サチの「ゆる~く」お気楽釣り三昧琵琶湖の宝石をジギングで!?
釣り味・食味ともに抜群のビワマス

お久しぶりです。いつも時期外れな記事をお届けする溝部です。
すでに禁漁(10月&11月は産卵シーズンのため禁漁)を迎えシーズンオフとなってしまうビワマスですが…。禁漁明けや来季に向け、最近流行りの「ビワマスジギング」について先日釣行した模様を交えてご紹介します。

一般的には「トローリング」で釣るビワマス。船を走らせながら疑似餌(スプーン)でビワマスを誘い、掛かったら船長から竿を受け取り釣ります。ビワマスはよい引きをするので、タモ入れするまでドキドキの釣りなんです。
このトローリングもまた楽しいのですが、今回ご紹介する「ジギング」だと自分で掛けたときの「ドンッ」という竿のしなりと重み、そして、「おおおおお————っ」と叫んじゃうようなハラハラするゲーム性がとくにたまりません!

ビワマスって?

ところで、そもそも「ビワマス」ってご存知ですか??
滋賀県生まれ、滋賀県育ちの私ですが、この魚を知ったのは数年前です。なぜなら希少魚のため市場に出回らない~。

ビワマスとは、琵琶湖とその流入河川にのみ生息する固有の魚で、サケ目サケ科に属します。そんなビワマス、「琵琶湖の宝石」と呼ばれているそうです。生魚の全長は約40~60cm。3~5年ほど琵琶湖で過ごし、成長すると生まれた川に戻って産卵します。北海道で釣ったサクラマスとよく似ていました。

01_ サクラマス
こちらは過去に北海道で釣ったサクラマス

ビワマス釣りのルール

そんなビワマスを釣る際にはルールが設けられています。

  • ●30cm以下はリリース
  • ●持ち帰れるのは1人5尾まで
  • ●竿1本につきハリ1つ(シングルフックのみ)
  • ※遊漁船以外でビワマスを釣る場合は申請が必要

希少魚&とても美味しい魚なので、ルールを設けて(そして守って)どんどん増やしてほしいですね。

02_ ビワマス釣りのルール

美味しいビワマスを釣りに!

先日、美味しいビワマスをねらいに琵琶湖に出掛けてきました。お世話になったのは長浜港から出船のDAYs丸さんです。

美味しいお魚なので持ち帰りたい!!!
まずは、お土産確保のためトローリングで釣り開始。4人でチャーターしたので全部で20尾かぁなんて考えながらのスタートです。そして1尾、2尾とスムーズに釣れたのですが…。

03_ DAYs丸
お世話になったビワマスジギング専門船のDAYs丸さん
04_ ビワマス釣果
05_ 釣りシーン
1尾、2尾と順調に釣れ…

……。
………?
あれ??? そのあとが続かない…。
みなさんジギングで釣る気満々なので、男性陣はトローリングで釣っても写真も撮らない…。2時間走って4尾GET! なんとか1人1尾のお土産を確保しました。

 

そして、いよいよジギングスタートです。
が、トローリングでこれだけ釣れないってことは、うん、渋い…。アタリがあってもコツンだけ。修行のような時間が続きました。
しかし、ここで友人に待望のヒット!!  上がってきたのは55cmの立派なビワマスです!
デカイ!!!
琵琶湖なんて夢があるの~~~~。

06_ ビワマス釣果2 /07_ ビワマス

そしてついに、私にもヒット!
先ほどのBIGビワマスのあとだと小さく見えますが、立派なキープサイズ。ジギングで釣れた嬉しすぎる1本です。

08_ ビワマス釣果3
09_ ビワマス2

最後に友人がもう1尾追加して終了となりました。

10_ ビワマス釣果4
3本目のビワマス
11_ ウグイ釣果
こちらはゲストのウグイ

使用タックル紹介

さて、今回の釣行で使用したタックルをご紹介します。「ビワマスの唇は女子高生の唇より柔らかい(船長談)」らしいので、ビワマスの引きに耐え、かつ口切れしづらい柔らかめのロッドがよいでしょう。

12_ 使用タックル

琵琶湖の宝石たべてみたよ~

釣れたらもちろん、美味しいお料理にしていただきます。実は何度かビワマスを食べたことがあるのですが、自分で釣ったビワマスは格別です
身がフワフワ~~~~。大きなビワマスはカブト煮に、そして肝まで綺麗に串焼きでいただきましたよ!

私ってなんて料理上手!!

13_ カブト煮
ビワマスのカブト煮
14_ 串焼き
ビワマスの肝は串焼きに
15_ カマ焼き
16_ 刺身
17_ 卵の醤油漬け
カマ焼き?? これがプリプリ! ビワマス大小の食べ比べと入っていた卵は醤油漬けに

 

釣りも、料理も楽しいビワマス。ぜひジギングで釣ってみてください。
あっ…、でも料理は……。実はせっかくのビワマスを美しくさばく自信がなく、大阪天満の「たつみ」さんで調理していただきました(笑)。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、店舗・施設や遊漁船によって営業時間の変更や休業の可能性があります。お出掛けの際には公式HPにてご確認ください。また、事前に地域の情報を確認したうえで釣行の計画、万全の対策、ソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。

 

レポーターREPORTER

溝部 祥子
プロフィール:溝部 祥子
滋賀県大津市在住
「キャッチ&イート&Beer」をスタイルとする釣り好き会社員。カセ釣りを得意とし、油絵が趣味という多彩でややマニアック(?)なおうし座。