知っていれば快適!フィールド豆知識 No.9食欲の秋がやってきた!
釣り上げた魚を美味しくいただくために
【第2回 手返し勝負!入れ食いタチウオ編】

長年釣りをしていると当たり前のことでも、釣りを始めて間もない人にとっては「目から鱗!」「そうだったのか!」という、ちょっとしたノウハウをお届けするのがこのコーナー。釣果に直接かかわることではないけれど、アナタの釣りが快適になるかもしれない!? ほんのちょっとの工夫とアイデア。
前回からは釣り上げた魚を美味しくいただくための締め方から持ち帰り方まであの手この手。第2回は数釣り勝負のタチウオを手早くかんたんに締める方法。

早く釣りたい気持ちは分かるけど……
「エラの付け根を切るだけ」を習慣にしよう

秋である。待ちに待ったタチウオシーズン本番だ。大阪湾周辺では船のテンヤ釣りしかり、陸っぱりのルアー、引き釣り、ウキ釣りとタチウオファン待望の秋である。

料理がカンタン、食べて美味しいのがタチウオ人気の理由のひとつだが、効率よい手返しで数を釣るのがタチウオ釣りの実に面白いところでもあり、船釣りはもちろん、とくに陸っぱりでは朝夕の短い時合いに、いかに数を稼ぐかにアングラーは熱くなる。

それだけに、おろそかになりがちなのが釣り上げたタチウオの処置だ。船釣りの場合は足下にイケスがあることがほとんどでフックを外して生きたまま放り込むだけの人が多いが、できれば締めてからのほうがベター。陸っぱりだと釣り上げたタチウオを防波堤の上に何尾も放置しっぱなし……という光景もよく目にする。

イケスのタチウオ
船釣りなら足下にイケスがあるので、何尾かたまってから締めてもよいが……
タチウオ
せっかく釣ったタチウオ……。防波堤上に放置しておくと確実に味を損ねる。野良猫に盗まれることも!

いずれにしても「どんどん次の魚を釣りたい」という意識の表れに違いないのだが、魚の鮮度を保持し、美味しく食べてやるためにも「釣り上げたらすぐに締める」ことを習慣にしたいものだ。

そこでかんたんに締める方法! タチウオならではの賢い方法がある。道具はなくてもよいがキッチンバサミがあればベター。タチウオのエラの付け根を指で引きちぎる、もしくはキッチンバサミでチョキン! と切断するだけ。

サバ折り
鋭い歯に気を付けてエラの付け根を引きちぎってからサバ折り。もっとも簡単な方法
ハサミで切り離す
ハサミで切り離す
キッチンバサミでチョキン。エラの付け根をエラブタ下から切り離し、エラの左右も切断しておけば完璧

この後、いわゆる「サバ折り」状態にしてから船なら足下のイケスへ、陸っぱりならクーラー(念を入れるなら海水を張ったバッカンなど)に放り込めば血が抜けるので、たったそれだけで美味しいタチウオがいただける。ご存じのようにタチウオの歯はカミソリのように鋭いので、処置をする際はフィッシュグリップやタオルなどを利用し安全第一で!

サバ折り
グキッ! と「サバ折り」にしてからイケスやクーラーボックスへ!

塩焼きや唐揚げにするなら
釣り場でブツ切りにしてしまおう!

なかには「自宅で魚をさばくのイヤ!」という人もいると思う。そんな人にオススメなのが釣り上げたタチウオを現場でかんたんにブツ切りにしてしまう方法。

キチンバサミでエラごと頭を落とし、ボディーも適当な長さにカット。このときに内臓もかんたんに抜ける。これをチャック付き袋に入れて持ち帰れば、自宅では焼いたり揚げたりするだけ!

キッチンバサミで頭を落とす
釣り場でキッチンバサミが大活躍! ジョキジョキっと頭を落としボディーも食べやすい長さにカットして持ち帰れば自宅で料理の手間も生ゴミもなし!

船釣りのように何十尾もの釣果では大変な作業だが、短時間の陸っぱりの釣りで数尾の釣果だけ持ち帰るなら大した手間もいらず実にカンタンだ。

海上の船
さあ本番! 美味しいタチウオが待っている!