知って得する!川田一輝のお魚あれこれ No.64金魚の生存率が80%アップする方法

illust_川田一輝

こんにちは!
お祭りで一番好きなのは金魚すくい。「さかなのおにいさん」かわちゃんこと川田一輝です。

金魚すくいですくった金魚を持って帰って飼ったことがある方、多いんじゃないでしょうか。ただ数日すると死んでしまったり……。
そこで、ちょっとでも長生きしてほしいので生存率が80%アップしちゃう裏技を今回はご紹介します!

 

04_1

まずは酸欠防止!

04_2

お店の人が金魚を袋に入れる前に、水の入った袋をぱしゃぱしゃと振ってください。
これは酸素を水に溶け込ますことで、金魚が持ち帰る最中に息苦しくならないようにするためです。

次は水づくり

04_3

水槽の水は水道水のままではNG!

(できればあら塩)をほんの1つまみと、カルキ抜きをまぜてお水を用意してください。
目安は塩が水1Lに対して5g。こうすることで、「塩浴」という金魚が楽な状態になり体力を回復しやすくさせる効果があったり、病気になっていても治りが早くなったりするんです。

もしカルキ抜きがない場合の裏技なんですが、「ビタミンC入りののど飴」を5秒くらい水の中でスリスリ溶かせばOK! ビタミンCがカルキ(塩素)を中和してくれます。

そしてエサはストップ!

04_4

エサは持ち帰った次の日以降にあげましょう。

金魚を連れて帰った日はエサやりをガマン。しばらくはそっとしておいて、次の日に少しだけあげましょう。

 

金魚すくいの金魚は「和金(わきん)」という種類です。フナを鑑賞用に改良した品種で大きくなると20cmほどになります。
すくってきたときが一番弱っていますが、そこを乗り越えてうまく育てられれば寿命は15年! チワワと同じくらい長生きしますよ!

では、金魚すくいにレッツチャレンジ!
上手に飼えたらまた教えてくださいね。

 

レポーターREPORTOR

川田 一輝
プロフィール:川田 一輝
関西を中心にラジオDJ・アナウンサーとして活躍中! Kiss FM KOBEでは昼帯番組「アットイーズ」の他に、須磨海浜水族園プレゼンツ「川田一輝のいきものレッスンれでぃお」も担当。
とにかく釣りと魚が好きで、子どもたちにも魚の魅力を伝えるべく「さかなのおにいさん かわちゃん」として各地でイベントも開催。イラストと歌とトークで、魚の面白さを伝える。特に好きな釣りはシーバスとウナギ釣り。
ツイッター:https://twitter.com/honmachi169
インスタグラム:@kawayanfishing (https://www.instagram.com/kawayanfishing/)
LINEスタンプ「ゆるさかな!」:https://line.me/S/sticker/7724905
オフィシャルHP:http://kawata-kazuki.strikingly.com