旨いもん見つけた! No.3独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめ アフターフィッシング「激旨ラーメン」編
営業部一課主任・坂本和則さんの場合(その1)

「旨いもん見つけた!」第3回は中国地方の営業担当、坂本和則さんのおすすめラーメン。
まずは瀬戸内西部の山口、広島エリア。古くからは投げ釣りが盛んで磯チヌのフカセ釣りも人気の釣り。
近年はアジングやメバリングのメッカにもなっているし、ルアーのチヌゲームが確立された地域でもある。そんななかで山口県下松市と広島県広島市内を訪れた際に坂本さんが必ず立ち寄るというのがこの2軒だ。

下松ラーメンといえば牛骨スープ!ここが発祥のお店!
「中華そば紅蘭」チャーシューメン

中華そば紅蘭チャーシューメン
写真で見るだけだと「うわっ、脂っこそう……」という感じだが、実際はサラッとしているという「中華そば紅蘭」のチャーシューメン。丼の縁に花が咲いたようにトッピングされているチャーシューを1枚1枚、牛骨スープに沈めて麺と一緒にズズズ~ッ!
下松ラーメン発祥がこの紅蘭なのだ

「最大の特徴は何といっても牛骨の出汁ですね」と坂本さんもいうように牛骨ラーメンが下松ラーメンの代名詞なのだ。坂本さんがお気に入りの「中華そば紅蘭」は、そんな下松ラーメン発祥のお店。

坂本さんがいつも食べるメニューは「チャーシューメン」でストレートの細麺に牛骨スープがからんで非常に美味しい。スープの表面は脂がびっしりだが、豚骨とは違いあっさりしていてサラッと飲めるのだとか。また表面の脂のおかげで冷めにくいのもよい。薄くスライスされた豚チャーシューは丼の縁にもズラリ。これをスープにくぐらせ脂身を溶かしながら食べるとよりいっそう甘み、風味が増すという。

中華そば紅蘭
下松ラーメン発祥のお店「中華そば紅蘭」
徳山沖の島々
徳山沖の島々や笠戸島など下松周辺の釣り場は、これから投げ釣りのカレイやアイナメねらいが楽しそう。
帰路、冷えた身体には牛骨スープの下松ラーメンを!

笠戸島や徳山沖の大津島など島嶼部でのメバリングにアジングが面白そうだが港湾部ではサビキ釣りも人気。冬場から春先は投げ釣りのカレイ、アイナメの好シーズンだ。
お店は県道366号の下松駅前交差点から下松駅方面に3筋目を西へ約200m。

中華そば紅蘭

住所:山口県下松市駅南1丁目5−10
HP:http://www.kouran.co.jp

鶏がら醤油のあっさり系!サイドメニューのおでんもぜひ!
「中華そば つばめ」中華そば

中華そば つばめ
広島市中区にある「中華そば つばめ」の中華そばは、鶏がらスープ、醤油ベースであっさり。

「鶏がらに醤油ベースのスープで、くどくなくあっさり。疲れたときにスッと飲めるのがいいですね」と坂本さんが絶賛する広島市中区、平和大通りは東観音町交差点からすぐの「中華そば つばめ」。
坂本さんがいつもオーダーするのは「中華そば」で麺は中細のストレート。広島市内には「つばめ」以外に「すずめ」「うぐいす」など鳥にあやかった店名が多いことから「鳥系ラーメン」と呼ばれることもあるのだそう。そして欠かせないのがサイドメニューの「おでん」で、「これがメチャ旨で、ラーメンと一緒に食べる人が非常に多いんです」と坂本さん。

中華そば つばめ
鳥系ラーメン「中華そば つばめ」
おでん
サイドメニューのおでんは1個100円とリーズナブルでラーメンと一緒にオーダーする人が多い。坂本さんも必ず2、3個は食べるのだそう。

天満川左岸の釣り場
広島市内には多くの河川が流れており橋の上からでもチヌやキビレの姿を確認できる。写真は天満川左岸の釣り場。潮位が高くなれば対岸の干潟も絶好のポイントになる

さて広島市内の釣りといえばチヌのルアーゲームがおすすめ。天満川や太田川など市内を流れる河川が多く、チヌねらいのポイントに事欠くことはない。河川内はキビレがメインだが魚影の濃さは抜群だ。

中華そば つばめ

住所:広島県広島市西区東観音町3−2 エスポワール東観音 1F
HP:-