NEW PRODUCT TALK「無双真鯛フリースライド」シリーズ

真鯛の嗜好・習性を知り尽くした仕掛のスペシャリストでもあるHayabusaが、新しくリリースしたNEW鯛ラバシリーズの無双真鯛フリースライド。

フリースライドの名の通り、いわゆる「遊動式鯛ラバ」。遊動式のメリットは魚に違和感を与えにくく、食い込みが良いうえに、ヘッドとフックが固定されていないためバラシも軽減する。さらにヘッド部分、ラバーなどのカラーローテーションもスムーズなため、様々な状況に対応出来るなどのメリットがあるのだが、Hayabusaのこだわりはそこだけではない。モデル・パーツ別にその特長を読み解いていこう。 今回は開発に携わったHayabusaフィールドスタッフの庄山氏にも、使う時のポイントなどを聞いてみた。

開発者の声 庄山フィールドスタッフ

庄山フィールドスタッフ

丁度ルアーとエサの間の様なタイラバの真鯛釣り。ソルトウォーターフィッシングをルアーで楽しんでいる若い世代中心から、エサ釣りが昔から好きなご年配の方々まで幅広く楽しめるのもタイラバの魅力です。
使い方も非常にシンプルで、一度ボトムを取ってから、真鯛がいるであろう棚を探る様に巻いてくる。しかしシンプルだからこそ奥が深く、ヘッドの重さや形、色などをローテーションしながら、季節により食性が変わっていく雑食性の真鯛が、その日に好むパターンを探していきます。そしてフリースライドの様な遊動式タイラバの登場で、真鯛釣りはさらに身近なものになりました。使えば使う程、「なるほど」と開発にこだわった部分を実感してもらえると思います。

無双真鯛フリースライド DNヘッド

ドテラ流し、キャスティング対応のプロフェッショナル

タイラバ仕掛
タイラバ仕掛

ドテラ流し(横引き釣法)やシャローエリアでのキャスティング、もちろん通常のバーチカルな釣りまでをこなす、正に鯛ラバのプロフェッショナルモデル。
低重心設計+フラットなヘッド形状が仕掛の浮き上がりを抑えて、従来の鯛ラバに比べて真鯛の潜むボトム付近のヒットゾーンを効率よく探り、活性の高い真鯛のバイトを誘発します。

DNヘッド コンプリートモデル
※ヘッドのみはありません。
■スペック
ヘッド:30g,45g,60g,75g,90g
カラー:3色
価格:オープン

庄山フィールドスタッフ

開発者の声
ヘッド形状を使い分けるのは、その日の真鯛のアタリが多い「棚」を釣るのに非常に重要です。
DNヘッドは重心が低く、水を受ける面がフラットな形状なので、真鯛の棚を逃さずに、その深さをキープして釣るのに適しています。やはりアタっている棚をなるべく長く引けるというのは大切です。浮き上がりを抑えるデザインなので、ボトム付近も効率よく探ることが出来ますね。

無双真鯛フリースライド VSヘッド

潮斬性能とアピール性能を兼ね揃えるバーサタイルモデル

タイラバ仕掛
タイラバ仕掛

VSヘッドの持ち味は、ボディ全体で潮の流れを効率よく受け流すオリジナル形状と、真鯛のいるレンジへとスムーズにアプローチするための低重心設計。また流れを受けた時に複雑な波動を後方に生むヘッド形状のため、ネクタイやラバーの動きをアシストし、よりアピール力を高めることで、離れた場所からも真鯛を呼び寄せます。

VSヘッドコンプリートモデル
■スペック
ヘッド:45g,60g,75g,90g,120g,150g
カラー:6色
価格:オープン

庄山フィールドスタッフ

開発者の声
VSヘッドは水の流れを受けると独特な波動を生み出す形状をしており、アピール力が非常に強いです。その日の活性の高い真鯛を効率よく釣ったり、遠く離れた魚にもタイラバの存在に気付かせる事が出来ます。そのヘッド形状が生む独特の振動が、後ろに付いているネクタイなどのパーツを揺さぶり、アピールをさらにUPさせるという効果もあります。DNヘッドとのローテーションで、一番ヒットの多いパターンを探してください。

無双真鯛フリースライド ワーム ストレート/カーリー

タイラバ仕掛
タイラバ仕掛

近年の鯛ラバ人気でプレッシャーも高まる中で、新しくHayabusaが提案するのがワーム。
従来のネクタイやラバーだけではバイトまで持ち込めなかった真鯛を誘う特殊フォルムに、真鯛の好むシュリンプエキスを配合しすることで真鯛の捕食スイッチを刺激する専用ワームです。

■スペック
サイズ:3.5インチ(ストレート)
    3.7インチ(カーリー)
カラー:9色
本数:3本入
価格:オープン

庄山フィールドスタッフ

開発者の声
真鯛がエサなどの情報を得る視覚や嗅覚、側線に、よりナチュラルかつ強烈にアピールすることが出来ます。ワームやネクタイなどのパーツだけに限った話ではなく、タイラバ本体の色と合わせて、カラーバリエーションを活かして欲しいですね。そうすれば組み合わせ次第で、もっと色々なカラーチョイスが広がります。水が濁っているのならアピール系だったり、クリアな時やヒットが遠のく様な時には暗色系にしてみたりと、あたっているカラーとは別に数パターン用意しておいた方が、状況に応じて付け替えていけると思います。カラーチェンジにより明らかに魚がアタリ出すことは珍しくありません。船長さんなどにアタリカラーを確認しつつ、その季節に真鯛が何を食べているかなども考えながら自分でチョイスしておけば、釣れた時の喜びもひとしおですね。

無双真鯛フリースライド
瞬貫真鯛スペアフックセット/ストロングスペアフックセット

フックセット
フックセット

フックに関しても並々ならぬ情熱を注いできたHayabusaがこだわったフックセットは2種類。
ノーマルサイズ(6号〜8号)に加え、大物真鯛に対応する13号もラインナップ。触れただけで刺さる「フッ素コーティング鈎」を両モデル共に採用し、ショートバイトも逃しません。

■スペック
鈎:6~8号(スペアフックセット)、13号(ストロングスペアフックセット)
鈎種:瞬貫真鯛(スペアフックセット)、瞬貫エアロ真鯛(ストロングスペアフックセット)
本数:2本入


タイラバ仕掛

HEAT今月号のClose Up Specilaistでは、紹介したフリースライドの開発に携わり、遊動式タイラバの火付け役でもある庄山プロのインタビューを掲載。
開発者としてのこだわりが垣間みれる興味深い内容となっている。