旨いもん見つけた! No.30 独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめアフターフィッシング「いろいろ食べたいぞ!」編
営業部・栃木雅史さんの場合

栃木雅史さん

「旨いもん見つけた!」第30回は千葉県下の営業を担当している栃木雅史さん。エサでもルアーでも海釣り全般が大好きで特に外房方面のタイラバが大得意。5月中旬を過ぎると乗っ込みマダイはシーズン終盤を迎えるが70~80cmという一発大型ねらいの期待値は高いのだとか。今回はそんな外房のタイ釣りの行き帰りに寄れる食堂2店舗。

タイ釣りの行き帰りの昼食にボリュームまんてん!
「女良食堂」アジフライ定食

マダイ釣りの船宿が多く外房有数の遊漁船基地である大原港から数分の距離にあるのが「女良食堂」で、定食を中心に丼物、麺類まで、すべてリーズナブルなお値段でいただくことができる。午前7時から午後8時半まで営業しているので遊漁船の午前便に乗船した場合は帰路にお昼ご飯を、午後便に乗船するときは早めの昼食をとるのに最適だ。

大原港
外房を代表する遊漁船基地である大原港。外房でマダイ釣りといえば大原なのだ

栃木さんが「数ある定食のなかでもコスパもよくボリュームもあり特におすすめです」というのが「アジフライ定食」だ。「地元で水揚げされたアジかどうかは確認していませんが、とにかく新鮮で食べ応えもあります」と大原釣行の際は必ずいただくのだとか。それもそのはず! お皿には、いわゆる「中アジ」サイズのアジフライが4枚も乗っているのだから間違いない。添えられた練りカラシにソースを混ぜていただくと、ご飯がすすんで仕方がないのだとか。

アジフライ定食
ボリュームまんてん! 女良食堂の「アジフライ定食」はご飯、味噌汁、漬け物付き。写真右上の小鉢は単品で注文した納豆
メニュー
大原港の近くなのでシーフードメインかと思いきや、焼き肉にトンカツなど肉系の定食もズラリ。フライものではアジ以外にキスやイカも気になるところ
女良食堂
「女良食堂」は大原港から国道128号(外房黒潮ライン)を北へ約2km、JR外房線の三門駅から南へ約1.5km。テーブル、座敷を含めて50席あり店内は広々

女良食堂

住所:千葉県いすみ市日在1434
HP:なし

たっぷりラー油がクセになるご当地グルメ
「みおや」タンタンチャーシューメン

大原港から南へ15kmほどの距離にある勝浦も遊漁船が多く、栃木さんもひんぱんに釣行を重ねるエリア。この勝浦で「釣り仲間に教えてもらいました」というのが「みおや」という麺類をメインに営業するお店。外房勝浦といえば近年「勝浦タンタンメン」がご当地グルメとして有名だが「みおや」での栃木さんおすすめも間違いなく「タンタンメン」だ。

勝浦の港
勝浦周辺にいくつかある港には遊漁船も多い。陸っぱりアジングが盛んなエリアでもある。近年はご当地グルメ「勝浦タンタンメン」が有名

勝浦タンタンメンは一般的なゴマ系とは違い醤油ベースでラー油たっぷりの激辛が特徴。「僕がいつも注文するのはチャシュータンタンメンです」という栃木さんがいうには「みおやさんは元々お肉屋さんらしくチャシューの味、食べ応えは最高。でもスープはそれほど辛くないんです」とのこと。さらに「タンタンギョウザ」をサイドメニューとして注文。これはなかなかの激辛なのだとか。勝浦釣行の際は前泊することがほとんどなので、晩ご飯にこの「やや辛+激辛コンビ」で気合いを入れる栃木さんなのだった。

チャシュータンタンメンとタンタンギョウザ
「チャシュータンタンメン」と「タンタンギョウザ」の組み合わせで気力充実! 明日のタイ釣りは爆釣間違いなし!?
みおや
メニュー
「みおや」はJR外房線の勝浦駅から国道128号を北東方向へ2km強の距離。メニューをよく見ると定食注文時にプラス50円で「タンタン味噌汁」に変更OKとあり、激辛ファンはたまらない

みおや

住所:千葉県勝浦市部原1046-1
HP:なし