NEW PRODUCT TALKFINA
瞬貫トレブル ラウンド レギュラー
ファイナル フィネス

「数ある釣り道具の中で、最も重要なアイテムは“鈎”である」。こう断言しても決して過ちではないだろう。
釣り具の重要度は、魚に近いものほど順位が高いと言われる。つまり、ルアーフィッシングでいえば、フック→スプリットリング→ルアー→スイベル等の接続具→リーダー→メインライン→ロッド&リールとなる。鈎こそが魚を掛ける道具。当然といえば当然なのだが、鈎がなければ釣りが成り立たないのである。鈎先が甘かったり曲がったりしていれば、どんなにロッドやリールが高性能で高価なものを使っていても、魚を掛けることはできないのだ。
このほどFINAブランドより登場するフックは、釣り鈎において最も重要な性能といえる、「刺さりのよさ」にとりわけコダワった2アイテム。
ひとつは、フッ素コーティング仕様のトレブルフックである『瞬貫トレブル ラウンド レギュラー』。もうひとつは、青木大介氏プロデュースの新フック『ファイナル フィネス』である。

群を抜くフッキング性能
瞬貫トレブル ラウンド レギュラー

瞬貫トレブル ラウンド レギュラー

『瞬貫トレブル ラウンド レギュラー』は、あらゆるプラグ系ルアーに適合するスタンダード形状のトレブルフック。その特筆すべき特長は、群を抜く刺さりの良さ。それを可能にしているのが、軸に対して鈎先を平行かつ真っ直ぐに設定したストレートポイントの鈎先である。
さらに、より貫通性能をアップさせるフッ素コーティングやスモールバーブ仕様との相乗効果により、バスのジャレつくようなショートバイトをも高確率でフッキングに持ち込むことが可能となった。
さらに掛けたバスをバラさないよう、鈎先からボトムまでを長くした「ディープなスロート形状」に設定。フッキングだけにとどまらない、バスを確実に獲り込む工夫が満載のアイテムとなっている。
ただ、掛かりが良く貫通性能が高いということは、人間の手などへも刺さりが良いということ。フック交換やバスの口からフックを外す際など、フックの取り扱いには十分に注意していただきたい。

瞬貫トレブル ラウンド レギュラー
瞬貫トレブル ラウンド レギュラー
FF600 瞬貫TREBLE ROUND REGULAR
サイズ:#8~2  入数:6・8本入