釣りどき関西×HEATコラボ企画 デッドエアー対策で寒くないし動きやすい!
冬の釣りに使える重ね着「レイヤリング」を実例でご紹介

釣りを含めたアウトドア対応の防寒ウェア、実は一般的なタウンユース用の防寒ウェアと比較すると『これでもか!?』というくらいの機能が備わっているのはご存知ですか? 一着ごとに最適な役割をはたすことで、圧倒的な防寒性能を発揮してくれます。しかも基本的にはインナー、ミドラー、そしてアウターという、たった3層のウェアを着るだけなので動きやすく、釣りを快適に楽しめます。その着用方法こそが『レイヤリング』で、アナタの釣りを革命的に暖かくしてくれる! かもしれません。

機能的な重ね着=レイヤリングを実践せよ!
体温で温められた空気“デッドエアー”とは!?

デッドエアーとは人間が自ら発生する平均36℃の体温で温められた空気のことで、肌と着衣とのわずかな隙間に存在します。

この温められた空気をさらに増幅して、よりホットな環境を作り出そうというのがレイヤリング。基本はインナー、ミドラー、アウターの3層からなり、それぞれの役割を果たすことで正しいレイヤリングが完成します。

レイヤリングの基本要素インナー、ミドラー、アウター

インナー

 
【インナー】

肌の上に直接着用するもの。釣具メーカーが発売するアイテムはマテリアル自体が発熱する、デッドエアーをさらに増幅させるなど、高い保温機能を持たせているものがほとんど。そのぶんタウンユース用インナーよりは少々高価だ。

ミドラー

 
【ミドラー】

体温とインナーにより作り出されたデッドエアーを、外に逃がさずにしっかりとキープするのがミドラーの役目。そのために素材のわずかな厚みの中でも、たっぷりと空気を含めるダウンやフリースなどを採用することが多い。

アウター

 
【アウター】

最後に着用するのがアウターだが、一般的な上着と違うところは風や雨、水しぶきなど、寒さの元凶ともなる自然現象を可能な限りシャットダウンできること。最近ではストレッチ素材などを採用し、より動きやすさを追求している。

_レイヤリングの組合せ例

■レイヤリングの組み合わせ例
左からインナー上下、ミドラー、アウターの上下の例。

・製品(全てFREEKNOT)
Y1660 レイヤーテックアンダーシャツプラス(左上)
Y5640 レイヤーテックアンダータイツプラス(左下)
Y1137 フォーオンシェルパフリースジャケット(中央)
Y1127 ボウオンボディグリッドジャケット(右上)
Y2109 ボウオンボディグリッドパンツ(右下)

3層のレイヤリングそれぞれの役割を見ていこう

インナー

肌の上に直接着用するもので、ハヤブサのFREEKNOTシリーズのインナーには『光電子®』という技術が導入されています。

これは高純度微粒子セラミックスを含んだ繊維が体温を吸収することで、遠赤外線を輻射。再び身体に戻して、肌の表面を保温する効果があります。また、汗をかいても水分蒸発を促し、適度な湿度をキープしつつもムレや冷えを抑えてくれます。

FREEKNOTインナーのココがスゴイ!!
[光電子®+もちはだ®]

_光電子イメージ
光電子® イメージ
もちはだイメージ
もちはだ®イメージ

レイヤーテックのアンダーウェアシリーズには、光電子®素材に加えてパイル生地のループを破断せずに起毛できるワシオ式パイル起毛を導入した『もちはだ®』もダブルで導入。FREEKNOT史上最高の温かさを実現している。

Y1662:レイヤーテック フーデッドアンダーシャツプラス
レイヤーテック フーデッドアンダーシャツプラス
光電子®+もちはだ®のダブル効果で、ブランド史上最上級の保温性を実現。フード付きで頭や耳もカバーできる
Y1660:レイヤーテック アンダーシャツプラス
レイヤーテック アンダーシャツプラス
光電子®+もちはだ®を採用しつつ、こちらはフードのないシンプルな丸首タイプ
Y5640:レイヤーテック アンダータイツプラス
レイヤーテック アンダータイツプラス
光電子®+もちはだ®を採用したスタンダードなタイツ。足首が締まってデッドエアーが逃げにくい

ミドラー

体温とインナーにより作り出されたデッドエアーを、外に逃がさずにしっかりとキープするのがミドラーの役目。

そのために素材のわずかな厚みの中でも、たっぷりと空気を含めるダウンやフリースが多いです。

中わたには鳥の毛による天然モノとポリエステル綿などの人工モノの2種類があります。また、フリースはポリエチレン樹脂で繊維が非常に細かく、デッドエアーを内包しやすい構造になっています。

FREEKNOTミドラーのココがスゴイ!!
[光電子®ダウン&光電子®フリース]

光電子ダウンイメージ
光電子®ダウンイメージ
光電子フリースイメージ
光電子®フリースイメージ

国内工場にて天然のダウンに光電子®ファイバーをミックスし、デッドエアーを効率的に内包しつつ遠赤外線効果で保温性がさらに持続。光電子®フリースは、保温性はもちろん通気性や速乾性にも優れており、両面起毛加工により肌触りの良い着心地が特徴。

Y1133:フォーオン ラウンドネックダウンジャケット
フォーオン ラウンドネックダウンジャケット
光電子®ダウン採用の万能ミドラー
Y1137:フォーオン シェルパフリースジャケット
フォーオン シェルパフリースジャケット
光電子®フリース採用の、両面起毛やわらかジャケット
y1135:フォーオン ライトストレッチパーカー
フォーオン ライトストレッチパーカー
ストレッチ素材で動きやすいのが特徴

アウター

最後に着用するのがアウターですが、一般的な上着と違うところは風や雨、水しぶきなど、寒さの元凶ともなる自然現象を可能な限りシャットダウンできることです。同時にインナーが作り出し、ミドラーがキープしてきたデッドエアーを絶対に外へともらさない『鉄壁』としての役割があります。最新の素材では軽くてストレッチ性に優れていたり、透湿防水性能が高く常に快適な着心地のアイテムが揃っています。

FREEKNOTアウターのココがスゴイ!!
[BODYGRID]

ボディグリッドイメージ
ボディグリッドイメージ
ボディグリッド

寒さを感じやすい部分には、光電子®ダウンや光電子®シープバック超厚手などの保温素材をセレクト。そして腕や脇下など動きを重視したい部分には、ストレッチ素材の光電子®ニットを配置。適材適所で快適素材を割り当てるシステム。

Y1132:ボウオン ボディグリッドジャケット
ボウオン ボディグリッドジャケット
夏以外の3シーズンに対応する防水防寒ミドル丈ジャケット
Y2466:ボウオン ボディグリッドパンツ
ボウオン ボディグリッドパンツ
ボディグリットコンセプト採用の防水防寒パンツ
Y1127:ボウオン ボディグリッドジャケット
ボウオン ボディグリッドジャケット
タイトフィット&ショート丈のフィッシング向けスタンダードモデル
Y2109:ボウオン ボディグリッドパンツ
ボウオン ボディグリッドパンツ
サスペンダーは着脱可能。膝立体裁断で動きやすい。フィッシング向けスタンダードモデル

他にもあるぞ、手や首、頭も固めて完全体制で挑め!!

インナー、ミドラー、そしてアウター以外にも、機能素材を採用して快適な釣りをサポートするアクセサリーがたくさん。

Y3175:フォーオン エクストリームキャップ
フォーオン エクストリームキャップ
ボアフリースで耳部分も完全ガード
Y3176:フォーオン エクストリームハット
フォーオン エクストリームハット
ハットタイプは日差しを広範囲ガード
Y3609:レイヤーテック ネックウォーマープラス
レイヤーテック ネックウォーマープラス
光電子® +もちはだ®採用で最高クラスの保温力。ハーフフェイスマスクにも使える
Y3409:フォーオン モコネックウォーマー
フォーオン モコネックウォーマー
ソフトな肌触り&着け心地と、高い保温性を両立したカラフルなネックウォーマー
Y4180:フォーオン ネオプレングローブ3本カット
フォーオン ネオプレングローブ3本カット
チタン合金コーティングとネオプレンで保温性抜群
Y4181:フォーオン ネオプレングローブフルフィンガー
フォーオン ネオプレングローブフルフィンガー
フルフィンガーカバータイプでデッドエアーを逃さない

レイヤリングで身体をホットに! 釣果もホットに!!

冬の釣りシーン
体の芯から冷え込むような冬の寒さに対抗するための「レイヤリング」。しっかり実践してみてください

いかがでしたでしょう。自分ではしっかりと防寒対策ができていると思っていたけど「いつもより着込んでいるはずなのに…思った以上に寒い…」とか、「着込み過ぎて、かえって動きにくい!!」なんて思っていた方々も多いのではないでしょうか。

今回のレイヤリングを完璧にマスターすれば、冬の釣りでも身体はもちろん気持ちもホットになりますよー!!

 


FREEKNOT 2018
AUTUMN&WINTER
CATALOGUE

FREEKNOT 2018 AUTUMN&WINTER CATALOGUE

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないことをご了承ください。また、公開後の時間経過等に伴って内容面に不備が生じていることをお気付きの場合、お手数ですがその旨ご一報をお願いいたします。 ※釣りをするにあたっては、釣り場ごとに設けられているルールを守り、安全とマナーを心がけてお楽しみください。