カッコイイ管理釣り場のススメ No.2
上永野フィッシングリゾート

HEAT読者のみなさんこんにちは! 「カッコイイ管理釣り場」第2回ですが、今回ご紹介する場所はきっと僕の連載やブログを見たことある人にとっては既視感のある釣り場かもしれません。ここ数年一番足を運んだ「間違いない管理釣り場」であり、栃木に遊びにくる友人に管理釣り場に行きたいと言われたら、先ず連れて行くであろう上永野フィッシングリゾートです。
こんな時代ですので少しの間は海外釣り旅をお休みして、まだ行ったことのない管理釣り場への「旅」も始めてみようと思っていますので、みなさんどうぞよろしくお願いします。

アクセスもよい県内屈指の人気エリア

東北道栃木ICから約25分、山に挟まれるようにして静かなロケーションの中にその名の通りリゾートが現れる上永野フィッシングリゾート。向かう最中にコンビニもあり、近隣には美味しいお蕎麦屋さんもあったりと、誰かを強引に誘い出す言い訳も豊富な鹿沼エリアです。

01_アクセス

週末は、細い路地に入りいざ釣り場に着くぞというときに、駐車場の賑わいに驚くかもしれません。それぐらい、県内県外問わず「ちょっと遠出しても遊びに行きたい」と思わせてくれる場所なんです。この記事を書いている2021年1月現在は栃木県にも緊急事態宣言が出されていますが、いつかくる春のためのブックマークとしてお読みいただけると幸いです。

2つのポンド

ルアー&フライ専用のメインポンドと、ルアー専用のサブポンドがあり、バックスペースのとりやすいメインポンドの川のあるサイドはフライマンに人気。サブポンドはいつも若干魚影が薄めかなと感じますが、混んでいることもなく流れの効いた場所が2箇所もあって僕は結構好きです。

02_ポンド

人気ポイントはメインポンドのロッジから見た右手側にある。ここが一番池の中心まで届くことができて流れも効いています。ただ、かなり通い込んだ僕が言うので間違いないですが、結構どこでも釣れます(笑)。ちなみに放流はロッジの目の前と、メインポンド奥手の柳の木のそばで行われます。

綺麗な水と豊富なトラウトの種類が魅力

管理釣り場の楽しみ方は人それぞれだと思います。ニジマスの数釣りにこだわる、ミノーイングにこだわる、美味しい魚にこだわる…。僕は以前の記事でも触れていますが、その時期にしか見れない魚の色や、それを写真に収めることができれば幸せなのです。しかし上永野は水も魚も綺麗で、その種類の豊富さがなんといっても魅力的。ざっくりと魚種ごとのねらい方なんかも紹介しちゃいましょう。

03_レインボートラウト

レインボートラウト(ニジマス)
シーズンを問わず釣りやすく管理釣り場の超定番の魚。キープ派の方はとくに外せない魚種。オレンジなどの派手なカラーと黒やシルバーなどの地味目なカラーのスプーンを用意しておけば、どこかしらでタイミングが訪れると思ってます(笑)。ねらっていなくてもプラグにもよく反応します。大型になる個体は大抵ドナルドソントラウトです。

04_ブラウントラウト

ブラウントラウト
岸際やブレイク沿いに何尾か溜まっていてくれると釣りやすい魚。クランクやミノーへの反応もよく、この時期の黒ずんだ魚はかっこいいです。食べる人は少数と聞きますが。ヨーロッパのスーパーで売られているトラウトやトラウトの燻製はほとんどブラウントラウト。美味しいですよ。

ヤマメ・サクラマス
パーマークがあればヤマメ、銀色ならサクラマスと呼びますが、同じ魚です。この魚もミノーやダート系のプラグでよく釣れるイメージ。最近新しく栃木の水産試験場が大型になる3倍体のサクラマスを開発したそうですが、名前は何になるんでしょうか?

05_ヤマメ
06_サクラマス

 

07_ヤシオマス

ヤシオマス
栃木水産試験場がニジマスを品種改良した魚で、大型で脂が乗っているためキープ派がひじょうに喜ぶトラウト。料亭などにも卸される高級魚としても有名です。見分け方としては大きくて平べったく、側線からお腹にかけて黒点がほぼないのがヤシオマスらしいです。肉の色がヤシオツツジの花に似ているのでそう名付けられました。

08_ブルックトラウト

ブルックトラウト
北米原産のイワナの仲間で、ひと目でわかる派手な体色が特徴的。あまり夏に釣ったことがありませんが、イワナ全般はダート系やミノーへの反応がよく、秋から冬は見えている魚をサイトフィッシングでねらうのも面白いです。

イワナ
一概にイワナといっても個体差も大きくて、ときどき釣れるピンク色の強いイワナの派手さには驚かされます。自然下では見られない養殖イワナならではの色を楽しんでください。流れのあるところがとくに好きな魚。イワナっぽいけどこの魚なんだろう? も全てイワナと呼んでます(笑)。

09_イワナ
10_イワナ2

 

11_ジャガートラウト

ジャガートラウト
イワナとブルックトラウトの掛け合わせで、ここ数年いろいろな釣り場で見かけるイメージ。両者の特徴を持っていてカッコよく、婚姻色はグロテスクなまでに「サビ」が入り個人的に大好きな魚。ねらって釣るなら圧倒的にダート系やバイブレーションでボトムをねらうとよいです。

12_タイガートラウト

タイガートラウト
ブラウントラウトとブルックトラウトの掛け合わせで、これぞ管理釣り場! と言いたくなるトラウトですね。性格はジャガーやブルックにそっくりで釣り方も似ています。いる年といない年があるみたい(?)で、一昨年ぐらいはこの魚ばかり釣った記憶も(笑)。まさに虎模様のかっこいい魚。

釣りと同じぐらい、いやそれ以上にランチが魅力

13_うどん
定番のうどん定食、税込1000円

朝チケットを買う際に忘れずにやっておくことがあります。10時までに予約が必要な食券の購入です。カレー、もつ煮、唐揚げに生姜焼きと本当にどれも美味しいのですが、初めて行く人はとりあえず迷わず「うどん定食」を選んでほしいです。食べて貰えばわかるので全ては語りませんが、上永野が間違いない理由の一つ、というか”ほぼ”です。

そしてもう一品。僕はうどん定食と交互にもつ煮定食も食べています。冬季限定らしいので、今シーズン遊びに行ける方はぜひこちらも試してみてください。ネギが苦手な方はネギ抜きも先に伝えておきましょう。

14_もつ煮
冬季限定のメニュー、もつ煮定食も税込1000円

シャインライダー発祥の地

15_シャインライド

僕にとって管理釣り場で絶対に外せないルアーがあるとすれば、一つ目は間違いなくシャインライドというダートプラグ。いろいろなダート系を試しましたが、フォールスピードやサイズ感など全てのバランスがどストライク、他の追従をまったく許さないルアーです。
(※あくまで個人の意見・感想です)

さて、そんなこんなでここ数年はシャインライドばかり投げていたら、同じくシャインライドばかり投げる仲間が集まり、毎年年末にシャインライダー納会が開催されるまでになりました。その際にも必ず上永野に集まるわけですが、初めてこのルアーの爆発的釣果を実感したのがこの釣り場なので、いわゆる聖地巡礼みたいなモノです。ちなみにシャインライダーズはシャインライドを手掛けるヴァルケインさんとは全く関係のない非公式団体です(笑)。

16_ロッジ
シャインライダーズは寒くなるとすぐに暖をとりに来るので暖かいロッジがある釣り場が大好き

と、思い入れが強すぎて偏った情報になっていないか不安なぐらいですが、場所・魚・食、どれをとってもオススメの釣り場なので機会があればぜひ遊びに行ってみてください。最新情報やレギュレーションなどはウェブサイトで確認のうえ楽しんでくださいね。

17_ポンド2

 


フィールド情報

18_ニジマス

フィッシングリゾート上永野

住所:〒328-0211 栃木県 鹿沼市上永野1314
HP:https://kaminagano-fishing.com/
※東北道栃木ICから粟野方面へ12km、大越路トンネル手前左折し約5km(25分)
※東北道鹿沼ICから40分

 

利用料金

キープ券
1日 4000円 (20匹まで)
午前券/午後券 3000円(15匹まで)   ※午後券は12時より販売
レディース・子供 2500円(10匹まで) ※子供:中学生まで

リリース券
1日 3500円

 

BBQハウス

場所代・炭代込み 5000円    ※食材は持ち込み

その他詳しい情報は、下記オフィシャルサイトよりご確認ください
Fishing Resort KAMINAGANO

 

レポーターREPORTER

ショータ・ジェンキンス
プロフィール:ショータ・ジェンキンス
栃木県在住。厳しい釣りを強いられても、持ち前のハッタリと語学力で切り抜ける「適当さ」が武器のフィッシングピーターパン。人生を豊かにするライフスタイルとしての釣りを日々模索し発信している。Huerco、BIGFISH1983アンバサダー、Rマジックテスター、Patagoniaプロセールスプログラム。
インスタグラム:
@shota_jenkins_konno (URL: https://www.instagram.com/shota_jenkins_konno/)
Youtube:Jenkins Channel