NEW PRODUCT TALK鬼掛へら 極ヤラズ 鋒

鬼掛へらブランドより新しく登場した、独自の外向きフォルムで口の奥に深く刺さりバレにくい『極ヤラズ 鋒(きっさき)』。
野釣りからトーナメント、ダンゴエサからクワセエサまで対応し、軽量でオールラウンドに使用出来るという『極ヤラズ 鋒(きっさき)』のその特長などを、開発担当であり、自身もへらぶな釣りの第一線で活躍する斉藤氏に話を聞いてみた。

鬼掛へら 極ヤラズ 鋒 斉藤心也

初期掛かりを制す外向きフォルム

初期掛かりを制す外向きフォルム

HEAT:まずは、大きな特長のひとつである独自の「外向きフォルム」について伺いたいのですが、これは単純に鈎先が外を向いているということなのでしょうか?

斉藤:そうですね、その通りです。そうすることで重視されたのは “初期掛かり” です。
へらぶなは何度も吸い込む様にして餌を食べるのですが、その餌が吸い込まれる度にウキにアタリが出て、そこでタイミングを見てアワセるのが基本です。その際、餌が一度口の中に吸い込まれた時、今度は引っ張る(アワセる)時に、鈎先が外向きだと、より鈎が口の奥で当たるのが早くなるため、鈎が掛かり易いんです。

HEAT:なるほど、そういう事ですね。確かに内向きだと、掛からずに口の中で鈎が滑ってしまうことも多いイメージですね。ちなみにこの「ヤラズ」という名前には何か深い意味があったりするんでしょうか?

斉藤:いろいろと他にも呼び方があるのですが、昔からこの様な流線型の形をしたへら鈎をヤラズ形などと呼んだりします。特別意味があるというよりは、ずっと長い間へらぶな釣りでは親しまれてきた名前ですね。

ハリス保護システムとは?

ラインホルダー
ラインホルダー

HEAT:次に「ハリス保護システム」に関してですが、先ずその特長と言いますか、その仕組みを伺いたいのですが?

斉藤:これはですね、鈎にハリスを結ぶ際に、鈎がある一定の向きを保つために、ハリスが内側にホールドされる様、鈎に溝が彫ってあるんです。そうすることで、不必要に鈎が回って外側を向いてしまったり、結び目がズレたりしづらくなるため、魚をバラしにくくなりますし、一点に力が掛かりすぎてハリスが切れるということも防止出来ます。

ノンスリップシャンク
ノンスリップシャンク

それとハリスをホールドする側とは反対側にも、縦向き(ワイヤーと並行に)にいくつも溝が彫ってありまして、ハリスを巻きやすく、尚且つズレにくくなっています。これはHayabusa独自の機能ですが、溝が横向きだと、そこでハリスが止まってしまったりして結びづらい場合がある様ですので、縦向きに溝を入れているんです。

HEAT:なるほど。一見細くて見えない様な部分にまで、しっかり1匹と対峙するためのこだわりが詰まっているんですね。

ワイドゲイプ形状の意味

斉藤:最近へらぶなに使われる餌の傾向として、柔らかい餌だったり、まとまりづらい餌が流行っているんですが、何と表現したら良いでしょうか?それらの餌を、大きく丸みを帯びた鈎が外側から包み込む様な形でホールド出来るのがワイドゲイプ形状の特長ですね。

HEAT:ほうほう。話が少し逸れてしまうかもしれませんが、どうして “柔らかい餌” が流行るのでしょうか?何かそこには理由はあるのでしょうか?

斉藤:うーん、そうですね。傾向としては、最近はどこの釣り場でも魚が大型化してきていると言われています。そしてへらぶなが大型になればなる程、警戒心も高まり、簡単には餌を食べなくなります。単体ではなかなか食べないと言いますか、多くのへらぶなをしっかりと寄せて警戒心を解く必要性があるんですよ。

斉藤心也

HEAT:なるほど。そこでバラけていきやすい、柔らかい餌を使うことで魚を寄せることが出来るんですね。

斉藤:そうなんです。まとまり過ぎず、しかも大きな餌にする必要があるんです。それをホールドするための仕組みと考えて頂ければと思います。それと、この鈎は軽量型のオールラウンドという面もありまして、例えばノーマルの極ヤラズが、極ヤラズシリーズの中で真ん中に位置するとすれば、それに比べて極ヤラズ ”ストロングストレート”という鈎が、文字通りオールラウンドの中でも大型化、若干重い鈎になります。今回新しく登場した極ヤラズ ”鋒” は、オールラウンドに使用出来る鈎の中ではライト系になるんです。

HEAT:ライト系という事は、より繊細な釣りであったり、スレた魚向けということなのでしょうか?

斉藤:そうですね。使い分けは好みや釣り方にもよりますが、オールラウンドの中でも、どちらかと言えばより食いが悪い時や、釣りが渋くなってくる寒い時期にも使える鈎ということになります。

HEAT:なるほど。あまりへらぶな釣りに詳しくない私にもよくわかりました(汗)ありがとうございました!