知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.79世界一のスプリンター!カジキ

illust_川田一輝

こんにちは!
中学のとき、サッカー部に入ったけど足が遅すぎて半年で卓球部に変えました、「さかなのおにいさん」かわちゃんこと川田一輝です。
(結果、卓球部も脚力すごく大事でした)

僕の足はカタツムリ級の遅さですが、今回は真逆の世界一泳ぐのが速いさかなをご紹介します!
それは……このさかな!!

世界一速いカジキ

01_1

よくカジキマグロと呼びますが、実はスズキの仲間スズキ目メカジキ科の魚なんです。
肉質が近いのとマグロといった方が売れるので、カジキマグロと呼ばれるようになったそうです。ちなみにマグロはサバ科です、ややこしい!

そんなカジキ、どれくらい速いかと言いますと……?

ギネス級

01_2

時速なんと100km以上で泳げる、世界一泳ぎの速いさかなとしてギネス世界記録にも認定されました!(諸説あり)

ただその勢いあまって……。

ケガも多い

01_3

ケガも多いようです。
この折れやすいツノみたいなものは「吻(ふん)」と呼ばれ、上アゴが剣のように鋭く進化したもの。突き刺すのではなく、エサのイワシの群れを引っ掻き回し、ツノに当たって弱ったイワシを食べるためにあるそうです。

ちなみにその習性を生かして、割ったビニール紐をイワシ に見せかけて、カジキが引っ掻き回す→絡まる→引き上げるという漁がトンガにはあります。

実はカジキという名前の由来も……???

速すぎて…

01_4

船の底などに使われる板「梶木(かじき)」を鋭利なツノが突き通すことから、「カジキ通し」と呼ばれ、そこからカジキという名前がついたんだとか。

速すぎるのも大変なんだなぁと、50m10秒だったかわちゃんは救われました。
何事もほどほどがいいのかもね!

次回はどんなさかなが出てくるか予想してみてね、じゃあねー!

 

レポーターREPORTER

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
1990年大阪生まれ。さかなたちの“おかしな”生態や海の大切さをイラストや歌で伝え、子どもの好奇心を育てる活動をしている。テレビの釣り番組や水族館でさかなを解説したり、ラジオDJ・声優としても活躍中。
初の書籍「ツッコミたくなる おさかな図鑑」は重版。SNSのフォロワー数合計50000人以上(2021年現在)
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)