知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.99金魚って実は……人間かも!?

illust_川田一輝

こんにちは!
釣りもアクアリウムも大好き! 「さかなのおにいさん」かわちゃんこと川田一輝です。

昔、小さいころに飼っていた金魚が名前を呼ぶと近寄ってきてくれたのを覚えています。ペットであり、家族であり、友達のような存在だったなぁと思い返すのですが、実は金魚って人間なのかも……? と思う生態を発見しました。

今日は日本人の僕らに身近な金魚の話。

キンギョって

02_0

誰しも一度は飼ったことがあるさかなではないでしょうか?
ワキンやリュウキン、デメキン、らんちゅうなどいろんな品種がいます。

大きくなれば通常30cmほど。寿命は10~15年ともいわれていて、ギネス記録ではなんと43年生きた記録が残っています。

そんな金魚の起源はといいますと、1700年前の中国南部です。

ニンゲンの手によって進化

02_1

突然変異で生まれた赤いフナ「ヒブナ」が金魚の祖先といわれています。
そのあと室町時代に、金魚は大阪の堺に伝来。江戸時代に武士が副業で金魚ブリーダーとなって広まり、庶民の観賞魚になったといわれています。(一説ですが)

そんな人間が生み出した金魚、なんだか人間に似てきているのが……。

あくびをする!?

02_2

水槽の中でよく「あくび」をするんです!

これは健康でリラックスしてるときに出るといわれたり、エラや口の掃除のために口を大きく開けているともいわれています。
はっきりと解明されていませんが、リラックスしてくれていたら嬉しいですね。

そしてもう一つ人間っぽいのが!?

ニキビもできる!?

02_3

僕と同じやーー!!
オスの金魚は繁殖期になると、エラ蓋や胸ビレなどに白い点…ニキビが出現します。
これは「追い星」といわれる繁殖OKサインのようなものなんですね。追い星の現れた金魚はメスの産卵を促そうとして近付きます。

あくびしたりニキビができたり、もしかしたら金魚の前世は人間かも!? それくらい、家族と思って大切に育ててあげてください!

ちなみに以前、金魚にまつわる歌のジャケットデザインを描かせていただきました。

金魚のジョン

02_4
ホタルライトヒルズバンド「金魚のジョン」

飼っていた金魚に「ジョン」という犬のような名前をつけて可愛がっていたが大きくなりすぎて…!?
命の大切さがほっこり伝わるストーリー仕立ての曲です。
NHK「みんなのうた」に選ばれた名曲なので、よかったら合わせて聴いてみてくださいね。

それでは!じゃあねー!

 

レポーターREPORTOR

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
関西を中心にラジオDJ・アナウンサーとして活躍中! Kiss FM KOBEでは昼帯番組「アットイーズ」の他に、須磨海浜水族園プレゼンツ「川田一輝のいきものレッスンれでぃお」も担当。
とにかく釣りと魚が好きで、子どもたちにも魚の魅力を伝えるべく「さかなのおにいさん かわちゃん」として各地でイベントも開催。イラストと歌とトークで、魚の面白さを伝える。特に好きな釣りはシーバスとウナギ釣り。
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)
LINEスタンプ「ゆるさかな!」:https://line.me/S/sticker/7724905
オフィシャルHP:http://kawata-kazuki.strikingly.com