NEW PRODUCT TALK堤防釣りのスタンダード
カサゴやメバルねらいに便利な仕掛

みなさんは堤防に行ったら何釣りをされるだろうか。サビキでアジをねらうもヨシ。ジギングサビキを投げるもヨシ。ただし、回遊系の魚はいなかったら釣れないのも事実。そんなときでも大抵相手にしてくれるのが根魚だ。
根魚とはガシラ(カサゴ)やメバルといった岩礁帯に居着く魚なのだが、私はそんな優しい根魚が大好きである。冬場でも根魚は釣りやすいのでありがたい。

そんな根魚ねらいの仕掛がハヤブサから新しく発売されているとのこと。
今回はこの商品にスポットを当ててみた。

堤防釣りの常備品
堤防カサゴ・ガシラセットと堤防メバルセット

堤防カサゴ・ガシラセット
堤防カサゴ・ガシラセット 3セット入
サイズはS・M・Lの3サイズで、全長は80cmの胴突仕掛
堤防メバルセット
堤防メバルセット 3セット入
サイズはS・M・Lの3サイズで、全長は1mの胴突仕掛

うわさの新商品は、「堤防カサゴ・ガシラセット 3セット入」「堤防メバルセット 3セット入」という仕掛だが、特に目新しさを感じない2本バリ仕様の胴突仕掛のようである。この手の仕掛は従来からある。しかし、ハヤブサが今この商品を出してきたのにはきっとねらいがあるはずだ。
兎にも角にも、その真相について商品開発課・田中氏にお話を聞いてみた。

初心者からベテランまで!
無駄を省いた実戦仕様

釣り

「仕掛もオモリも3セット入った、袋から出してすぐに使える仕様になります」と田中さん。

なるほど、3セットも入っているのは心強い。実際、障害物周りに生息する根魚をねらうのだから根掛かりも多いのだ。
それはいいけれど、特長はこれだけなんですか? いやいや、他に何かあるでしょ?

田中さん曰く、「もちろんそのメリット以外に他にも特長がありますよ。一般的な胴突仕掛よりもハリスが太目です。実際こういう釣りをやると不意な大物にハリスが飛ばされることが多いですから」。

ハリスが飛ばされるというのは、切られてしまうことだ。
30cm近いガシラや尺メバルなど、サイズが上がれば引きが全然違ってくる。そもそも、ガシラやメバルをねらっていて、その大物に切られるのでは面白くない。

「それを獲りたいので、やや太目にしています」と田中さん。
そして、さらに田中さんは続ける。

「後は、スリムオモリで根掛かりしにくくしています」。

こういった仕掛にはナス型オモリが付いていることが多いが、細長いスリムオモリだと、よりすり抜けがよく、根掛かりを防げる。

「そして、コストパフォーマンスに優れています。この手の仕掛は根掛りのリスクが高く消耗も激しい。なので、まずコストパフォーマンスが大事です。今回の商品はコスパと切れにくい丈夫さとスリムオモリによる根掛りにくさの3点でひじょうに実戦的な仕掛に仕上がっています」。

メバル

太目のハリスで、すり抜けのいいスリム仕掛。それで仕掛が長持ちすると考えたら、3セット入りということも合わせて、よりコストパフォーマンスもいい。
なるほど、これで初心者の方におススメなのは納得できる。

くわえて田中さんは、「もちろん初心者の方にもいいですが、ベテランの方にも使っていただけますよ」と語った。

そう、実戦仕様に仕上がっているからこそ、初心者からベテランまですべての釣り人におススメできるのだ。

カサゴ・ガシラセットとメバルセットの違いは?

ガシラ
メバル

では次に、この2種類の仕掛の違いを聞いてみよう。

田中さんによると、「堤防カサゴ・ガシラセットは全長80cmでやや底寄りをねらえるようになっており、堤防メバルセットは全長1mでやや上のタナにハリがくるようになっています。なので、魚を釣り分けられるのが違いですね」とのことだ。

カサゴ・ガシラはやや底寄り、メバルはやや浮いていることが多い。
釣り場によって仕掛を変えればより効率よく釣ることができるはずだ。

どうすればもっと釣れるの?
田中さんのアドバイス

釣りポイント
釣りポイント
釣りポイント

そして、使い方について田中さんからアドバイスをいただいた。

「基本的に居着きの魚なので、釣れなければ堤防でも場所をずらしていくといいでしょう。堤防の角のような変化のある場所を積極的にねらうといいですよ。
また、堤防の下がスリットになっているかもしれませんし、見えない変化があるかもしれません。常に場所を変えて探っていくというのを心がけていくと釣果に結びつきます」。

なるほど、エサの釣りとはいえただ待っているだけではダメなのだ。自分から攻めていくことでもっと釣れるようになるとのこと。

「とにかく、魚がいるところを探して釣り歩くのが最大のポイントですよ」と田中さん。

 
 
 

釣りしてる手元
メバル釣果写真

最後に田中さんはこう締めくくる。
「ムダを省いてコストを上げないなかで、より実戦的なものに作り上げていますので、ぜひみなさんお試しください」。

コストを抑えて、よりよいものをという良心的な物作りということなのだ。
とにかく目新しい特長を求めてしまいがちだが、こういう物作りの商品が絶対に必要だということに気付かされた。
みなさんも、堤防カサゴ・ガシラセットや堤防メバルセットを手に、堤防に行ってみてはいかがだろうか。