今月狙いたい魚9月に狙いたい魚 カンパチ

アーバンジャックの名前で世界で愛されるカンパチ

カンパチ

ほぼ全世界の熱帯・温帯海域に広く分布する魚で、世界中で釣りのターゲットとなっているカンパチ。日本でももちろん人気が高く、高級魚として扱われます。
日本ではアジ科で同属であるヒラマサと並ぶ大型種で、ショッコ、シオゴ(関西ではシオ)、アカハナ、カンパチと、成長につれてその名を変える出世魚でもあります。サイズに関係なく美味とされ、まだ大きくない魚はサビキで、大型はジギングでと、様々な釣り方で狙うことが出来ます。
今回はサビキ釣りと、ジギング(ルアー)で狙う釣りをご紹介したいと思います。

誰でも挑戦できる落とし込み釣り

カンパチ仕掛

船からカンパチを釣る手軽な釣り方のひとつに、「落とし込み釣り」があります。竿は2.5mぐらいで7:3~6:4調子の専用ロッドを使い、中型~大型の電動リールにPE4号~6号を巻きます。オモリは100~150号ぐらいを使い分けましょう。サビキは喰わせサビキなど市販のものでOK。
先ずはエサとなるアジやイワシのいる棚にサビキを落とし、それらが鈎に掛かったら、今度は本命(カンパチなどの大型青物)がいるであろう棚まで、そのまま仕掛を落としていき、喰いつくのを待つというもの。
釣った活きエサをイケスなどに確保する必要がなく、落とし込み釣りという名前の通り、投入した仕掛でエサを釣り、そのまま落とすという手間要らずなこの釣りは、少々パワフルな釣りではあるものの、誰でも大物釣りに挑戦出来る釣りなのです。エサを掛けた時、そして本命が喰らいついた時と両方のアタリを味わい、それらを見分けると同時に釣ってしまうというお得感のある釣りでもあります。

ジギングで狙う大カンパチ

カンパチ釣果

同じ魚でも、60cmを超えたあたりから驚く様な引きで釣り人を楽しまてくれるカンパチ。
カンパチやヒラマサをはじめ、大型の青物とのファイトには、やはりそれ相応の道具と体力が必要かもしれませんが、ひと昔前に比べれば、道具なども進化し気軽に楽しめる様になってきたのも事実。是非こちらも挑戦して欲しい釣りです。
大型のスピニングリールにPEは4号前後を、ジグの重さや狙う魚の大きさに合わせて選びましょう。

事前に船長に確認し、出来れば専用のジギングロッドを準備したいところです。魚のいる棚でジグを落とし、シャクリ上げて誘うを繰り返し、魚が掛かった後は体力勝負、豪快に楽しみましょう。

調理法を選ばない高級魚

カンパチは小さくても味が落ちないと言われ、養殖のものすら身が締まっているという人もいるほど、味に定評のある魚です。釣れた魚は刺身や照り焼き、煮付け、フライなどで美味しく頂きましょう。特に天然物のカンパチは小型でもよく脂が乗り旨味があり、そのお刺身は程よくザラつく様な歯ざわりが何とも言えません。大型のものは鱗を包丁ですきびきしましょう。

船極喰わせサビキ 玄海・平戸沖SP捨糸仕様
船極喰わせサビキ 玄海・平戸沖SP捨糸仕様
船極喰わせサビキ W胴打 白フラッシャー&ブライトン
船極喰わせサビキ W胴打 白フラッシャー&ブライトン
ジャックアイ ストラッシュ
ジャックアイ ストラッシュ
ジャックアイ スロー
ジャックアイ スロー