ハイシーズンこそ小バスに惑わされない!
バス釣りで夏に攻めるべきポイントは?

これからバス釣りのハイシーズンである夏に入りますね。
ハイシーズンなので、バスたちの活性も高いことが多くどこでも釣れますが、逆に的確なエリアやポイントを選択していかないとビッグバスには出会えなくなってしまいます。そこで、ねらうべきポイントを見極めつつ攻める、夏の攻略法を考えていきましょう!

夏にねらうべき有望ポイント

シェード

01_ シェード

「シェード=影」はバス釣りにおいて欠かせないポイントです。
このシェードがとくに威力を発揮するのが夏なのです。バスはシェードに着く魚なので、1年中有効なのはもちろんですが、日差しの強い夏はバスにとって恰好の隠れ家。とくに注意して攻略する必要があります。

シェードといっても目に見えるシェードだけではなく、水中にあるストラクチャーによってつくられたものも含みます。水中にあるストラクチャーの形を把握して太陽の向きを確認し、反対側にできるシェードに対してどうしたら長い時間シェードをルアーで引けるのか…。そういったことを考えてルアーを操作することで、ほかのアングラーよりも釣果を出すことが可能となります。

インターセクション

02_ インターセクション

「インターセクション」とは合流地点のことをいいます。
ひとつの川筋からはもちろんですが、川筋と川筋が合流する地点では水が大きく動いていることがほとんどです。見た目から水面や表層は動いてないように見えても深いとこでは水が流れています。こういったエリアは1年中有効なことも多いですが、とくに夏に必ず攻めてみてほしいエリアです。

フィールド全体の水が悪い(濁っている)場合や水温がバスの適水温以上に高くなってしまった場合など、流れと流れがぶつかり常に水が動くことで新鮮なうえ、水温の上昇が抑えられています。
このように、インターセクションは超一級ポイントなのでビッグバスも多く、ねらわない手はないですよね。

流れ込み

03_ 流れ込み(インレット)

インターセクションよりも少し弱くなりますが、夏の「流れ込み」は間違いなく一級ポイントです。
滝や川、小さな流れ込みだと排水口などもあります。流れ込みとは少し違いますが、湧き水なんかも流れ込みの一種と考えていいでしょう。これらの共通点も水が動くということです。

インターセクション同様、水が動くので水温が上がりづらく、また溶存酸素量も豊富なためバスがたまりやすいといった特徴があります。しかし、比較的目に見える変化なので人的プレッシャーは高く、ルアーの種類や動かし方を工夫して人とは違う攻め方でバスにアピールしないと釣れません。
流れ込みの表層では虫やカエルが流れてきたり、底の方には甲殻類が棲んでいたりとエサが豊富なので、いろいろなルアーで攻めてみることが釣果アップの秘訣です。

ディープエリア

04_ ディープエリア

「ディープエリア」は夏の日差しでも温まりにくく、水温が安定していることが特徴です。
夏の太陽光で温められたシャローエリアは適水温以上になるため、バスは嫌がってディープに逃げる傾向にあります。したがって、ディープエリアは安定してバスがストックされているのです。さらにそこに流れやベイトフィッシュなどが絡めば一級ポイントになりうるため、シャローエリアでバスが釣れないときなどはとても有効なエリアとなります。

シャローをねらい続けるよりも1日を通して安定した釣果を得ることができ、時には爆発力も秘めているので、1日をディープに費やすバスアングラーも珍しくありません。
とはいえ、シャローエリアも時間帯や水温といったタイミングが合えばもちろん釣れますよ。ディープをねらうのかシャローを攻めるのか、駆け引きが大切ですね。

まとめ

05_ ブラックバス

今回は夏に有望なポイントをいくつか紹介してみました。
ではどうすれば人よりバスを釣ることができるんだってことですよね。私はここで紹介した夏に有望なポイントが集まっているエリアこそが、夏にビッグバスを釣る条件だと思っています。
流れが集まるインターセクションで、しっかりとシェードを形成する要素がある…といった複合的なエリアをしっかりと攻略することで、きっと他のバスアングラーに差をつけることができますよ。夏は比較的どこでも釣れてしまい小バスを釣るのも楽しいですが、夏の条件をしっかりと考えることでビッグバスを釣り上げましょう!

 

レポーターREPORTOR

マッキー
プロフィール:マッキー
横浜市生まれ
高校生までプロサッカー選手を夢見てサッカーに打ち込むかたわら、バス釣りに出会い毎週のように釣り場に行く。社会人になってもその熱はとどまるとこを知らず、週末には大会にも参戦する日々。現在は行政書士事務所で働く負けず嫌いのバスアングラー。