NEW PRODUCT TALKD・A・S OFFSET BAIT FINESSE

2018年、いよいよバスフィッシングの本格的な秋シーズンがやってくる。気温も過ごしやすくなり、アングラーの活気も上がる。これはバスも同じこと。
一つのキーワードを頭の片隅に置いておくだけで平成最後の秋シーズンは、必ず印象深く心に残るものとなる。ぜひ皆さまにはよき想い出となるシーズンにしてもらいたいと願い、最高のアイテムをご紹介していこう。

釣りシーン
釣りシーン

今回のアイテムは、どんなに過酷なシチュエーションにおいても常に楽しむことを忘れず真摯にフィールドと向き合ってきた青木大介プロデュース「D・A・S OFFSET BAIT FINESSE」。まずは開発担当の中川氏に話をうかがった。「このフックは主にスピニングタックルで繊細にバスを狙うD・A・S OFFSETがベースにあります。今回はこの繊細なアプローチを得意とするスピニングタックルでは攻めきれなかったカバーなどのポイントでベイトフィネスタックルを用いて攻め切れるよう開発されたベイトフィネス専用フックです」。

ベイトフィネス
図解イラスト

このアイテムの特長を中川氏の話をもとに解説していこう。ベイトフィネスとは8lb前後のフロロ、ナイロンラインを使用したスタイル。スピニングタックルでのフィネスの釣りでは4lb前後を使用する。ライン強度はそれぞれ4lbが1.81kg、8lbが3.63kg。ベイトフィネスでは、ほぼ倍の強度を持つタックルとなる。このことによりカバーなどのポイントからバスを引きずり出しキャッチすることができるのだが、タックルを強化する上で最も重要なものがフックである。特にフロロラインを使用している場合は、初期伸度が抑えられた素材なのでフッキングやその後の強引なファイトの際、フックに対しての負荷が大きくなる。つまりフックが伸びてしまう可能性も高くなるということなのだ。

船釣り
釣ったバス

ただ単にフックの強度だけを上げることは難しくない。ただ、ベイトフィネスという繊細なスタイルを壊すことはできない。バスに対する繊細な誘いを邪魔してはならないのだ。日々フィールドと向き合いバスと向き合ってきた青木大介プロが培ってきた経験と感覚から、ベイトフィネスタックルにベストな線径を割り出し、太軸化し強度アップを極めた。さらにフッ素コーティングによる貫通性能アップ。フックサイズは♯6、4、2、1、1/0の5アイテム。刺さりと強度バランスをハイレベルに融合し青木大介プロのベイトフィネス戦略を進化させたスペシャルオフセットフックとなっている。平成最後の秋シーズン、自身のベイトフィネスをさらに極め想い出に残る素敵な釣りをしていただきたい。