電気屋ババちゃんの「とりあえず釣りに行かんね」【アジング編】
強行釣り遠征で、アジングの聖地『壱岐』めぐり?

先日釣友から電話がありまして…、

友人: 「大きなアジが釣りたくない?」
私:  「そりゃ釣りたい」
友人: 「じゃあ行こうや」
私:  「どこに??」
友人: 「そりゃ、あそこよ、あそこ」
私:  「ん???」 … 「あっ!! まさか!?」
友人: 「そうそう、あそこよ(笑)」
私:  「いぐ」

というやり取り。まさかの強行釣り遠征というわけで、アジングの聖地「壱岐」に行くことになりました。というお話です。

フェリーで船旅、ちょっとした小旅行な気分で

土曜日の夜の便に乗り、夜中から日曜日の朝まで釣りに行く予定。天気予報では土曜日は大丈夫、日が変わり日曜日の朝方近くに強風となっております(笑)。友人に「大丈夫かね? 風吹くみたいよ」と話すと、「大丈夫、大丈夫」となんともお気楽なお返事が(笑)。まあ大丈夫ならいいんだけどね~。

01_ IMG_5749.JPG フェリー乗船口

土曜日にバタバタと仕事を片付けて急いで準備していると、いつもなら待ち合わせ時間に遅れてくるはずの友人が、なんと待ち合わせ時間5分前に来るというハプニング(笑)。バタバタと荷物を積み込み出発です。博多まで1時間ほど走り無事フェリーに搭乗できました。

コロナウィルスの話題のせい(?)かマスクの方が多いので、急いで2人ともマスクを着用。2時間ちょいの船旅です。自分は「Zzzzzzz」です(笑)。

到着!!さあさあどうしましょ??

02_ IMG_5746.JPG 郷ノ浦港

あっという間に郷ノ浦港に到着。
郷ノ浦港は壱岐島(いきのしま)でも南側に位置しており、最初に目指すポイントはフェリー乗り場の近くにあるらしいので、まず島の南側を探索しながら移動することにしました。

ポイントに到着して5分ほど釣りをして生命感がないので即移動。時間が少ないのでバンバン見切りをつけて移動していきます。しかし、別の新たなポイントに移動してもバイトがありません。もしかしたら、場所は場所でもエリアが違うかもと、南から一気に北に移動することにしました。

 

壱岐島の一番北にある防波堤に移動しました。まずは、港内からチェックしていきます。
この場所で2投目に初めての豆アジと御対面。その次のキャストでも豆アジが釣れたので、もっと大きなアジが居ると確信しました。そこで、防波堤の一番潮の当たる場所へトコトコ歩いて移動し水面を観察。すると、小さなイワシとそれをねらうアオリイカ、メバル、アジを確認することができました。

早速釣り開始。少し潮が緩いのか、なかなか口を使ってくれません。もうちょっと深いかもと、ハヤブサのジグヘッド「アジロック」の2gに「アジクルー ニードルストレート」の常夜灯ゴールドをセットして深いところをチェックします。

潮のきいているレンジにジグヘッドが入り、ロッドに重さが伝わってきます。ここで釣れそうと思うポイントに入ると「コンッ!!」と明確なバイトが!! バラさないように慎重にやり取りしながら上がってきたのは、25cmクラスの綺麗なアジ。今までにない潮のきくエリアとベイトフィッシュの多さ、そして、大きなアジが釣れたことで、ここに大きなアジがたまっていると確信しました。

03_ IMG_5759.JPG 25cmクラスのアジ

船の出入りで潮の流れが変わり釣りにくい状況でしたが、ワンキャスト、ワンキャスト、キャストの場所を変えながら、なんとかバイトがあったポイントにルアーが入るようにしていきます。ポイントに入れば25cmクラスが釣れ、ポイントから外れると15cmクラスに変わってしまいます。なんとかジグヘッドを操りながら25cmクラスをポツポツ釣っていくといった具合です。

読み通りここで最後まで釣りきる

04_ IMG_5744.JPG アジ釣果

あまりゆっくりしていると、後から吹くという予報の強風が心配です。でも嫌な予感より先に雨が降り始めました(聞いてないよ~)。
ヤバいなぁと思いながら釣りをしていると、雨のおかげなのかアジの活性は上がってきました。いいテンポで釣れます。しかし、やはり風が強くなってきました(泣)。もうあまり長くできないかもしれません…。

アジのバイトがドンドン明確になっていくのでレンジを上げていくことにします。
レンジを上げていくとねらい通りサイズが上がりだし、27~28cmクラスが釣れ始めました。大きいサイズが掛かりそうな予感がしたのでリーダーを少し太くすることにしました。しかし何尾か追加したのち、少しバイトが遠のいてしまいました。
それでも私の第六感は変わりません。集中力を研ぎ澄ましてキャストを続けていると小さなバイトがあり、すかさずフッキング!! 先ほどとは比べものにならないファイトでゆっくり上げてくると、30cmの尺アジを釣ることができました。嬉しい~! 気持ちは躍りましたが、時間がありません。これはチャンスと思いすぐに再開。しかし同時に、風と雨が一気に強くなり釣りをするどころではなくなってしまいました。朝マズメになるちょっと前だっただけに悔しいですが、危ないよりマシだと判断し泣く泣く終了となったのでした…。

00_IMG_5758.JPG 30cmの尺アジ
時間がないなか、なんとか釣り上げた30cmの尺アジ!