旨いもん見つけた! No.50独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめアフターフィッシング「いろいろ食べたいぞ!」編
営業部・佐藤敦子さんの場合

「旨いもん見つけた!」第50回は北海道札幌市内で営業活動をしている佐藤敦子さん。紹介してくれたのは札幌市から南へ約90km、高速道路を利用すれば1時間強の距離にある白老町のお店。切れるような寒さの北海道の1月、太平洋に面した白老港ではチカが釣れる季節。また、すぐ近くのポロト湖では氷上ワカサギ釣りの本格シーズンだ。チカもワカサギも同じキュウリウオ科の魚で、ともに北海道の冬を代表する釣魚。海で湖で楽しんだ後のお楽しみは濃厚な卵とブランド牛で決まり。冷えた身体にエネルギーチャージ!

ポロト湖湖
地面の魚の絵
ポロト湖
ポロト湖看板
真冬から春先までチカがねらえる白老港とワカサギの氷上穴釣りが楽しめるポロト湖

卵!卵!卵!濃厚タマゴが存分に味わえる!
「産みたてたまご」「こだわりたまごのスイーツ」白老たまごの里 マザーズプラス

白老町の農場で産まれた新鮮な卵、その卵を使ったスイーツなどを販売しているのが「白老たまごの里 マザーズプラス」だ。佐藤さんが購入したのは「亜麻仁の恵 平飼い有精卵」「亜麻仁の恵 赤たまご」の2種。「見た目でいいますと有精卵の黄身の色はやや薄め、赤たまごのほうは濃い黄色ですね」と佐藤さん。どちらも深みがあるが後味はさっぱりしているのだとか。自宅に持ち帰り「やっぱりこれでしょう!」ということで「卵かけご飯」が抜群に美味しかったのだそう。

たまご プリン シュークリーム
「産みたてたまご」を購入し自宅で食べるのもよし! プリンやシュークリームなどスイーツを釣り場に持ち込むのもあり!

もちろんスイーツも購入。卵をたっぷり使用したシュークリームとプリンも3種。「シュークリームは甘さ控えめでくどすぎずで、美味しかったです」とのこと。3種のプリンは「たまごプリンは濃厚な味わい、普通のプリン(?)はとても甘い味、カボチャのプリンも濃厚な感じでした。記憶が曖昧ですみません」と、おそらくどれも甲乙つけがたい美味しさだったに違いない。

お店はワカサギ釣り場のポロト湖や、湖畔にある国立アイヌ民族博物館からも近く観光客に人気。「お土産に抜群ですよ」と目を輝かせるスイーツ好きの佐藤さんなのだ。

白老たまごの里 マザーズプラス
白老たまごの里 マザーズプラス
「白老たまごの里 マザーズプラス」は国道35号とポロト湖方面に向かう中央通りが分岐する地点の山側にあるモダンな建物が目印

白老たまごの里 マザーズプラス

住所:北海道白老郡白老町字社台289-1
HP:https://www.mothers-egg.com/

北海道で有名な高級牛を塩でシンプルに!
「炭火焼肉」白老牛の店いわさき おもてなし亭

マザーズから国道36号を東へ約300mと至近距離にあるのが「白老牛の店いわさき おもてなし亭」だ。ここでは白老牛の焼き肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなどが味わえる。「白老牛というのは北海道では有名な高級牛肉なんです。札幌市内のスーパーなどではまず手に入りません」と佐藤さん。とにかく「年配の人は食べすぎると胸焼けするかも?」というぐらい脂が濃厚。ということで若い人にとても人気があるのだとか。

炭火焼肉食べ比べセット
「炭火焼肉食べ比べセット」は松竹梅の3コースあり。すべてご飯と味噌汁付き。写真はで「本日の逸品」が目玉の松セット
シャトーブリアン
佐藤さんを唸らせた「シャトーブリアン」は最上級の希少部位

とある日、佐藤さんがオーダーしたのは「炭火焼肉食べ比べセット」「シャトーブリアン」で、いずれも肉本来の味を際だたせるため塩だけいただくのが最高なのだとか。「この日食べたなかでは、やはりシャトーブリアンが抜群でした」と佐藤さん。また焼肉だけでなくステーキも自分で焼くのがここでのスタイルらしい。

白老町内に何店舗かある白老牛を食べられるお店のなかでもとくに有名なお店とのことなので、釣りの帰路、時には豪華なランチはいかが?

白老牛の店いわさき おもてなし亭
「白老牛の店いわさき おもてなし亭」は国道36号沿い。自社牧場「いわさきファーム」で育てた最高級牛を提供している

白老牛の店いわさき おもてなし亭

住所:北海道 白老郡白老町社台271-44
HP:https://omotenashi-tei.com/