海外釣り旅 モンゴル編幻の魚イトウ、秋の大型タイメンを追う

試される大地、モンゴル

しかしこの魚を釣った直後から天気はさらに荒れ始め、風上を見ていられないほど痛い雪の礫が顔を叩き始めます。

11_雪
12_ギア

この日は少し早めに上がり、翌日も雨と強い風が止むのを待ちながら、焚き火をしたりご飯を作ったり。そしてしまいには強風でテントの骨組みが折れるというハプニングもあり、その夜からは近所に暮らす現地の方のゲル(モンゴル移動式住居)を一棟お借りすることに。しかし今思えばこの寝床のチェンジは絶妙なタイミングで、この日を境に毎晩マイナスを大きく下回り始めました。そもそも毎朝ウェーダーやブーツは凍っていたけれど、それよりももっと寒かったなんて…。ゲルの快適さと薪ストーブの暖かさを改めて実感しながら残りの日程を過ごしました。

13_ゲル

前日の夜は雪も止み星が綺麗だったのですが、釣り最終日も朝起きたら風と時々雨というお決まりの展開。少し車を走らせてもらい釣り場に着くと間もなく雪が降り始め、その勢いは増す一方。どんな魚でもそうかもしれませんが、温度が下がったり上がったりしている時というのはなかなか釣れないものです。まさに秋から冬に変わる境目とも思える天気の変化が目まぐるしい数日間でした。紅葉を思わせる秋の雰囲気を感じた初日とは、同じ場所とは思えない雪景色。結局午後は釣りをすることなく今回の釣行日程は終了したのでした。

14_薪割り

厳しい! 寒い! だけど本当に楽しい!

15_厳しい

結果だけみると、3人で釣りをして顔を見せてくれたタイメンは1匹。場合によっては惨敗と言われてしまうのかもしれませんが、当の僕ら本人達は常に楽しむことができました。釣りに行けなければ写真を撮ったり、今にも吹き飛びそうなテントの中すらをも楽しみ、電波の全く届かないモンゴル奥地はいわば “強制休息システム” なんて見方もできるので、各々思い思いの時間を過ごすこともできます。

16_ソックス
17_乾燥

さらにこれは人それぞれの受け取りかただったり、メンバーもあるのだろうと思いますが、旅を通して僕が改めて感じたのは信頼できるギアの大切さ。HEATスタッフらしく(とか言ってしまうとわざとらしいのだけど)僕がホームである栃木は日光中禅寺湖、北海道や海外の寒冷地で必ず使用しているのがFREEKNOTのFOURONネオプレングローブと、光電子®レイヤーテックソックス。ここ3シーズンはずっと同じ物を着用していて、もう結構ボロボロだけど本当に手離せないアイテム。愛着も湧いてくるもので、数々のメモリアルフィッシュを一緒に見届けて、なかなか買い換えられないんですよね。

Y4180:FOURON ネオプレングローブ3本カット(フリーノット)
FOURON ネオプレングローブ3本カット(フリーノット)
熱損失を抑えるチタン合金をコーティングしたTitaniumα(タイタニウムα)とネオプレンのハイブリッドモデル
価 格:6,200円(税抜き)
カラー:オレンジ(16) ブラックカモ(95) ブラック(90)
サイズ:M / L / LL / 3L(3Lはブラックのみ)
素 材:クロロプレン合成ゴム、ポリエステル、ポリウレタン
機 能:ストレッチ / 立体設計 / Fカット
Y5132:レイヤーテック ソックス厚手(フリーノット)
レイヤーテック ソックス厚手(フリーノット)
定番ソックスの厚手モデル。裏地を裏起毛にすることで保温性を高めたモデル
価 格:2,800円(税抜き)
カラー:ネイビー(80) ブラック(90)
サイズ:25~27㎝
機 能:吸汗速乾 / ストレッチ / 抗菌防臭
18_朝日

次はいつになるかまだ分からないけど、また必ず戻ることを現地で出会った人達とも約束しました。帰りのドライブでは車が故障したり、バスに乗ろうにも街のATMがほぼ全て使えなかったりと、ハプニングに見舞われながらもどうにか無事にウランバートルへと戻り帰国しました。
日本に戻るとまだ日本は少し蒸し暑いぐらいで、つい数日前までのあの過酷で濃密な旅が夢だったかのような「安心感」がそこにはありました。旅ってやっぱりいいな。安全に、無事に帰って来られるだけで昨日までの苦労は笑いに、事件は思い出に変わります。次はどこに行けるかな。

 


ギア紹介

HuercoXT610-4C(フエルコ)
HuercoXT610-4C(フエルコ)
マルチピースらしからぬファストテーパーが特徴で、淡水・海水を問わず幅広く活躍する4ピースのベイトキャスティングロッド。「タフで使える」をコンセプトに展開するXT[Expeditionary Tuned]シリーズは、ただ頑丈なだけでなくあくまで使用感にも強くこだわっている。
価格:38,000円(税抜き)
レングス:6フィート10インチ
仕舞寸法:60cm
重量:約190g
キャストウェイト:Max 70g
Yetina Pullover Hoodie(イエティナ)
Yetina Pullover Hoodie(イエティナ)
40年以上前に考案された丸編み機に改良を加え、独自の特許技術で起毛させた生地を用いた、極寒の環境に向けて作られたアパレル。なかでもベーシックなパーカーは、嵩張らず首回りの防寒に適した小さめのフード部分や、ストレッチ構造で動きやすいボディなど、サーフィン・スノーボード・フィッシングと、幅広いアウトドアアクティビティのユーザーをに支持されている。
価格:22,800円(税抜き)
・特殊起毛の構造により非常に暖かい生地。
・肌あたりの優しいフラットシーマの縫製。
・ダボつかない頭部にフィットするフード。
・タテヨコ2Way ストレッチ構造。
・カンガルー型のハンドウォーマーポケット。
・アクリル63%、ナイロン21%、ウール16%
・日本製

 

レポーターREPORTOR

ショータ・ジェンキンス
プロフィール:ショータ・ジェンキンス
BIGFISH1983ジャパンアンバサダー、Patagoniaプロセールスプログラム、Toned Troutプロスタッフ。
パックロッドを中心に、ライフスタイルとしての釣りを提案するメーカーHuerco(フエルコ)に所属しながら、世界各地を釣り食べ歩く国際派。厳しい釣りを強いられても、持ち前のハッタリと語学力で切り抜ける「適当さ」が武器。
ブログ:Royal Milktea Spicy Fishing (URL: http://royalmilkteaspicyfishing.com/)