NEW PRODUCT TALKハヤブサ定番アイテム

毎号、新製品をご紹介しているこのコーナー。今回は少し指向を変えけして目立たないものの長年にわたり愛好されている縁の下の力持ち?的な商品にスポットを当ててみた。

冬に元気なターゲットとは何だろう?
温かい時期と比べて、かなり限定されてしまうのは分かるが・・・。
人間をはじめ哺乳類は恒温動物のため、気温の上下にかかわらず代謝ができる。つまり寒くても動けて、腹も減るので食欲もある。しかし、魚は変温動物なので水温が下がると、代謝しなくなる。つまり、動かなくなりエサを取らなくなってしまう。 爬虫類もそうだが、一種の冬眠状態のようなもので、食べなくてもへっちゃらなのだ。
はたまた温かい水温を求めて移動してしまうため、ターゲットが限られるのは、ある意味仕方のないことなのだが、そんな時期でも釣り熱がまったく衰えない人も必ずいる。そこで今回は、冬場のターゲット向けで釣り人に愛用され続けている「仕掛」をご紹介しよう。

カレイ・アイナメ仕掛

カレイ

アイナメ

産卵のため、この時期接岸するカレイは冬の投げ釣りの定番釣り物。
主に関西では晩秋から岸に寄り始め、年明け~春前に産卵、その後栄養を蓄えるために食いが立ち、水温が上がり始めるゴールデンウイーク頃には、再び深場へ移動していく。アイナメの産卵は冬でもカレイよりもちょっと早め。しかし、北方系の魚でもともと冷たい水を好むので、この時期には主役に躍り出る魚だ。明確に違うのは、カレイは砂泥底、アイナメは底の荒いところと、ポイントが真逆な点。カレイには「投げキス・カレイ天秤式 ベーシック2本鈎」「同・金&赤鈎2本鈎3セット」がオススメ。枝部分に付いている絡み防止の蛍光ピンクパイプが、投げ終わってアタリを待つ間、派手好きなカレイの興味を引くことだろう。鈎には虫エサのズレを防ぎ、おちょぼ口のカレイが吸い込みやすい流線ケン付が使用されている。
アイナメ釣りには、少しでも根掛かりを防ぐために「投げ胴突 カレイ・アイナメ」がいい。軸のしっかりした丸セイゴ鈎は大型アイナメの強い引きにも安心だ。カレイ、アイナメとも待ちのスタイルになるこの釣りにとって、うれしいのが硬質ハリス「エステル」が採用されていること。シャキッとした腰のあるライン特性が、小さなアタリも敏感にキャッチするだけでなく、ライントラブルも最小限に抑えてくれる。

投げキス・カレイ天秤式 ベーシック2本鈎
N-502 投げキス・カレイ天秤式 ベーシック2本鈎
投げキス・カレイ天秤式 金 赤鈎2本鈎3セット
NT670 投げキス・カレイ天秤式 金 赤鈎2本鈎3セット
投げ胴突 カレイ・アイナメ
NB601 投げ胴突 カレイ・アイナメ

根魚仕掛

メバル

カサゴ

船や堤防から狙うメバル、カサゴ(ガシラ)も、これからが好シーズン。
メバルは「春告魚」ともいうように、水温がどんどん下がるこれから初夏にかけて割と長いスパンで楽しめる。
眼がいいので細ハリスがお約束だが、その分小気味いい引きが楽しめるというもの。
カサゴは厳密には冬場でないと釣れないということはないのだが、うるさいエサ取りがいなくなるこの時期が本格的に狙うのには面白い。 食べて美味しく、淡白な身はどんな料理にも合い、大きいものは市場価値がメバルよりも上である。
船釣りの場合は、活き餌を使うことが多いメバルなら「船極メバル」シリーズがイチ押し。 活き餌使用でありがちなハリスの撚れは、眼のいいメバルには絶対避けたいところ。 この仕掛は枝部分に撚れを防止する回転ビーズ仕様、小さなアタリも明確に伝える直結仕様が用意されているので、状況によって使い分ければよい。 鈎にも活き餌を弱らせない細軸・軽量の「チンタ鈎」、カエシ部分が半スレ設計の専用鈎「一撃メバル」を選べるラインナップ。
船のカサゴ狙いなら「カサゴ・イシモチ・ムラソイ 胴突2本鈎」をオススメしたい。 カサゴはほとんど下鈎の餌に掛かり、ダブルは非常に稀。 仕掛全長95cmのうち、下鈎と上鈎の間隔が50cmあり、底で餌を待ち構えるカサゴ、ムラソイに対し、泳ぎ回るイシモチや底より少し上にいる魚にもアピールできる。 実は筆者も愛用している仕掛のひとつだったりする。
ところ代わって、メバル、カサゴを堤防で狙うなら「釣場直行便 ちょっと底までコツコツ行こう!」「同・ちょっと底までガンガン行こう!」を使うのが面白い。 ともに1本鈎仕掛で予備鈎が3本付いていて、枝部分に糸絡み防止&ハリス交換が簡単なクロスピンが採用されている。 「コツコツ」は細ハリス仕様でメバル向き、「ガンガン」は太ハリス仕様でカサゴや大型根魚が潜むポイントに向いているので、両方揃えておけば安心だ。

SD607 船極メバル 枝50cm回転ビーズ3本鈎2セット
SD607 船極メバル 枝50cm回転ビーズ3本鈎2セット
SD636 船極メバル 枝30cm 直結仕様3本鈎 2セット
SD636 船極メバル 枝30cm 直結仕様3本鈎 2セット
SD781 カサゴ・イシモチ・ムラソイ 胴突2本鈎
SD781 カサゴ・イシモチ・ムラソイ 胴突2本鈎
HA160 釣り場直行便 ちょっと底までコツコツ行こう!
HA160 釣り場直行便 ちょっと底までコツコツ行こう!
HA161 釣り場直行便 ちょっと底までガンガン行こう!
HA161 釣り場直行便 ちょっと底までガンガン行こう!

ワカサギ仕掛

内水面に目を向ければ、この時期人気なのはやはりワカサギになるだろう。
手軽な桟橋・陸からの釣り、あったかいドーム船での釣り、ボート釣り、釣趣満点の氷上穴釣り等、いろいろなスタイルが確立され、ワカサギ釣り人口はどんどん増えている。 ターゲットが小さいゆえに道具も繊細で釣れた時のプルプル感、群れで回遊するため当たれば鈴なりモード、さらには軽く洗うだけでさばく手間がかからない魚、などなど人気要素は十分すぎるほど揃っている。
「湖翔ワカサギ 飛ばし専用 秋田キツネ7本鈎」は桟橋のないフィールドでも、手軽に岸から投げて深場を狙うことができる飛ばし設計。長めのノベ竿を使った脈釣り、リール竿を使った遠投ウキ釣りに対応できるよう、幹糸が2号と太く、安心して遠投可能。鈎は吸い込み重視の「秋田キツネ」が使われている。

ワカサギ
湖翔ワカサギ 飛ばし専用 秋田キツネ7本鈎
C242 湖翔ワカサギ 飛ばし専用 秋田キツネ7本鈎

上記でざっとあげた釣り物以外でも、メジナ(グレ)、カワハギ、ブダイ、サヨリ、ウミタナゴ、タナゴ…寒い時期こそ狙い目の魚は、まだまだある。船釣りなら沖のいろいろなポイントを攻めることができるので魚種はさらに増え、陸からの釣りでも釣り場の情報収集をしっかりやれば、高水温の時期と違って餌取りが少なく、大きく育った魚の強い引きが味わえる。
ほとんどの釣り物を網羅しているうえに、オーソドックスでベーシックなものから遊び心満載のものまで、長期に渡って釣り人に愛され続けている仕掛が貴方のお供になれば、こんな心強いことはないだろう。