NEW PRODUCT TALK食物連鎖を利用した“2段階システム”
妖しく光る「落し込み」サビキの最新アイテム!

落し込みスペシャル つくつくベイトパープル 全長ショート 4本鈎

サビキ仕掛といえば…ビギナーでも使いやすく、それほどテクニックがなくても魚をたくさん釣ることができる。そんなイメージをお持ちの方も多いだろう。だが、ひと口にサビキと言っても実はイロイロあって、ブリやヒラメといった大型ターゲットのみに照準を合わせた「手練仕様」の「落し込み」サビキ(落し込み釣り用の仕掛)というのも存在するのだ。

今回はそんなエクストリームスペックのサビキのなかから、喰わせサビキシリーズの落し込みスペシャル つくつくベイトパープル 全長ショート 4本鈎を紹介しよう。詳しい解説はハヤブサの開発担当・中川氏にお願いした。

最初はサビキでベイトを掛けて、それをブリやヒラメに食わせる!?
それが「落し込み釣り」だ!

02 落し込みスペシャル つくつくベイトパープル
最初はアジやイワシなどのベイトをサビキで掛け、それをエサにブリやヒラメなどの大物を食わせる「落し込みスペシャル つくつくベイトパープル」(品番SS436)。2mのショート仕様なので、タイラバロッドやジギングロッドでも使いやすい

まず気になったのはハリのサイズ。ブリやヒラメと大型魚をねらう割には…小さすぎやしないだろうか? 中川さんがすかさず答えてくれた。
「ハリのサイズはベイトとなるアジやイワシの口の大きさに合わせてあります。弊社でいうところの強靱イサキ鈎(ばり)を採用し、太軸化&胴打ちを施すことで大型魚のパワーでも折れにくい、曲がりにくい仕様になっています」。ん? アジやイワシ? コレ…大型魚を釣るためのサビキですよね? 何か話が噛み合っていないような……。

「このサビキは使い方が『2段階』あって、1段階目として擬餌を施したハリにアジやイワシを食い付かせる。そして2段階目として、それらをベイトにして大型魚をねらうというものです。だからハリはベイトと大型魚の両方が釣れるサイズ&強度でなければならず、強靱イサキ鈎のように小さくて強いものが必要になるんです」と中川さん。

なるほど! いわゆるビギナー向けのサビキ仕掛とは使い方がちょっと? 根本的に? いずれにしても違うことか!
つまり…、最初はサビキでベイトとなるアジやイワシを釣る…というよりハリに掛け、水中で泳がせ釣りの仕掛を作り出してしまう。そして、そのベイトがついた状態のまま底まで沈めて、はじめて大型魚がねらえるようになるわけだ。ひとつの仕掛でふたつの釣りが楽しめるなんて、コレはかなり面白い!

03
普通の泳がせ釣りは船上で生きエサを付けてから沈めるという、ある種の手間が発生する。しかし、落し込み釣りは水中でエサを掛け、それをそのままボトムまで沈めてねらうという一連の流れがスムーズなので、手返しよく大物をねらうことができるのだ

サビキをフォールさせながらベイトを掛けていく
「パラシュート仕様」

さらに詳しい使い方を中川さんが説明してくれた。「サビキ仕掛ではありますが、エサカゴは使わずにオモリを装着するだけになります。というのも基本的には船で使うものなので、船長さんが魚探を駆使してベイトが固まっている場所まで連れてってくれるので、エサカゴ&コマセを使ってベイトを集める必要がないんです」。
なるほど、エサカゴ&コマセが必要ないのはラクでいいですね。ちなみに、サビキでベイトを誘うときは、アクションを付けたりするのだろうか?

「これは『パラシュート仕様』と呼ばれる仕掛で、ベイトが固まっているタナにフォールさせる過程でベイトにサビキを食わせ、ハリ掛かりを確認できたらボトムまで沈めて大型魚が食ってくるのを待つという仕組みです。フォール中にベイトが食ってこない場合は再び巻き上げてからフォールという一連の動作を繰り返すので、電動リールを使った方が手返しはよくなります。また、仕掛全長も2mと比較的短いので、タイラバ用やジギング用のショートロッドでもさばきやすくなっています」と、タックルセレクトに至るまで説明してくれた中川さん。
アクションさせて誘うのもいいが、フォールで反射的に食わせてしまう方が手返しのよさにもつながるわけか。

04
ヒラメはベイトを丸飲みして食べるだけに、ハリスが鋭い歯で擦れて傷付いてしまうこともしばしば。しかし、「落し込みスペシャル つくつくベイトパープル」のハリスはフロロカーボン8号~18号と太いので、たとえ傷付いてもかんたんにはラインブレイクしにくい

パープルホロシールのフラッシングがベイトに口を使わせるキモ

ただ、その「食わせる」という部分が今回もっともこだわったテーマのようだ。中川さんが続ける。
「サビキにはパープルフィルムを使い、加えてハリの胴打ち部分にはバープルのホロフラッシュシートを貼り付けることで、キラキラ輝くだけでなくケイムラっぽい妖しい光を放つ仕様になっています。これが決め手となって、目の前を素早くフォールしていくサビキに対してもベイトは瞬間的に口を使ってくれるんだと思います」。

また、読者のみなさんも同じ疑問を持った方々がいると思うが…、どうしてハリは下を向いているのかを中川さんに尋ねたところ「下を向いていた方がフォール時にベイトがサビキを食いにきたとき、口だけでなく魚体のどこかにハリが刺さりやすいからです。通常のサビキのようにハリが上を向いているなら、一定のレンジで誘い続ける場合に上アゴやカンヌキに掛かりやすいでしょう。でも、フォールで誘う場合はカスッたりスッポ抜けやすくなったりで、逆効果です」とのこと。なるほど、スッキリしました!

05
パープルフィルムが水中で妖しく、なまめかしく発色すると同時に、胴打ち部に貼り付けられたパープルホロシールがフラッシングを起こし、ベイトの食欲を刺激。素早いフォール中でもガンガン食ってくる
06 仕掛図
イラストのように、ハリが下を向いている状態で使うのが正解。この方がフォール中だとベイトの下アゴはもちろん、身体のどこかにも掛かりやすいのだ

それともうひとつ…気になるのはハリスの太さ。基本的に幹糸とハリスの太さは一緒で、細いものは8号から、太いもので18号までという6段階がある(8・10・12・14・16・18号)。大物を釣るということを考えれば適切な太さだとは思うが、ベイトに食わせるということに関して言えば「太すぎる」気がする…。このハリスの太さ、ベイトの食いに影響はないのだろうか?
「少なくとも私が実釣テストで試した限りでは、何も問題はありませんでした。5cmくらいのイワシでもガッツリとサビキに食らい付いてきましたね。ベイトにとってはハリスの存在感が気にならないくらい、パープルホロシールのフラッシング効果が高いのだと自負しています。だからこそ、そのベイトの食い付きっぷりを店頭でも想像してもらえるように、商品名に『つくつく』という言葉を盛り込んでみたんです。釣り人って、こういったある種ダジャレのような言葉にも素直に反応してくれるので、作る側としてはありがたいです(笑)」と、中川さんは最後にシメてくれた。確かに、釣具ってオジサンっぽい発想の名前が多いかもしれない…。

07
フィッシュイーターを釣るならば、やっぱり生きエサが一番! しかも海中でエサを付けられる(食ってくる)わけだから新鮮そのもの。これだけたくさんの本命ターゲットが釣れても、何ら不思議ではない

全15種の「喰わせサビキ」シリーズで日本中の大物を釣りまくれ!!

この落し込み釣りに対応する「喰わせサビキ」シリーズは、今回紹介した「落し込みスペシャル つくつくベイトパープル」も含めて全15種類。ねらう魚や地域、シチュエーションの違いによって使い分けることで、さらなる釣果が期待できるはず。海の食物連鎖を巧みに利用した弱肉強食ゲーム、一度味わってしまえばハマることは間違いない!!

08 喰わせサビキ
最新モデルの「落し込みスペシャル つくつくベイトパープル」とともに喰わせサビキシリーズを駆使して、まだ見ぬ大物へとチャレンジしてほしい!!