NEW PRODUCT TALK海戦アジ シリーズ

手返しで攻める、まさに海戦

釣り鈎やサビキのパイオニアという観点から、HAYABUSAが世に送り出して来た仕掛シリーズの中でも、特に「海戦アジ」シリーズはライバルに差をつける船仕掛として、攻めの開発を続けてきた。そして今シーズンその海戦アジシリーズに新しく6タイプが追加されるとのことで、開発者に色々と伺ってみようと思う。アジと言っても、堤防からサビキで楽しむアジとは一味も二味も違う釣りだと考えて良いだろう。様々な状況の中で自らの戦略に沿ってアジを仕留めた日には「獲った!」と強く実感出来るはずである。

そんな攻めのアジ釣り仕掛である海戦アジシリーズだが、大きく2つに分けることが出来るらしい。それぞれの仕掛には金バリ、赤バリ、白バリと色のついた鈎が使われ、ケイムラ玉や、強い夜光タイプのひかり玉などがセットされているのだが、1つ目は空(から)バリと呼ばれる文字通り、鈎そのものには何も付属せず、船上でエサを付けるノーマルタイプ。そして2つめがグミ付きと言って、それぞれの鈎に柔らかなグミビーズが付いたものだ。グミ付きとは一体どんな仕掛なのだろう。

開発室
「名前にはビーズとついていますが、程よい弾力を持ったビーズ型のグミなんです。これが時に大きな働きをするんですよ。特に関東エリアでは、イカタンと呼ばれる、イカの切り身を赤く染めた付けエサがよく使われますが、グミ付きであればエサの付け替えが不要という点が大きいです。アジの好きな赤い色をしたグミビーズが疑似餌の役割をするのですが、その適度に柔らかい食感は、魚の喰わせスイッチを刺激し、一度食いつた魚にすぐに口から離さずに咥え込ませる事が出来るんです。
アジの様に群れで回遊する魚を狙う場合、時合いのタイミングを逃さず、効率よく釣り続けるための手返しが非常に重要になってきますよね? 釣れる度にエサを付け替えるのと、グミ付きの鈎でそのまま釣り続けるのとでは大きな差が生まれるのは確かです。もちろん低活性な時など、適材適所で付けエサを使うのはもちろんなのですが、ライバルとの釣果に差をつける赤い「隠し球」になってくれると思います。」
海戦アジ シーガー2本鈎2セット
海戦アジ 大アジ専用
シーガー2本鈎2セット

開発室 狡猾な大型のアジにも違和感を与えない様に、海中で自然に漂う様に誘えるロング仕様のハリスを採用。もちろん大アジ狙いですので、ハリスも太くした安心の大アジ専用仕掛です。
海戦アジ 喰わせシーガー3本鈎2セット
海戦アジ
喰わせシーガー3本鈎2セット

開発室 3色の鈎でさまざまなシチュエーションに対応出来るミックス鈎仕掛。強烈な発光でアピールする高輝度ひかり玉と、紫外線で発色しエビや虫類が発する妖しい光を再現するケイムラ玉を採用した喰わせ仕様です。
海戦アジ食い渋り対応 シーガー3本鈎2セット
海戦アジ
食い渋り対応 シーガー3本鈎2セット

開発室 高輝度のひかり玉な強力な発光だけでなくフロート効果も持っているため、より自然に鈎を漂わせ誘う事が出来ます。さらに違和感を与えないためのロング仕様細ハリスを採用し、食い渋りに対応しました。
海戦アジグミ付き シーガー2本鈎2セット
海戦アジ
グミ付き シーガー2本鈎2セット

開発室 やはり最大の特長は、手返し重視でエサ要らずのグミ付き鈎。高輝度ひかり玉の強烈な光とフロート効果でアジに口を使わせるベーシックハイスピード仕掛ですね。
海戦アジ シーガー3本鈎2セット
海戦アジ
グミ付き シーガー3本鈎2セット

開発室 柔らかな食感で「喰わせ用」としてのグミ付き鈎と高輝度ひかり玉のコンビネーションを、多点掛け狙いで3本鈎仕様にしました。時合いを一気に攻める時に特にオススメします。
海戦アジ ケイムラフック シーガー2本鈎2セット
海戦アジ
ケイムラフック シーガー2本鈎2セット

開発室 バラシ軽減にネムリ形状のムツ鈎を採用し、さらにケイムラコートを施したこだわり仕上げ。紫外線を受けた時の独特の色合いとアピール力は実績大。強力な武器になってくれるはずです。
実戦サビキ 釣果

発売は4月。本格的なシーズンの到来を前に、アジ釣りをさらに楽しくするアイテムになりそうだ。