知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.98海の中のファッションリーダー!ナポレオンフィッシュ

illust_川田一輝

こんにちは!
春服を買って気分ルンルンな、「さかなのおにいさん」かわちゃんこと川田一輝です。
気づけば去年は服買ってなかったですねぇ。

さて、海の中でも実はいろんなオシャレを楽しんでいるさかながいます。
水族館やダイビングの人気者! 今日ご紹介するさかなこちら!

ナポレオンフィッシュ

01_0

2mまで成長する、スズキ目ベラ科最大の魚! 寿命も30年と長生きです。
日本では南西諸島沿岸に分布しますが、和歌山県でも確認された記録があります。

広東料理では「最大級にして最高級のさかな」として重宝されているものの、
上品な白身で美味しいのにカンタンに捕まえられることから、いまでは絶滅危惧種になってしまいました。

さて、このさかながどんなオシャレを楽しんでいるかというと…。

メガネ

01_1

オシャレポイントその1 「メガネ」

目の横通るラインが眼鏡をかけているように見えることから、標準和名は「メガネモチノウオ」と命名されました。

でも、オシャレはメガネだけじゃないんです。
つづいてはこちら!

帽子

01_2

オシャレポイントその2 「帽子」
大きな特徴である頭のコブ。このコブがナポレオンのかぶっていた軍帽に似ていることから「ナポレオンフィッシュ」と命名されました。大きなコブを持つのは成熟したオスだけです。
ちなみにコブの感触は、触ってみたらプニプニして気持ちよかったですよ!

でもナポレオンフィッシュ、これだけオシャレなのに残念なポイントがあるんです。
それは……?

スタイルが残念…

01_3

小さいときはスマートで可愛いナポレオンフィッシュも、大きくなるにつれ顔の割合もどんどんで大きくなり、成熟するとおよそ3頭身!
オシャレとスタイルが釣り合ってへん!!

ちなみに生まれたときは全てメスで、大きくなるとオスになる生態を持っています。
オスになると色も青くなり、この頭のコブも膨らんでくるんです。

 

3頭身でもカッコいい、サンゴ礁の帝王!
僕も青いスプリングコートを買ったので、ナポレオンフィッシュの気分で出かけてきまーす。じゃあね!

 

レポーターREPORTER

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
1990年大阪生まれ。さかなたちの“おかしな”生態や海の大切さをイラストや歌で伝え、子どもの好奇心を育てる活動をしている。テレビの釣り番組や水族館でさかなを解説したり、ラジオDJ・声優としても活躍中。
初の書籍「ツッコミたくなる おさかな図鑑」は重版。SNSのフォロワー数合計50000人以上(2021年現在)
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)