釣りプラス×HEATコラボ企画バスアングラーがハマる!
気軽に楽しむタイラバゲーム【バスタックルで高級魚ゲット!?】


記事提供:㈱内外出版社【釣りプラス】

バスフィッシングとの共通点!
ルアーローテーションによるゲーム性の高さ!!

実釣開始から1時間、中々反応を得られず、苦戦を強いられるO木。どうしたものか。

庄山 「O木さん、リトリーブスピードを速くしてみましょうか!あとヘッドの重さやネクタイは反応がなければ、どんどん変えていってくださいね!!」

ヘッドの重さを最初は庄山さんに習い90gにしていたが、徐々に軽くし、60gまでダウン。スカートもアピールの強い、トリプルカーリーにチェンジ。巻きスピードもスタートは1秒につき1回転だったが、1秒につき2回転と速めた。

そして遂にO木の竿が弧を描いた!!竿を叩いているような真鯛独特の引きを堪能しつつ、人生初タイラバ真鯛フィッシュをゲット!ルアーローテーションから辿り着いた正解だった!!

タイラバの動作は一見巻き落としの繰り返しで単調にも見えるが、船は今回ドテラ流し(潮の流れ、風の流れに任せて船を動かす流し方)だったので巻き落としの度に水深や地形が変わっていくので、まるでバス釣りのテキサスやチャタ―でのアシやカバー撃ちのような感覚だった!!

庄山さんはこのドテラ流しの中でラインの角度の調整や巻き速度、地形の変化を見つけ、カラーやネクタイのローテなど、庄山さん自身の「マイゲーム」を展開していた!!

庄山 「タイラバゲームはエントリーもしやすいですが、追求していけば自分にしか取れない魚もたくさん出てきますよ!」

タイラバを選ぶときはどーすれば??

タイラバは「ヘッド」「スカート」「ネクタイ」「フック」の4つのパーツを組み合わせて使うのだが、各アイテムのカラーやタイプ、重量など種類がとても多い!!

今回、ロッド以外にもタイラバ一式ハヤブサさんより「無双真鯛フリースライド」シリーズを借りさせて頂いたが、そのタイラバのラインナップの数が半端ではない!!
今回同船して頂いたハヤブサスタッフの岳原さん曰く、
「今ハヤブサで出てるタイラバのラインナップを組み合わせると推定1,000万以上の組み合わせが出来ますよ!」

神奈川県屈指のタイラバの品揃えを誇るポイント横浜港南台店の売り場の1部

もはや鯛に逃げ道はない!?そんな多岐にわたるラインナップの中で初心者はどう選べばよいのか??

庄山 「色は好きなものを1色選んで、浅場や深場に対応できるように各重さのヘッドを揃えてください。(3~5パターンぐらい)。
ヘッドは初めてならオレンジが無難。赤、オレンジはソリッド色なのでシルエットがはっきり見えるカラーがよいでしょう。
スカートやネクタイは形状違い、色違いなどバリエーションを持っておいた方が良いです。色やアクションよって反応が変わったりしますので!!あと魚にちぎられたりもするのでスペアは必須ですね!」

ハヤブサのフリースライドシリーズはヘッドからフックまですべてついたコンプリートモデルから、ヘッド単体、スカート、ネクタイ、フックと各パーツごとに販売されている。

O木は今回の釣行を踏まえ、次回の釣行を視野にいれて釣具店で買い揃えてみた。

フリースライドVSコンプリートモデル×2
フリースライドVSコンプリートモデル×2
フリースライドVSカスタムヘッド×3(45g~90g)
フリースライドVSカスタムヘッド×3(45g~90g)
フリースライドラバー&フックセット×6(各形状&カラーのものを2点ずつ)

うーん、次回の釣行が楽しみ過ぎます!!!ww

タイラバ初釣行を終えて

今回タイラバを初体験させてもらい、感じたことが、「真鯛という魚が身近な存在になった」ことである。自身が元釣具店店員だったころは船での真鯛釣りは難しいイメージがあり、中々挑戦しづらい部分があった。しかし、ライトなタックルで、時にバスタックルを流用して、釣れるのならば一度挑戦してみる価値があるだろう!!そして何より、真鯛という美味しい魚を楽しくルアーで釣れるのならば、もう言うことはなし!!

庄山さんは元バスプロでもある、タイラバゲームのゲーム性の高さをまだまだ模索している。現在積極的アワせていく「掛けの釣り」「フォールでの釣り」「キャスティングでの釣り」なども確立しており、まだまだ釣法やルアーは進化していくとのこと。

バス釣りファンもこのタイラバゲームに魅了されること間違いない!!

鯛以外にもカサゴやホウボウなど美味しいゲストもたくさん釣れ、普段バス釣りではない「お土産」も持って帰れるので家族も大喜び間違いなし!!

取材後、O木が釣った魚以外にも、鯛やカサゴをたくさん頂いたので、ルアマガムービーのマシモPにもおすそ分け。後日美味しく調理された画像が送られてきましたww

煮つけ、鯛茶漬け、鯛めし、粗汁、どれも美味そう!!さすがマシモズキッチン!!