NEW PRODUCT TALKBOWON・FOURON ボディグリッド

冬の釣りは寒さとどう向き合っていくかが重要なファクター。
動きやすさを追求して、最低限の防寒で多少の寒さは耐えるという釣り人もいれば、とにかく重ね着をして、釣りのしやすさよりも寒さをシャットアウトして釣りをすることに重点を置くアングラーもいる。それらの相反する要求を両立させてくれるような機能性に富んだウエアがあれば…。
そんな「カラダファースト」なウエアがフリーノットから新登場した。
寒さを感じやすい場所には保温素材を、動きの大きな場所にはストレッチ素材を。適材適所で高機能マテリアルを配した「ボディグリッド」というボディマッピングシステムを採用した新製品に迫っていこう。

ボディグリッド
ボディグリッド体
ボディグリッド肘

BOWON ボディグリッド

求められる保温性の違いに応じて2種類の光電子Ⓡ素材を効果的に配し、確かな保温性に加えて、防水性も搭載した高機能アウター「ボウオン ボディグリッドジャケット」「ボウオン ボディグリッドパンツ」。
2種類の光電子Ⓡ素材は、ともに裏地に使用されている。
開発に携わったスポーツアパレル課の小畑文希さんによれば、「毛足の長いもの、起毛の短いもの、それぞれの光電子Ⓡ素材を内側からパズルのように適材適所で組み合わせました。動きやすさと保温の両面から考えて、あえて中綿は詰めていません」とのこと。従来のものより、軽くて動きやすいわけだ。

ジャケットでは、特に体の冷えを感じやすい首筋~背中中央部、寒さを感じやすい肩~上腕部に毛足の長い光電子Ⓡシープバック裏起毛生地を配置し、高い保温性を実現。裏地全体に薄く温かい光電子Ⓡトリコット起毛生地を使い、保温性&機動性を確保した。
パンツでは、腰部、大腿部に光電子Ⓡシープバッグ裏起毛生地、同じく裏地全体に光電子Ⓡトリコット起毛生地が使用されている。また、表生地はともに耐久撥水機能のある防水生地が使われているので、不意の雨雪にも問題なく、春先まで長く使える防水防寒アウターとなっている。

ボウオン ボディグリッドジャケット ブラック
ボウオン ボディグリッドジャケット
ブラック
ボウオン ボディグリッドジャケット ライトグレー
ボウオン ボディグリッドジャケット
ライトグレー
ボウオン ボディグリッドパンツ ブラック
ボウオン ボディグリッドパンツ
ブラック
解説

FOURON ボディグリッド

動きを求める部位には「光電子Ⓡニット」、保温力が必要な部位には「撥水光電子Ⓡダウン」を配したニュータイプ「フォーオン ボディグリッドダウンジャケット」「フォーオン ボディグリッドダウンパンツ」。
体幹部や腰~大腿部といった特に冷やしたくない箇所には、撥水光電子Ⓡダウンが配され、シームレス仕様のため、防風性・ストレッチ性を高めるだけでなく、羽毛抜けも防止する。「ダウンジャケット・パンツの仕様がシームレスゆえに縫い目(ミシン針穴)がないということは、寒気が通りません。またダウンジャケットの中身は水気に弱いんですが、穴がないのでその心配もないんです」と防水性においても、自信を持って語る小畑さん。さらに、機動性を重視したい脇下~袖部、膝下部には、ストレッチ性のある光電子Ⓡニットが採用され、ごわつきを感じさせにくくなっている。
アウターの下に、あえて中間着として着れば、鬼に金棒といえるだろう。

フォーオン ボディグリッドダウンジャケット ライトグレー
フォーオン ボディグリッドダウンジャケット
ライトグレー
フォーオン ボディグリッドダウンジャケット ブラック
フォーオン ボディグリッドダウンジャケット
ブラック
フォーオン ボディグリッドダウンパンツ ブラック
フォーオン ボディグリッドダウンパンツ
ブラック
解説

今後外気温がますます下がってくるが、少し遅れて水温もジワジワ下がり、多くの魚の活性も鈍くなってくる。そんな時、釣り人まで寒さで集中力が途切れてしまっては、全く釣りにならない心配が…。
「フリーノットブランドの中でも、アンダーシャツは既に多くの皆さまに愛用していただいています。まずアンダーシャツ、その上にこのダウンジャケット、最後にアウターを着ていただけたら、よりはっきりと良さを実感していただけるかと思います」
温かさという自信に加えて、動きやすさという死角までもカバーした新製品の傍らで、開発担当の小畑さんは胸を張る。

これで今年の冬は安心。ぽかぽかウエアを身にまとい、快適な釣りを楽しんでみてはいかがだろうか。

開発担当の小畑さん

FREE KNOT 2017 AUTUMN&WINTER デジタルカタログはこちら
http://www.hayabusa.co.jp/catalogue/freeknot2017aw/