知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.83人生甘くないぜ!アマエビくん

illust_川田一輝

こんにちは!
毎日海見て釣りして温泉入って過ごしたい。口癖は「なんとかなるさ」人生甘く見積もってる、「さかなのおにいさん」かわちゃんこと川田一輝です。働きたくない!

今回は僕に負けないくらい、もう名前からしてアマアマなアマエビについてお話ししていきます!

アマエビ伝説

01_0

アマエビくんいわく「人生は甘くない」らしいですが、味は甘いほど旨味があって美味しいエビです。体長は12cmほど、水深200~600mの深場に生息します。
外見が赤いことから唐辛子(ナンバン)に似ていると、新潟ではナンバンエビとも呼ばれます。

そんなアマエビですが、人間に例えると少し変わってるんです。

オスで生まれてメスになる

01_1

若い個体はまずオスになり、5~6年目でメスに変わります。
7歳ほどで産卵ができ、寿命は11年ほど。小さいのに意外と長生きなんですね!

ちなみに本当の名前も少し長いんです。

本名はホッコクアカエビ

01_2

標準和名はホッコクアカエビ
生で食べるとグリシン、アラニンなどのアミノ酸に由来する甘みがあり、これが別名「アマエビ」の由来となっています。

ただこの甘みの正体は……。

死んでから!?

01_3

生きてるときはアマクナイエビ。
本来食べている貝などを溶かす消化酵素で、自分自身が溶かされてタンパク質が旨み(甘み)に変わるんです。

とれたてよりも、輸送されてしばらく経った方が美味しいアマエビ。
人間も若いときより歳を重ねたほうが味が出る…と信じたいところですね!

ではまたー!

 

レポーターREPORTER

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
1990年大阪生まれ。さかなたちの“おかしな”生態や海の大切さをイラストや歌で伝え、子どもの好奇心を育てる活動をしている。テレビの釣り番組や水族館でさかなを解説したり、ラジオDJ・声優としても活躍中。
初の書籍「ツッコミたくなる おさかな図鑑」は重版。SNSのフォロワー数合計50000人以上(2021年現在)
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)