カッコイイ管理釣り場のススメ No.6
蛇尾川フィッシングパーク

(※当記事は緊急事態宣言前に実釣されたものです)

HEAT読者のみなさんこんにちは! 季節はすでに本格的な梅雨入りのタイミングを控え、管理釣り場というよりは、トラウト好きはついつい渓流や湖に足を運んでしまうシーズンになりました(僕がそうなんです)。しかし、管理釣り場には管理釣り場の魅力があり、今回ご紹介する蛇尾川フィッシングパークにはこの場所だからこその楽しみ方があるのです。世の中は未だ出口の見えないコロナ禍ではありますが、ぜひ「行ってみたい場所リスト」に加えていただけると幸いです。

山に囲まれた最高のロケーション

01_coffee
那須岳をバックにコーヒーブレイク

蛇尾川フィッシングパークはその名の通り栃木県は塩原を流れる蛇尾川(さびがわ)のすぐ近くにあり、釣りをしながら美しい那須岳を望むことのできる素晴らしいロケーションにある釣り場。去年リニューアルOPENをして、最近また改修工事などをしてより一層磨きのかかった、僕の中では勝手に栃木県の管理釣り場のなかで今が旬と言ってもいいぐらいその名をよく耳にする釣り場です。きっと初めて遊びに行った方は水の透明度といいますか、水の「青さ」にも驚かれるかもしれません。1年を通して水質、水温の安定した釣り場です。

02_Lancia
ちょっと伝わりにくいですが…水が綺麗なんです

透明度の高いポンドを悠々と泳ぐビッグトラウトたち

03_Jen2

少し足場の高い休憩所から池を覗くと、大きなイトウをはじめ、通常釣り上げたら間違いなく「Fish of the day」レベルのサイズのレインボーイロモノ(ブラウントラウト、ブルックトラウト、ジャガートラウトなどを指す総称)が目に飛び込みます。僕自身はまだ大きなイロモノを釣り上げていないのですが、大型のブルックやジャガーを求めミノーイングが好きな管釣りアングラーたちにも人気だそうです。僕らが最後に遊びに行ったのは去年の秋冬でしたが、釣れた魚は全て素晴らしいサイズ&コンディションのレインボーでした。

04_Lancia2
このサイズがアベレージでした。強烈なファイト!

車中泊キャンパーも歓迎のキャンプスペースが併設

05_camp1
対岸に見えるのがキャンプサイトスペース。まるで森の中の小さな湖の湖畔

さて魚の話はこれぐらいにして(!)今回僕が蛇尾川フィッシングパークで一番推したいと言っても過言ではないのが、ポンドのすぐ隣、いわば湖畔に用意されている自由なキャンプスペース。1区画6000円のキャンプスペースを利用してテントを張り本格的なキャンプを楽しむもよし、1人2000円のフリースペースを使い車中泊や BBQを楽しむもよし。事前予約が必要ですが、管理人さん曰くテントを張って焚き火をしながらデイキャンを楽しみつつのんびり釣りをするのもオススメだそうで、僕はこの自由な感じがどこか海外っぽく、大きな山を望みながらフィッシング&キャンプを楽しめるなんてめちゃくちゃカッコイイ! となったのでした。

06_Camp2
テントやたくさんのキャンプ道具を持ち込まなくてもこんな洒落た休憩スペースで食事やコーヒーを楽しむのもいい

解放された空間で
のびのびとアウトドアを楽しむのが令和流

07_Last

休憩所には薪ストーブが設置され、特別な準備をしなくても火を囲みながらコーヒー片手に一息つくこともできます。コロナ禍でアウトドアに興味を持ちはじめた友人に今度は釣りにどっぷりとハマってもらいたい…なんてニーズにもぴったりかと思います(笑)。とくにトラウトはどこかハードルの高いイメージや、渓流を歩く、装備が高いなどなど、ビギナーにとってはなかなか手を出せない釣りであるのも事実。しかし管理釣り場で一度でもその美しさに触れてしまえば、意外とあっさりネイティブの釣りにトライする人も多いです。これは僕の友人が実際にそうだったので説得力あるはず。

08_FIshingpark

今後もっともっと外遊びが注目されていくなかで、釣りキャンや趣味でアウトドアを楽しむことは特別ではなくなっていくかもしれません。たっぷりとソーシャルディスタンスをとり、気の合う仲間と思い思いの釣りをするのもいいし、1人でただのんびりと、もう釣りなんかしないで半分ぐらいチェアでくつろぐだけでもいいかもしれない。すでに釣りというアクティビティを自然と楽しめてしまっているみなさんなら、コロナ禍をカッコよく且つスマートにやり過ごせてしまうのではないでしょうか。

 


フィールド情報

09_Siren

蛇尾川フィッシングパーク

住所:〒329-2801 栃木県那須塩原市蟇沼下671
TEL:0287-47-7466
HP:Facebook

 

東北道西那須野ICから約15分。那須岳を望みながらクリアウォーターを泳ぐ美しい魚を釣ることができる、森に囲まれた隠れ家的な管理釣り場。キャンプサイトが併設され車中泊やテント泊も可能。現在平日は2名以上の予約でオープンするため、毎週木曜日が定休日ですが営業時間やレギュレーションなどを前もってご確認ください。

利用料金

1日券 大人4000円(キープ10匹まで)
午後券(12時~17時) 3000円(キープ5匹まで)
3時間券(11時以降) 2500円(キープ5匹まで)
子ども(小学生以下)全日 2000円
男女ペアー券 7000円(2人合わせてキープ15匹まで)

ルアーレンタル竿(1セット) 1000円

※イトウ、ジャガートラウトのキープ禁止
※40cm以上の魚のキープはお1人1匹まで(追加料金2000円)

最新の予約やフィールド状況などについては公式のツイッターをチェックするのがオススメ
蛇尾川フィッシングパーク【公式】Twitter

 

レポーターREPORTER

ショータ・ジェンキンス
プロフィール:ショータ・ジェンキンス
栃木県在住。厳しい釣りを強いられても、持ち前のハッタリと語学力で切り抜ける「適当さ」が武器のフィッシングピーターパン。人生を豊かにするライフスタイルとしての釣りを日々模索し発信している。Huerco、BIGFISH1983アンバサダー、Rマジックテスター、Patagoniaプロセールスプログラム。
インスタグラム:
@shota_jenkins_konno (URL: https://www.instagram.com/shota_jenkins_konno/)
Youtube:Jenkins Channel