NEW PRODUCT TALK人気のジャックアイマキマキに追加ラインナップ3種!
サゴシ・サワラ・大型青物ねらいに最強のジグが登場!

ジャックアイシリーズのなかでも実績・人気ともに折り紙付きの「ジャックアイ マキマキ」に、今期新たに3アイテムが追加された。開発担当者の話では、ジャックアイの「誰でもかんたんに釣れる」というコンセプトは踏襲し、難しいことは考えずに“ただ巻くだけ”で釣れるジグに仕上がっているとのこと。
早速、各アイテムの魅力を紐解いていこう。

ただ巻くだけで釣れるショアジギング用ジグ!
「誰でもかんたんに釣れる」から初心者にも超おすすめ!

マキマキ サゴシスペシャル
マキマキ バイブ
マキマキ スピン

「誰でもかんたんに釣れる」 冒頭でも述べた通り、ジャックアイシリーズのコンセプトである。
現行のジャックアイ マキマキ、ジャックアイ クネクネなどの強みは「ただ巻くだけで釣れる」という点。そして、ヒラリンは左右でカラーが異なり、視認性の高さでバイトを誘発するなど、総じて“かんたんに釣れる”工夫がなされているのが特長だ。そんななか、今回新たに追加されたショアジギング用の3モデルは、「ただ巻くだけで釣れる」という共通のストロングポイントを踏襲している。

開発担当の田中氏は「これは個人的な話ですが、釣れないときにシャクり続けるのってしんどいと思ってしまうタイプなんです。だからこそただ巻きで釣れるのはメリットになりますし、逆にジャークを入れるより釣れることもあるんです。この点が初心者の方でもかんたんに楽しんでいただけるキッカケになるのではないかと思っています」と語った。

海投げ釣り
「ただ巻くだけで釣れる」からこそ負担が少なく、初心者のショアジギングへの間口も広がる

ワイヤー仕様のアシストフックで歯の鋭い魚も平気!
ただ巻きOKの「ジャックアイ マキマキ サゴシスペシャル」

マキマキ サゴシスペシャル

マキマキ サゴシスペシャルはショアジギングモデルだが、ボートキャスティングにも使用できるうえ、スーパーライトジギングでも高実績を出している。
商品名にもある通り、メインターゲットに据えるのはサゴシ(サワラ)。ショア青物ジギングの経験者であれば、アタリと同時に「フッ」と軽くなり、フックを切られた経験がある人も多いだろう。その犯人の代表格がサゴシである。釣れるとめちゃくちゃうれしいターゲットである反面、そのひじょうに鋭い歯でスパッとリーダーを切られて涙を呑む魚でもある。

そんなサゴシにも強気で勝負できるのが「マキマキ サゴシスペシャル」だ。一番の特長は、フロントのアシストフックがワイヤー仕様という点。つまり、強度抜群。仮にサゴシの歯が触れてもちょっとやそっとじゃ切れないのだ。

ワイヤー仕様のアシストフック
フロントのアシストフックがワイヤー仕様。かなり太目の番手を採用し、スレッド巻き&黒い硬化剤を巻いているため、サゴシ(サワラ)の鋭い歯に対して抜群の強度を誇る

釣り方はただ巻きでOK。付属のホログラムスピンブレードが、ただ巻きアクションでもしっかりとアピールしてくれる。サゴシ専用モデルというわけではなく、ハモノが回遊している際、このサゴシスペシャルをキャストすれば、サゴシ(サワラ)、タチウオ、青物、なんでもござれというわけだ。

ハイアピールモデル
ただ巻きでもホログラムスピンブレードが回転し、そのフラッシングと波動でターゲットを誘惑するハイアピールモデル

また、カラーラインナップも特長だそうだ。
田中さんによると「実は現行のジャック マキマキがサゴシに効くという話を以前から耳にしていて、それをきっかけにサゴシスペシャルを開発しました。カラーは、ケイムラブルーイワシ、ブルピン青夜光ゼブラ、アカキン緑夜光ゼブラ、ケイムラピンクキャンディの4色展開で、ケイムラブルーイワシは抑えのカラーという立ち位置で、他の3色はサゴシに効く実績の高い新色を採用しています」とのことだ。

左右非対称カラー
左右非対称カラー
サゴシに高実績のNEWカラーを採用し、左右非対称カラーでアピール度も抜群

青物専用「ジャックアイ マキマキ バイブ」
“最強クラス”の強度で大型青物でも安心のメタルバイブ!

マキマキ バイブ

マキマキ バイブ大型青物専用のメタルバイブ。そもそもバイブレーションは“巻くだけで釣れる”ルアーの代表格のなか、ジャックアイの「誰でもかんたんに釣れる」というコンセプトとひじょうに親和性が高いため、この度、新たにメタルバイブが開発された。

大型青物専用とうたっているだけに、一番の特長はその強度だ。田中さんは「マキマキバイブを開発するにあたって、一番重要視したことは強さです。青物専用ですが、全メーカーの中でも最強クラスです。フックもそうですし、スプリットリングもそうですし、ボディの肉厚ロングプレート部分には1.2mmのステンレスを採用していますので大型青物が掛かっても安心です」と話す。

太軸トリプルフック
大型青物が掛かっても安心の太軸トリプルフック(#2)を採用。また、メタルバイブ本来のアクションに加えて、ハイアピール腹ビレブレードが左右に揺れるスウィング式アクションとの相乗効果で、複雑かつ高いアピール性能を発揮する
肉厚ロングプレート
大型青物にも負けないステンレス製1.2㎜の「肉厚ロングプレート」を採用

ストロング&ハイアピールを実現したボディの「肉厚ロングプレート」。田中さんの話では、当初はステンレスプレートの厚みを「1.5mm」で進めていたが、当モデルのグラム数は40gと60gの2種。1.5mmにすると、ステンレスプレートプレートだけで重量が重くなり、本体の鉛の部分に使える鉛が少なくなる。検証の結果、1.2mmでも強度抜群で、ボディバランスと強度の均衡が取れた最善の状態に仕上がったとのこと。また、メタルバイブはどうしても飛距離が落ちるが、マキマキ バイブは40gでも十分に飛距離を稼げるというのも特長だ。

そして、マキマキ バイブは強度のみならず、アピール度もひじょうに高い。ボディ中央部に配された「ハイアピール腹ビレブレード」が、ボディとより近い距離で左右にスウィングしてアピールしてくれる。この腹ビレブレードは、早巻き時の姿勢を安定させる役割も果たす。ブレードの絶妙な抵抗感が、メタルバイブの姿勢を安定させるのだ。

また、ボディの背側に配された4つの穴。この穴(アイ)は単なる飾りではなく、自身のアクションや目的に応じて、スナップを接続するアイを変更できる「4ラインアイ設計」だそうだ。

4ラインアイ設計
どのアイにスナップを接続するかでアクションが変わる「4ラインアイ」設計を採用している

■4ラインアイ設計
※ヘッドを左側にして、一番左側がファーストアイ
ファーストアイ: 引き抵抗も少なく、高速巻きに最適
セカンドアイ: 中間の強さのバイブレーションを起こし、高速~中速(通常巻き)に最適
サードアイ: やや強めのバイブレーションを起こし、中速(通常巻き)~スロー巻きに最適
フォースアイ: 最もバイブレーションが強く、超スロー巻きに最適

田中さんは「高速巻きで引き抵抗が強いとしんどいですよね。その点、ファーストアイは、めちゃくちゃ引き心地は軽いのですが、バイブ自体はしっかりと動いてくれます。その際のバイブは水平姿勢に近い状態です。引き心地を例えるならば、メタルジグを巻くくらいの感覚です。青物専用だからこそ、この速巻き時の軽さはめちゃくちゃ重要です」と話してくれた。

青物専用のスピンテールジグ!
ハイアピール&ストロングの「マキマキ スピン」

マキマキ スピン

マキマキ スピンは、青物に特化したスピンテールジグ。一番の特長は、動きの異なる2種のブレートを採用した「ツインブレード」仕様だ。「スウィング式ホログラムブレード」はマキマキ バイブのハイアピール腹ビレブレード同様、スウィング式のフラッシングで高いアピール効果を誇る。リアの「スピン式ホログラムビッグブレード」は、スピン式でスロー巻きでも大きく回転し、強いアピール力を発揮する。ボディ自体は動かずに、この2種のブレードの異なる動きが“誘いの化学反応”を起こし、速い動きには反応を示さない低活性のターゲットにも思わず口を使わせる。2枚のブレードがギラつくハイアピール仕様だが、リアのビッグブレードはボディの姿勢を安定させる役割も果たしている。

スピン式ホログラムのブレードを搭載
テールにスピン式ホログラムのブレードを搭載。スロー巻きでも大きく回転し、強いアピール力を発揮する
太軸トリプルフック採用
フックは強度抜群の太軸トリプルフック(#3)を採用し、青物と安心してやりとりできる

田中さんは「マキマキ スピンのコンセプトは青物ねらいですので、よく飛びます。40gと60gのラインナップですが、60gは他社にはなく、潮が速いときやより遠くに飛ばしたいときに重宝します。マキマキ バイブも青物ねらいですが、マキマキ スピンとマキマキ バイブで魚の反応に差が出ることもあるので、両方を試してみて反応のよい方を使うのもオススメですね」と話す。

堤防釣り
ブリ
マキマキ スピンは飛距離も特長で、その分長い距離を誘うことが可能となる

また、マキマキ スピン開発の苦労話を聞いてみると「姿勢のバランスとフック絡みの解消」を挙げてくれた。ブレードのサイズ、フックのサイズ、ボディの厚みを変更し、いかにトラブルを減らし、より使いやすくなるかを試行錯誤して完成したのがマキマキ スピンとのことだ。

 
 

今回は「ジャックアイ マキマキ」のNEWアイテム3種を紹介したが、共通して「誰でもかんたんに釣れる」ジグ&メタルバイブに仕上がっている。季節はショアジギングの盛期を迎えており、大活躍まちがいなしのアイテムといえるだろう。あまり難しいことは考えず、まずはシンプルにキャスト&ただ巻きで試してみてほしい。青物の回遊次第では、きっと好釣果をもたらしてくれるはずだ。

ジャックアイマキマキ3種
写真上からマキマキ サゴシスペシャル、マキマキ スピン、マキマキ バイブ。心強い相棒とともに、ショアジギングゲームを満喫してほしい