今月狙いたい魚3月に狙いたい魚 ヤリイカ

イカ釣りファンを唸らせるヤリイカ

イカ釣りと言えば、エギングでアオリイカなどを狙う釣りが先ずは想像されるかもしれないが、イカ釣り師や名人とも呼ばれる釣り人達の多くは、実はヤリイカ釣りが大好きである。もちろん新鮮なイカは味も申し分なく、お土産などにも本当に喜ばれる。いきなり大きな青物を持って行って困ってしまう家庭はあるかもしれないが、手頃なイカならそれもないだろう。しかもヤリイカの釣りは、その味に勝るとも劣らずに繊細なもの。普段はスルメになった姿を見ることが多いヤリイカを紹介してみたい。

ヤリイカ釣りと言えば

一番代表的な釣り方と呼べるのは、特に関東地方では船釣りだろう。5本以上のプラヅノと呼ばれる疑似餌を使い、群れの反応を探しながらヤリイカを狙うといったもの。しかし5号前後のPEを300m巻ける様なリールに専用の竿を買うとなると、気軽に初めてみようとはなかなか言えなくなってしまうので、今回は堤防からヤリイカも狙える釣りという形で紹介してみたいと思う。先ずは美味しいヤリイカを釣って食してみてから、今度はドップリとはまってもらおう。

どんな仕掛で釣る?

ヤリイカ仕掛

今回は死んだアジなどをエサにしてイカを狙う釣り方で、ヤリイカだけでなくコウイカ、スルメイカ、剣先イカなど、いろいろなイカを狙える仕掛をご紹介。大型のアオリイカなどを狙う時、ヤエンを用い生きたアジを使った泳がせ釣りも有名だが、実は同じ方法で死んだアジをエサにしても十分釣ることができる。生きたエサよりも小まめに投げ直してやるのがコツだ。この様な仕掛を使う場合、エサ持ちを優先する場合はエサを細いハリスなどでぐるぐると巻いて縛ってやる。活性が高く、すぐにエサの交換が必要なときは、手返しを重視するため、仕掛をエサに刺してビーズなどで止める。

ヤリイカ釣果
堤防イカ一筋 堤防小イカエサ串仕掛2セット
堤防イカ一筋 堤防小イカエサ串仕掛2セット

エサが底にべったりとつかない程度でタナを取り、後はウキが沈むのを待つだけです。エギングの様にシャクる必要もありません。サビキ釣りをしながら置き竿するのも賢い方法かもしれません。ヤリイカは特に、底べったりにし過ぎる必要はありませんが、コウイカなどを狙う釣り人は、底付近を狙い、外道でタコが掛かることも。そんな楽しみ方も防波堤の楽しみでもあります。イカが掛かったら身や足が千切れない様に注意しながら寄せてきましょう。手頃なイカが釣れたら、ジッパーの付いた袋に醤油、みりん、酒などと一緒に釣れたてそのままを漬けてしまうのもオススメ。釣り人の特権のひとつである。

こんな釣りもオススメ

堤防イカ一筋 エサ巻き鈎 のりのりイカサーファー
堤防イカ一筋 エサ巻き鈎 のりのりイカサーファー

ご紹介したヤリイカ釣り。いや、このイカ五目釣りとも呼べる釣りを紹介しましたが、この仕掛に「テーラー」と呼ばれる道具を組み合わせると、エサをより目立たせて、イカに気づかせやすいというメリットがあります。「エサ巻き仕掛」とも呼ばれたりしますが、イカや魚の切り身、鶏肉やソーセージなどを、独特の形状になった仕掛部分に巻きつけるというもの。このテーラーが水を受けると、ウキの下のエサは姿勢が安定し、時にダートな動きがつくため生命感が生まれます。特にイカの活性が低い時にも効果を発揮しますので、ぜひ覚えておいて損はない釣り方です。