NEW PRODUCT TALKバーサタイルジグヘッド
オールラウンダー

釣りにはさまざまなターゲットが存在し、いろいろなスタイルもあり、それぞれにあったアイテムが無数にある。釣行準備の際は無数のシチュエーションが思い浮かび、気が付けば目の前にはタックルケースに入りきらないほどのアイテムがズラリなんてこともありがちだ。アイテムが多いのはそれだけ釣りを楽しむ準備ができているということも言えるが、身軽で気楽に楽しめたらと思うこともある。アレがダメならコッチが釣りたいし、ソレもダメならアッチが釣りたいし…。しかし妥協はしたくないと思うのが釣り人。そのような思いを形にしてくれるのがメーカーだ。今回もハヤブサ開発チームが一丸となり興味津々のアイテムを我々に届けてくれた!

田中氏
伊豫部氏

紹介するのはシーバス・ヒラメ・マゴチ・タチウオ・マダイ・ロックフィッシュほか多魚種が狙えるというジグヘッド「バーサタイルジグヘッド オールラウンダー」。まずは開発担当の田中氏に話をうかがった。「ネーミング通り幅広いスタイルで使用可能なジグヘッドです。ただ、単に幅広くではなく、それぞれのスタイルを追求し各箇所こだわり抜いたジグヘッドとなっています」どうやら単に「なんにでも使えますよ」的な少々軽いイメージではないようだ。田中氏の話をもとに、その特長を紹介していこう。

バーサタイルジグヘッド オールラウンダー
バーサタイルジグヘッド オールラウンダー

まずラインを結ぶアイが上下2ヶ所にある。これはターゲットとスタイルによってフックが上向き、下向きと両方使用可能となっているためだ。上向き使用の際はヘッド部が「底面フラット仕様」となっていることから本体がボトムで立ちやすくフックが上を向くので根掛かりを恐れず、ボトム付近のターゲットを思うまま攻め切れる構造となっている。また、スイミングで攻める際はフックがほぼ水平姿勢をキープしフッキング率を向上させる。


バーサタイルジグヘッドオールラウンダー図解

上向き、下向きそれぞれにセットした際、空いているもうひとつのアイにはオフショア等で有効なアシストフックや孫鈎、集魚効果抜群のブレード装着といったアレンジが可能となっている。また、フック部に関しては細軸ループワイヤーワームキーパーが装着されており、ラバーやオーロラ糸のアピールパーツ等も装着可能となっている。そして、この細軸ループワイヤーワームキーパーは先端が丸いためワームへのダメージも軽減。ウェイトも5g~42gと幅広くラインナップされている。

マゴチ

田中氏の話を聞けば聞くほど各部分が完璧な仕様となっており、それぞれのスタイルに合った実用性をともなっていた。オールラウンダーと聞けば、各所の専門家は多少マイナス面もあるんじゃ? との見方をしてしまいがちだが、この「バーサタイルジグヘッド オールラウンダー」はすべてにこだわり抜いた仕上がり。さまざまなターゲットが狙える間違いなく妥協のないアイテム、まさに完璧なオールラウンダーだ。