今月狙いたい魚11月に狙いたい魚 クロムツ

実は身近な魚、クロムツ

クロムツ

北海道南部以南から本州・中部・太平洋岸に広く見られるクロムツ。ムツバリという鈎の名前を全く聞いたことのない釣り人は少ないのではないでしょうか?そう、あのムツなのです。大きなものは1mを超える大型魚で、そのサイズになると水深200m以深の岩場などを好むとされています。しかし30cm~50cmぐらいの小型のサイズは実は漁港の中などでイワシなどを追いかけていることも多く、そのサイズをルアー釣りで狙う人も多い魚。

ムツによく似ていますが、その名の通りクロムツの体色は黒く、沖釣り~中深海、深海釣りのターゲット。今月紹介しているキンメダイと一緒に狙うことも出来る魚です。前述の通り、小さいうちは湾内や沿岸部にも多く、ルアーなどでもよく釣れる魚ですが、成長に従い産卵などのため深海へと移動すると考えられています。しかし、まだ詳しい生態には謎が多い魚なのだとか。

狙うなら沖釣り、深海の大物

クロムツ仕掛

道具は釣る場所の水深や使用するオモリの重さで変化します。例えばオモリなら150~500号、使う竿もそれに応じて変わってきますが、深場専用の竿を用意するようにしましょう。PEラインの8号を700~1000m程度巻ける深場専用の電動リールに、仕掛は市販の胴突仕掛などが良いでしょう。

クロムツを釣るのなら、やはり効率もよく大型が狙える沖釣りがオススメ。鈎の数の多い仕掛を使用し、さらに深海での釣りになるため、船長の指示に従って順番に仕掛を投入する。ここもキンメダイの釣りに準ずるところ。キンメダイ釣りの外道として(?)も人気が高いようです。
餌はサバやイカの切り身、イワシなどを使います。釣り方は一度底まで沈め、そこから少し巻き上げ底を切りアタリを待ちます。クロムツのアタリはゴンゴン!と非常に強力で、最初はかなり強いファイトを楽しめますが、水圧の変化にはあまり強くないため、後半は弱って浮いてくることがほとんどです。
気をつけることは、釣りそのものの難しさよりも、仕掛が絡んでしまい投入のタイミングを失ったりしてチャンスを逃すことなので、鈎の多い仕掛でトラブルにならない様十分に注意しましょう。

脂の乗った白身は1年中美味しい

綺麗な、プリっとした白身を持つクロムツは、その姿からは想像出来ないほどの上品な味わいです。
その美味しさゆえ、クロムツ狙いではない湾内のルアー釣りで掛かった場合も、非常に喜ばしい魚なのです。しかも脂の乗った身は刺身にも焼き物にもぴったり。個人的には甘口の煮付けが特に美味しいと思っていますが、皆さんはいかがでしょうか。クロムツは、しばしばハリスを切るほどの鋭い歯の持ち主でもありますので、釣り上げた時、調理の時には、その歯で怪我をしないように気をつけてください。

深場用胴突 深場五目 5本鈎
深場用胴突 深場五目 5本鈎
深場用胴突 深場五目 アカムツアピール 2本鈎2セット
深場用胴突 深場五目 アカムツアピール 2本鈎2セット
深場用胴突 深場五目 アカムツから鈎 2本鈎2セット
深場用胴突 深場五目 アカムツから鈎 2本鈎2セット