今月狙いたい魚9月に狙いたい魚 シロギス

夏の風物詩、白ギス。
サイズが良くなり、乗り合いの船釣りのほか、レンタルボートを借りての流し釣りでも楽しめる。岸からのアプローチでは、砂浜からだけでなく、釣りが可能な防波堤や釣り公園からも楽しめる夏の代表的なターゲットだ。

今回は船からの釣りを紹介。

白ギス仕掛図

船キス釣りシリーズにはさまざまなタイプが用意されているが、まずは仕掛先端にオモリをつける胴突仕掛か、仕掛の途中にオモリをつける天秤式かを選ぶ必要がある。
初めてなら、乗り合い船に聞くといい。レンタルボート使用なら、天秤式がおすすめだが、船宿に聞くのが確実です。ちなみに天秤は片天秤タイプとなる。

ロッドは全長2mまでのスピニングロッド。
キス専用のものが好ましいが、エギングロッドや柔らかいバスロッドでも代用することができる。乗合船ならレンタルタックルを用意しているところもある。
オモリは円筒形か釣金型、紡錘型。サイズはどんな場所でやるかによって決まり、深さや潮の流れの速さを知る必要がある。
これも最初行くフィールドなら船宿に聞くのが一番だ。一般的には10号〜30号だ。

エサはアオイソメを使うことが多い。船キスシリーズの仕掛は、そのほとんどが2本バリ。
双方のハリに3〜5センチに切ったアオイソメをつけて、キスを狙う。経験上、このアオイソメをポイントに着くまでに切っておくといい。効率的に釣りができるし、船酔い対策にもなるからだ。

ポイントについたら、天秤に仕掛をつけて、青イソメをハリにつける。
青イソメの付け方は、ハリにつけてイソメがまっすぐになるようにすること。先端からハリをアオイソメに差し込んで、1センチほど中通ししたところで、ハリ先を出す感じだ。乗り合い船の場合、船長の開始の合図があってから、仕掛を海に投入。最初は真下に落とすだけでもいい。
慣れてきたら、アンダーハンドや送り込みの要領で仕掛を前方に10mほどキャストしてもいい。こうすると広く探り、釣果アップにつながるからだ。

さて、仕掛を投入したら、底を取ったかどうかだ。仕掛が底についたなら、リールから出ていたラインの動きが止まる、もしくはそのスピードがガクンと落ちるはずだ。そこでリールを少し巻き、糸ふけをとってアクションを開始する。アクションは簡単。オモリが底についているのを感じながら、そのオモリをちょんちょんと底を叩くように竿でアクションさせてやればいい。

アタリは明快。プルルル! といった感じのもの。アワセはスィープに、大きく竿をあおるようにあわせよう。

夏のキスはとても美味しい。ぜひ持ち帰って、フライや天ぷら、塩焼きなどで楽しもう。そのためにはクーラーボックスと氷も忘れずに。

船キス スパーク キス専用鈎仕様
船キス スパーク キス専用鈎仕様
はじける閃光が魚を寄せる超攻撃仕様。火花のような閃光がエサの存在をアピールする。
船キス キス鈎シンプル仕様2本鈎3セット
船キス キス鈎シンプル仕様2本鈎3セット
キス釣りの超定番、キス専用鈎を使用。刺さりを重視した形状ながら、あらゆる使い心地を高次元に実現しています。