旨いもん見つけた! No.53独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめ アフターフィッシング「激旨ラーメン」編
営業部・菅原翔さんの場合

「旨いもん見つけた!」第53回は今春から和歌山県下の営業担当になった菅原翔さん。今回は久々の「激旨ラーメン編」で御坊市内のラーメン店を紹介! 御坊といえば紀州の銘川のひとつである日高川が紀伊水道に注ぐ街。周辺には広大な煙樹ヶ浜を初め磯場や漁港も多く陸っぱりの釣り場に事欠かないし各港には遊漁船も多数。沖釣りの4月はイサギ(イサキ)ねらいが楽しい時期だ。日高川を河口から少し遡ればアマゴやアユのポイントが目白押し。5月になってアユが解禁されるまではアマゴが主役。エサでもルアーでもお好み次第で!

菅原翔さん
菅原翔さんはアマゴのルアー釣りも大好き。今年は人知れず日高川上流でロッドを振っているかも?(写真は兵庫県揖保川)

豚骨醤油の家系のなかに和歌山テイスト!?
「斎家らーめん唐揚げセット」斎家(いつきや)

「僕は広島県の福山市出身なんで和歌山にはそれほどなじみはないんですが……」という菅原さん。このたび、その和歌山県下が営業エリアに加わった。「それで前任者に、和歌山だったらぜひ、このラーメン食べてみて!」と営業の引き継ぎがてらに連れて行ってもらったのが御坊市内にある「斎家」というお店。

さて、そのお店の看板には「横浜家系」とある。「あれっ? 和歌山ラーメンじゃないの?」と思った菅原さんがランチタイムにオーダーしたのは、その名も「斎家らーめん唐揚げセット」だった。

斎家らーめん
ほうれん草のトッピングが独特!? 斎家の「斎家らーめん」は和歌山には珍しい? 横浜家系

「実は学生時代は大阪で過ごしましたので、何度か和歌山には行ったことがあって……」という菅原さん。家系ラーメンの特徴である「濃厚な豚骨醤油味」の中にも「ちょっぴり和歌山ラーメンのテイストも感じました」とのことだ。

麺は太麺、細麺が選べ、ゆで方も硬め、軟らかめが注文できるシステムだそうで「僕は細麺の硬めをオーダーしました」とのこと。「僕の地元の福山ラーメンはあっさり系ですが横浜家系はやはり濃厚ですね。でも、若い人にはこれが喜ばれるかも」と現在23歳で若さ爆発中の菅原さんも満足そう。

メニュー
斎家らーめんのセットメニューも、がっつり豊富!

トッピングは、ほうれん草、チャーシュー、ネギ、海苔とシンプルだが、これらの追加も可能(有料)で、他に味玉、もやし、白ネギなどのトッピングも選べる。「セットの唐揚げは、まあ普通なんですけど食べ応えがありますね」とのこと。セットメニューは他にも「餃子セット」「揚げ餃子セット」「チャーキム丼セット」「半チャーハンセット」がありガッツリ食べたい派にも支持されそうだ。うん、御坊周辺で釣りをたっぷり楽しんだあとのエネルギー補給は、ここで決まりだな!

斎家店頭
斎家店内
「斎家」は御坊市内の国道42号沿い、JR紀勢本線の御坊駅の西、約1.3kmにある。店内はテーブル、カウンター合わせて全30席

斎家

住所:和歌山県御坊市湯川町財部70-8
HP:なし