NEW PRODUCT TALKエサ付き最優先!
ショートロッドでも楽しめる「落し込みサビキ」に新商品

ハヤブサが自信を持って牽引する釣りジャンルのひとつ「落し込みサビキ」
弱肉強食の世界をつぶさに垣間見つつ、釣り上げられるのはみな大物! 愛好家が急増している釣りだからこそ、道具や仕掛の進化が止まらない。
今回は新しくリリースされた「落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロフラッシュ」の3アイテムを、ハヤブサの開発担当・中川氏に話を伺いながら紹介しよう。

落し込みサビキのジレンマを解消!
とにかくエサを掛けることに特化した仕様

落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロフラッシュ 3アイテム

商品の紹介に移る前に、「落し込み」という釣りについて少しだけおさらいしておこう。
イワシを中心とした小魚を捕食するブリやヒラマサ、タイにヒラメなどがメインターゲットとなるこの釣りでは、まずはじめに万人がイメージするサビキ仕掛でエサとなるベイトフィッシュを掛ける。そしてそのままフィッシュイーターが待ち構えるタナへと落し込み、豪快なひと呑みを誘うというのが「落し込み」という釣りのカラクリだ。
この一連の流れをすべて1本のタックルでこなすというのだから、ひと組みの仕掛が担う役割は想像以上にデカい。ちなみに、地域により釣り方や呼び名が少々異なり、「タテ釣り」や「喰わせサビキ」とも呼ばれている釣り方だ。

ブリを持つ中川氏
でもって釣れる魚もとにかくデカい。ファン急増中なのもうなづける

今回紹介する「落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロフラッシュ」は、ズバリ「釣りを成立させることを優先した仕掛」と言ってしまってOK。「たとえばベイトフィッシュのサイズや食い気によっても、チョイスすべき仕掛が変わるんですよ」と開発担当の中川さんが言うように、何はともあれエサのご機嫌を伺わないことには始まらないのがこの釣り。そんなわけで、「とにかくエサの掛かりに特化したハリを使おう!」というロジックが開発の背景にあるわけだ。

もちろんただ掛かりがいいだけでなく、ねらいの大物とやりあうのに十分な強度も必要……。そこで、最適線径に太軸化することで掛かりと強度を両立した「キツネ太地胴打鈎」が採用された。さらに胴打ち部にはすでにお馴染みとなった「ホロシール」を貼り付け、強烈なフラッシングを発生させる。好奇心旺盛なベイトフィッシュを寄せて掛けることに関しては、数あるハリのなかでピカイチではないだろうか。
「メッカの山口県に限らず、全国各地の船頭さんにも高評価をいただいています」というのだから、その実力は折り紙付き!

ハリの違いを実感!
スタンダードな「フラッシャー6本鈎」

落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロ フラッシャー6本鈎
ハリの違いを体感したいならまずはコレ。スタンダードな落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロ フラッシャー6本鈎

「落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロフラッシュ」には3つのバリエーションがラインナップされている。そのなかの1つ「フラッシャー6本鈎」は、シルバーとゴールドのホロシールが貼付されたキツネ太地胴打鈎に、ティンセルをまとわせることで集魚力UPが期待できる一品。また全長3.75m&枝間55cmと長く、ベイトフィッシュのタナを広く探ることが可能と、従来の落し込みサビキタックルで扱うことを前提とした、これぞまさにスタンダードアイテムだ。それだけに、ある意味ハリの違いによる“掛かりの違い”がもっとも比較・体感できる仕掛かもしれない。

キツネ太地胴打鈎
エサ付きを重視しつつ、強度をもあわせ持つキツネ太地胴打鈎に、オリジナルのホロシール&ティンセルで集魚力UP

これには「従来からあるオーソドックスな仕掛に対し、エサ付きを重視したハリと独自のホロシール、ティンセルなど“プラスアルファ”の要素を付加した仕掛です」とこだわりを話す中川さん。多くの釣り人が経験していることだと思うが、魚はエサやルアーの色や形など、とにかく好みにうるさい。ベテラン、ビギナーを問わず、タックルボックスに忍ばせておけば、シビアな状況の変化に対応できること間違いなし。

ショートロッドでねらうは最速のエサ付き
4本バリ仕掛で手返しアップ!

中川さん
竿頭ねらいのベテランの間では手返し重視のライトタックルが流行中

さらに中川さんは、「最近のシーンでは、スタイルに応じた仕掛のセレクトがとても重要なんです」と続ける。ひとつの釣りジャンルが成熟するにつれ、数多くのトレンドが生まれるのはもはやお約束。落し込みサビキも例外ではなく、手返し効率を追求したタックルや仕掛のショート化が、まさにいまブームとなっている。「より短尺の竿を用いたライトタックルは、船上でさばきやすく手返しがいいのですが、専用の仕掛が必要です」と中川さん。

落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロ ショート4本鈎
落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロ ショート4本鈎
ひと回り短い仕掛では必然的にハリが少なくなるが、独自の工夫で弱点を克服。落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロ ショート4本鈎落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロ ショートフラッシャー4本鈎

残るラインナップの「ショート4本鈎(からバリ)」「ショートフラッシャー4本鈎」はともに全長2m&枝間44cmの4本バリ仕掛。
「フラッシャー6本鈎」よりもひとヒロばかり短く、ライトタックルでの取り回しに配慮されている。また使用されているハリそのものは「6本バリ仕掛」と同じキツネ太地胴打鈎だが、いずれも掛け効率をより重視した「パラシュート仕様」。ハリが下向きにセットされていることで、仕掛をフォールさせるだけでエサが掛かってしまうというわけ。まさに「エサ付き最優先の喰わせサビキ」ここに極まれりといった格好で、この工夫がハリの少なさを十二分にカバーしてくれている。手返し重視のライトタックルにはドンピシャと言っていい。

あとはその日、そのとき、ティンセルでボリュームアップした「ショートフラッシャー 4本鈎」が好まれるのか、あるいは漢の裸一貫「ショート4本鈎(からバリ)」が好まれるのか、答えはベイトフィッシュに尋ねてみよう。

中川さん
ブリ
備えあれば患いなし! 答えは魚のみぞ知る!

 
「落し込みサビキ」という釣りにおいて、エサを掛けること以上に重要なことはない。今回紹介した「落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロフラッシュ」の3アイテムは、竿頭をねらうベテランにとっても、大物とのやりとりをエンジョイしたいビギナーにとっても、いち早く“スタートライン”に立つための強力な武器となることだろう。

最後に余談になるが、4本バリ仕掛に「赤ホロ」が1本紛れ込んでいることにお気付きだろうか? 中川さんにその所以をズバリ聞いてみたところ、「テストでは赤ホロがよく釣れたので、よりベイトが掛かる可能性を高めるためと遊び心で入れてみました」とのことだった。しかし、さらに話はそれにとどまらず、「ちなみにハリはホロシールが目立つように、あえて艶消しシルバーのメッキを採用しています。どの部分を際立たせるのかによって魚の食いが違うんです」と続けてくれた。
試行錯誤とこだわりの結晶ともいえる本製品を、ぜひ手にとってみてほしい。

「落し込みスペシャル キツネ太地胴打シルバー&ホロフラッシュ」3種
たいていの状況にアジャストできてしまう3種をラインナップ。こだわりの詰まった仕掛で、夢の大物に挑んでほしい