多数あり、カップルや家族での写真撮影、インスタ映えにぴったりなコーナーもしっかりとご用意!

1
2
3
1
夢中で写真を撮っていると、なんとまる子が登場! 記念にパチリ(笑)
1

ミュージアムを出るとグッズコーナーもあり、フクシゲはさくらコーラを購入、即完飲(笑)。

1

フクシゲ「その名の通り、さくら風味のコーラっスね! なんともいえない癖になる味でもう1本飲みたくなってきましたww」

次なる目的地スタジアムへ殴り込み!? 試合前にまず『スタグル』を楽しむべし!

すっかりちびまる子ちゃんランドを満喫した一行はいよいよ決戦の地である、清水エスパルスのホームスタジアム 『IAIスタジアム』へ向かいます。スタジアムへはエスパルスドリームプラザのすぐ近くからシャトルバスが出ているため、非常に便利!

1
<エスパルスドリームプラザからのシャトルバス>

  • ・乗り場:「波止場フェルケール博物館(浪漫館前ろまんかんまえ)」~「IAIスタジアム日本平(西側バスロータリー)」
  • ・所要時間:約20分
  • ・片道料金:大人260円、小人130円

スタジアムに到着すると周りはオレンジカラー1色、現在新型ウイルス感染防止のため、入場制限もあり、ベルマーレファンはそこまで多くなく、まさにアウェイです。

1

そんなアウェイのムードに押されながらも昼過ぎなのでお腹が空いてきた我々。

フクシゲ「O木さん、腹減りすぎてヤバいっす! 早くご飯食べましょう!」

O木「そうですな、そしたら『スタグル』を堪能しましょうか」

1

現在Jリーグでは各スタジアムにおいて、その土地ならではの食材や名物などを使用したお弁当、「スタジアムグルメ」いわゆる『スタグル』が販売されています。中には地元の名店とコラボしたものもあり、応援に来るサッカーファンの胃袋を掴んでいます♪

 

1

美味しそうなスタグルが沢山あり過ぎて、迷いに迷いあげた結果、エスパルスオフィシャルの大人気弁当『勝ちロコモコ丼』を購入。

1
2

「勝ちロコ」を合言葉に毎試合内容が変わるこのロコモコ丼は、今回ベルマーレが対戦相手ということもあり、から揚げやかまぼこ、湘南の名産シラス、そして七夕をモチーフにしたと思われる星のタマゴ焼き、そしてベルマーレのホームスタジアム名であるレモンガススタジアムのレモン(だいぶ無理やりw)を添えてなんともバラエティーな仕上がりに。
ホームでの勝利を祈願し、アウェイのチームを食ってやろうという気迫が弁当にも伝わってきます。

しかし、そんな脅しもなんのその! アウェイで勝利を勝ち取るには食ってやるしかありません(!?)。

1

スタジアム開場まで待ちきれず、早速食したところ、これがまた美味い!
アウェイチームをインスパイアさせる食材をバランスよくまとめあげ、ボリューム感も大の腹ペコな大人にはベストマッチ。ガッツリ系ですが、シラスとレモンのさっぱり感がまたあとを引きます。

1
2

食欲はまだ止まらず追加でハワイ食堂「lealea」のもちこチキンも購入。
その名の通り、もち米を使用して作られたから揚げで、ハワイでは超有名だとか。

1

一般的なから揚げとはまた違ってサクサク感がすごい! 且つ中はジューシー。これはホームスタジアムにあったら絶対リピートしたくなる味! やばい、グルメではエスパルスにだいぶ押されています(汗)!

夢中になって頬張っていると、スタジアムが開場。

今回はアウェイ側の東サイドスタンドで見晴らしの良い2階席を確保しました。

1
1
2
フクシゲはゆっくり着席しながらロコモコ丼ともちこチキンを堪能

フクシゲ「いやぁ、サッカーのグルメって舐めてました……。こんなにおいしいものが揃ってるんですね。せっかくなんでもうちょいスタグルを巡ってきます」

そういって席を離れたフクシゲは追加で神戸牛フランクと柏餅を追加購入、そして食べる食べる!

1
2

フクシゲ「スタグル最高っスね!」

O木「フクちゃん、いくらなんでも食い過ぎじゃ……(苦笑)」