NEW PRODUCT TALK新エギシリーズ「スクイッドジャンキー」始動!
第1弾「ライブリーダート」が新登場!

全国規模で多くのファンを持つエギング。軽量で感度のよいロッドとスピニングリールの組み合わせで、なおかつ仕掛はエギひとつというシンプルさから、ひじょうに人気の高い釣りである。春は良型アオリイカがねらえる絶好シーズンだが、良型ほど警戒心が強く、釣れにくいのは周知の事実。そんななか、ハヤブサから新たなエギシリーズ「スクイッドジャンキー」が始動するとの情報をキャッチ! その第1弾が、アオリイカ用のエギ「スクイッドジャンキー ライブリーダート(3.5号)」。聞くところによると “良型アオリに効く”とか!?
それでは早速、そのこだわり部分などを紐解いていこう!

「なめらかダート」と「ヒラッとアクション」で誘う!
“まるで生きているかのような動き”でアオリを翻弄!

アオリイカ

スクイッドジャンキー ライブリーダート「ライブリーダート」を勝手に直訳してみると「生きているかのようなダート」といったところか。商品名になるくらいだから、きっとこの「ライブリーダート」の名前の由来こそが、このエギの魅力に違いない。
というわけで、早速、開発担当・清水氏に話を聞いてみた。

『スクイッドジャンキー ライブリーダートの特長は「なめらかダート」「ヒラッとアクション」が演出する「リアルさ」です。海中で左右に滑らかにダートする動きと、エギがダートする瞬間にヒラッとお腹を少し横に倒す際のフラッシング効果で誘います』

アオリイカ用のエギは、一般的にエビや小魚などをイミテートするが、ライブリーダートは、どちらかというと小魚を意識しているそうだ。ダート時のヒラ打ちが、小魚が何かに驚いて逃げるときの反転の動きを演出し、その“まるで生きているかのような動き”がアオリイカを誘惑するというわけだ。

しかし、ここで気になる点が、ダート時にヒラ打ちするということは、その分、シャクリの抵抗感が増すのではなかろうか?

『水を切りやすい独自の薄型形状「スライスシンカー」を採用しているので、シャクリの抵抗は軽減されています』

スライスシンカー
スリムボディ
薄型形状のスライスシンカー(写真左)とスリムボディ(写真右)がシャクリの抵抗感を軽減し、軽い力でアクションさせることが可能

ちなみに、シャクリ方については、これが正解というものはないが、ライブリーダートを使用する場合、ワンピッチジャークで3、4回シャクリを入れてから止める誘いが、このエギのアクションのメリットを存分に発揮できるとのことだ。
シャクリの負担が軽減されつつも、海中でエギが魅力的なダートを演出してくれる。この時点で“釣れるエギ”という気配がプンプンするのだが…。

【エギ水中アクション映像】スクイッドジャンキー ライブリーダート

試行錯誤の末に沈下速度「3.3秒/m」を実現!
ゆっくりめのフォールで “長く見せて乗せる”

アオリイカ

続いて、気になるのが沈下速度。ライブリーダートのスペック表記は3.3秒/m、要はエギが1m沈むのに3.3秒かかるという意味だ。このフォールスピードにも、きっとこだわりが詰まっているはず!

『現在のエギの主流は3秒/mなど、フォールスピードが速めのモデルが多いなか、ライブリーダートは3.3秒/mと、ややゆっくりめのフォールスピードに設定しています。理由としては、乗せの間を少しでも長く取って、エギを動かしてフォールに移行したときに、しっかりとエギを見せられるようにしました』

このフォールスピード「3.3秒/m」を実現するために、試行錯誤が繰り返されたそうだ。当然のことながら「3.3秒/m」を実現したとしても、キャスト姿勢が崩れれば飛距離に関わってくるし、フォール姿勢が整っていなければ、当然アオリイカは乗ってこない。いかにバランスよく調整し、その結果として「3.3秒/m」を実現できるか、である。

エギ

『ボディの浮力やシンカーの重さがエギのフォール姿勢に関わってきます。真水の中でエギが平行姿勢になると、海水ではエギのお尻が15度程度浮いた姿勢になります。テスト時に真水の状態で水平状態を保ちつつ、フォールスピード「3.3秒/m」ありきで、キャスト姿勢、フォール姿勢とフォールスピードを鑑みて、試行錯誤を繰り返しながら完成させました』

また、仮に同じシンカーの重さだったとしても、若干数ミリ頭側に寄せたり、カンナ側に寄せたり、そのミリ単位のわずかな差がエギの姿勢の差となり、結果的にフォール姿勢やフォールスピードの差に繋がるため、このバランス調整にとくに苦労したそうだ。

苦労の末に完成したライブリーダートだが、乗り渋りの状況下や、警戒心が強い良型にも効くそうだ。その理由としては、前述の「滑らかなダート」「ヒラッとして抱いてしまう生感」、そして「リアル感」のあわせ技により、アオリイカが“思わず抱いてしまう”というわけだ。

ハイクオリティなのにリーズナブルな価格設定!
エギング入門者にも最適なライブリーダート!

ライブリーダート3.5号パッケージ
ライブリーダート3.5号

2021年3月にライブリーダート3.5号(2.5号、3号は7月予定)が発売となるが、そのカラーラインナップも豊富である。いわゆる定番カラーからUV系(ケイムラ)、スケルトンボディまでがそろう。ネーミングセンスも秀逸で「完熟トマト」や「輝きナスビ」「UVいちごみるく」「UVセクシーポイズン」など、キャッチーなネーミングも多く、見た目とネーミングの直感で選んでみるのも面白い。

 

岩場の釣り
スクイッドジャンキー ライブリーダート
品質もコスパ性能も高い「スクイッドジャンキー ライブリーダート」なら、多少根がキツいポイントも果敢に攻められる

また、気になるのはお値段だが、ここにもハヤブサらしさがキラリと光る。

『ライブリーダートはハイクオリティに仕上げていますが、エギングはどうしてもロストが付きものの釣りなので、できるだけ商品単価を下げることを意識しました』

ロストを恐れず果敢に攻めようと思っても、1個1000円以上のエギでは尻込みしてしまうのは当然。その点、「スクイッドジャンキー ライブリーダート(3.5号)」の希望小売価格は720円! この価格設定であれば、多少根がキツい岩礁帯も攻められるだろう。そして、その踏み込んだ1歩が、きっと本命への近道となるかもしれない。

瞬貫段差フック
ナチュラルフックエンド
その他にも、触れるだけで刺さるフッ素コーティングの「瞬貫段差フック(写真左)」 、フックエンドを透明にしてイカの警戒心を軽減する「ナチュラルフックエンド(写真右)」など、細部にもこだわったギミックが満載!

 
 

冒頭でも述べた通り、季節は春のアオリシーズンに突入していく。アオリイカは別名「イカの王様」とも呼ばれ、その食味の高さも折り紙付きである。この好機にぜひ「スクイッドジャンキー ライブリーダート」を使用し、メモリアルな1杯をねらってみてほしい。