知っていれば快適!フィールド豆知識 No.18チョイ投げシーズンがやって来た!
時短&最速!カンタン仕掛の作り方

長年釣りをしていると当たり前のことでも、釣りを始めて間もない人にとっては「目から鱗!」「そうだったのか!」という、ちょっとしたノウハウをお届けするのがこのコーナー。釣果に直接かかわることではないけれど、アナタの釣りが快適になるかもしれない!? ほんのちょっとの工夫とアイデア。
今回はチョイ投げ仕掛のかんたんな作り方。もしも釣り場で予備の仕掛がなくなってしまったら? 諦めて帰路に付く? いえいえ、せっかくの休日、ごくかんたんに仕掛が作れるので釣りを続けよう!

便利な「オールインワン仕掛」予備もすべてロスト……
釣りを諦めて帰りますか?

梅夏、チョイ投げが楽しい季節だ。キスにベラ(キュウセン)がプルプルとロッドの穂先を震わせるアタリが実に爽快だ。家族連れでカップルで防波堤やサーフから、ライトなルアーロッドなどでチョイっと投げれば夏の申し子たちが「ごきげんよう!」と挨拶してくれる。

こんなチョイ投げに便利なのがハヤブサのライトショット かんたん投げ釣りセット 立つ天秤 2本鈎コンパクトロッド かんたん投げ釣りセット 2本鈎2セットなど、テンビンオモリから予備の仕掛までオールインワンの仕掛群だ。パッケージから取り出してミチイトにテンビンを結ぶだけですぐに釣りができるので、釣りが初めての人、子どもたちでもカンタンにキスやベラがねらえる優れもの。

HA310
HA178
手軽にチョイ投げするなら『ライトショット かんたん投げ釣りセット 立つ天秤 2本鈎』『コンパクトロッド かんたん投げ釣りセット 2本鈎2セット』などが超便利。充分に用意しよう

しかしチョイ投げといえど、投げ釣りには根掛かりが付きもの。ハリスが切れてしまったり、仕掛全体がなくなったり、テンビンオモリまで失ったりと、仕掛ロストは避けられない。予備の仕掛を多めに持参しておくのが基本だが、それでも仕掛がなくなってしまったら?

02
海底に何も障害物がなさそうなサーフ周辺のポイントでも投げ釣りに根掛かりは付きもの
03
仕掛ロストだけでなく、仕掛がもつれてしまった場合も時間をかけて解くより新しいものに交換したほうが絶対能率的

「もう充分釣れたから!」と帰路に付くのも大アリだが、まだまだ釣り足りない場合、さあどうする? 近所に釣具店があれば買いに走るのも手だが、ハリス1巻きとバラバリがあれば仕掛をかんたんに作ることができる。予備のテンビンオモリも何個かあれば完璧だ。

本格的な投げ釣り仕掛は2~3本ヨリでモトスを作り、エダスの仕様もなかなか複雑でかなり面倒。そこで今回はごくかんたんに仕掛を作る方法を2パターン紹介しよう。

キスやベラなど小物をねらうならこれで充分!
時短「エダス仕掛」で手間いらず

投げ釣り仕掛には複数のハリが付いていることがほとんどだ。代表的なものが市販の投げ釣り仕掛にも採用されているエダス方式。モトスと呼ばれる1本の糸の途中に複数の枝(エダス)があり、そのすべてにハリが付いている。

大型魚に備え仕掛強度も考えて本格的に作成するのは時間がかかるが、小物メインのチョイ投げなら強度的にもこれで充分。図のように1本のハリス(キスやベラなら1.5~2号ぐらい)を折り返し束ねたら途中何カ所かを8の字結びし、結び目の近くで二重部分の片側を切り離しハリを結べば、あっという間にエダス仕掛ができあがる。

イラスト1 エダス方式作り方

強度的に大ものねらいには使えないが、この方法だと二重のハリスを長くし結び目をたくさん作れば、その数だけの多点エダス仕掛ができ上がる。その間隔やエダスの長さは対象魚によってさまざまなので、普段使っている投げ仕掛を参考にしてほしい。

コツとしてはエダスが上向き(テンビンをつなぐ側)に向いて出るようカットすること(図参照)。逆にカットするとエダスが本線に沿うようになり海底で仕掛絡みの原因になるので注意。

「それも面倒くさい!」という人は
最速「段差2段仕掛」はいかが?

もっとかんたんな方法もある。エダスじゃくてもいいよ! 先に紹介した時短エダス仕掛でも面倒だ! という人には「段差の2段仕掛」が最速でおすすめだ。

図のように適当な長さのハリスを段差をつけて折り返し、折り返した部分のすぐ下に8の字結びで大きめのチチワを作る。あとは段差になったハリス両端にハリを結ぶだけ。テンビンオモリのアームの環に直接つないでもよいし、スナップサルカンにつないでもOK! なれればほとんど時間はかからない。

イラスト2 段差の2段仕掛作り方

段差はキスやベラなら長めの15~20cmにするほうが1尾の魚に両方のハリを飲み込まれにくくなる。一方、カレイなど数が釣れない魚にはエサを大きく見せるためにも段差を数cmぐらいに短くすると効果的だ。

04
照りつける太陽の下、サクッとチョイ投げで夏の申し子たちをゲットしよう!

 

さあ夏の太陽がまぶしい季節! 投げ仕掛をたっぷり準備! 万が一に備えてハリス1巻き、バラバリ1袋、予備のテンビンオモリを持ってチョイ投げに出かけよう!