主婦アングラーhitominのいろいろ気になる話思ったよりハードルは高くない!?
ガツンとアタって楽しめる「ライトジギング」体験記

みなさん「ジギング」という釣り方はご存じですよね? 今やオフショア、ショアに関わらずさまざまな形でのジギングが存在しますが、本家「ジギング」といえば、深場から重~いメタルジグ(金属でできた魚の形をしたルアー=擬似餌)をシャクリ上げる、とても体力のいる釣り。私は勝手にそんなイメージを持っていました。なので、ちょっとハードルの高い釣り、そして、私には縁遠い釣りだと……。

しかし先日、そんな縁遠いと思っていたジギングの一つ、「ライトジギング」に挑戦する機会に恵まれました。そして、「実は思ったほどハードルが高くなく、意外にも手軽に楽しめる?(かもしれない)」ということを知ったのです。そんな身をもって体験したレポートをお届けします。

ライトジギングって?

これまで「ジギング」と聞くと、「体力のあるアングラーがするハードな釣り」という勝手な固定観念を持っていた私…。しかし、100~300gのジグを使うのが「ジギング(※すべてオフショアの話です)で、80~120gのジグを使う「ライトジギング」20~60gといった軽いジグを使用する「スーパーライトジギング(SLJ)」という具合に、ジグの重さで分類されていることを今更ながらに知ったのです(笑)。
今まではオフショアから軽いジグを投げて、ただ巻くだけのSLJをやってきたのですが、今回80g以上のジグを使う「ライトジギング」に挑戦することにしました。

SLJとライトジギングはジグの重さだけではなく、ロッドやリール、ラインといったタックルも違います。ジグもライトジギングのほうが重く、大きなものが多いので、ねらう魚も必然的に大きくなります。もちろんSLJでも大物を釣ることはできるのですが、これまでと違う魚をねらってみたいというチャレンジです。

01_ ライトジギング用ジグ
80gから120gのライトジギング用ジグ
02_ SLJ用ジグ
SLJ用の20gから60gのジグ

初めてのフィールドでライトジギングに挑戦!!

03_ Red Bull

今回ライトジギングに挑戦するために乗せていただいたのは、鹿児島県いちき串木野市の港から鹿児島沖に出船する遊漁船「Red Bull(是枝覚船長)」さんです。初めてのフィールドで初めてのライトジギング! もうワクワクがとまりません!!

実は前回Red BullさんにSLJで乗船した際、同船者の方が私と違うタックルで青物を釣っていたので是枝船長に尋ねると、「このフィールドでは水深40mの浅場からでもライトジギングで釣ってるよ~。今はネリゴ(カンパチの若魚)が釣れてるね」とのこと。思ったより水深が深くないことと、ジグも借りれるとのことで次回チャレンジしようと、早速お手頃価格のライトジギング用ロッドとリールを購入したのでした。PE2号を200m巻き、リーダーは6号を組んでいざ出船! 果たしてどんな魚が釣れるのでしょうか。
(ちなみに、すべてジグを借りるのも気が引けたので、念のためSLJ用の30gと80gのタングステンジグも購入しておきました)

04_ ジャックアイ
念のために購入した30gと80gのタングステンジグ
05_ ライトジギング用のリール
ライトジギング用に購入したリール

初心者でも気軽にできる!?
ガツンとくるアタリがたまらない!

沖に出ると、すぐ船にスパンカー(船を風に向かって安定させるための帆)を張り、初のライトジギングがスタートしました

是枝船長に指南してもらい、まずは投げずにそのままバーチカル(垂直)に落してとにかく速巻きします! 水深が40mということもあり、思ったより全然疲れません。これには驚きました。繰り返し速巻きしていると、途中で急にガツンとくるアタリ! 予告なくいきなりくるアタリは面白いですね!! 巻いてはまた糸が引っ張られドラグ音が鳴り響き、そしてまた巻いて…の繰り返しを続けながら、何とか格闘して初めて釣り上げた魚は初めて見る「ヨコスジフエフキダイ」でしたー!!

06_ 釣りシーン
07_ 魚を寄せる
08_ ヨコスジフエダイ

ライトジギング初の魚を釣り上げたあと、バーチカルに落として速巻きの次は、着底したら軽くシャクリつつ上まで巻くという釣り方。テンポよく軽くシャクりながら(ワンピッチ・ワンジャーク)巻き上げるのを繰り返していると、これまたガツンときました!! 先ほど同様、急に巻けなくなるのでビックリします。今度は美味しい旬の「ハガツオ」が釣れました。
リールが巻けたと思ったら魚に引っ張られ、ドラグ音を鳴らしながら糸が出される…そんな魚とのやり取りが何とも言えない楽しさかもしれません。

ちなみにハガツオや青物は横に走るので、隣の釣り人の仕掛と絡まったりすることが多いので要注意です。

09_ ハガツオ

 

この日の釣果は、ヨコスジフエフキダイ・ハガツオ・アラカブ(カサゴ)・ネリゴ・サバフグでした。これまであまり釣ったことのない魚が釣れたのでとても嬉しく、ジグの重さやタックルが違えばターゲットも変わるのは新鮮に感じました。お陰でライトジギングを存分に楽しめた気がします。

10_ 当日の釣果

 

勝手にジギング(&ライトジギング)はハードルが高いと思いこんでいた私が、ライトジギングに魅了されたことは私自身が一番驚いています。しかも真夏に(笑)。
魚釣りをするなかで、いろんなネガティブな先入観や固定観念などを持つことがあると思いますが、意外と(よい意味で)想像通りでないこともあるようです。やはり釣りは深いな~、そして幾つになっても新たな挑戦は楽しく、視野や世界を広げてくれるものだと感じた今回でした。

ジグの重さ大きさがちょっと違えば釣れる魚も違う。ぜひみなさんもライトジギングだけでなく、新しい釣りを気軽に楽しんでみてください!!

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、店舗・施設や遊漁船によって営業時間の変更や休業の可能性があります。お出掛けの際には公式HPにてご確認ください。また、事前に地域の情報を確認したうえで釣行の計画、万全の対策、ソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。

 

レポーターREPORTER

中島(なかしま) ひとみ
プロフィール:中島(なかしま) ひとみ
鹿児島県在住
錦江湾でのオフショア・ショア釣行が大好きで「キャッチ&イート」をモットーに釣りを楽しむ。本業はネイリスト・趣味はプリザーブドフラワー・総合格闘技。ジムに週3で通うアクティブ派の主婦アングラー。