サラリーマン必見??
都市型の釣り=アーバンフィッシングのススメ
No.14 一足早い春を探す!
大阪出張ついでにぶらり、都市型河川のタナゴ釣り

三寒四温の言葉通り、まだまだ寒い日も多い季節。そんな早春のある日、大阪出張のついでに訪れた都市型河川。もしかすると、これまで紹介したアーバンフィッシングで最もコンパクトに楽しむことができる釣りかも??

釣りの原点に帰ろう in 都会

ルアーマンである自分が、日本の都市部での釣りというくくりでアーバンフィッシングを楽しもうとすると、前回のメバリング然り、どうしても港湾部や街を流れる川の河口などでのルアーフィッシングが多くなります。しかし、「もっと気軽で、もっと身近な釣り」に立ち返ると、やはり延べ竿を使った小物釣りは外せません。ルアーマンである自分が(2回目)言うのもアレですが、初めての釣りはそんなエサ釣りであるべきとすら思っているぐらい。初心者の方に限らず、まずオススメしたいのは「延べ竿から糸をタラし、ウキを眺める」釣りなんです。

rod
今回の道具ほぼ全部。身軽です
coffee
1999年の700系がデビューした当初に人気だったコーヒーを復刻したという、オールドビーンズブレンドをいただきながらの新幹線の旅

実は今回、元々は釣りに行く予定ではなかったのですが、行きの新幹線でまるで発作のごとく「関西まで行くんだから何か釣りたい!!」となってしまい、急遽Huercoスタッフのペスカトーレ中西(以下ペス)に連絡を取ったのがきっかけ。「装備も道具も何も持ってきてないんだけど、なんかアーバンフィッシングしよ?」とペスに聞くと、「そうしたら…タナゴでも行きますかね? そろそろ婚姻色のいいのが釣れるはず」と言うので、即きまり。打ち合わせの翌日に、2人で淀川へと出掛けたのでした。

pes
ペスカトーレ中西
国内外を問わず興味のある魚を追いかけ続ける完全な釣りばか。知り合ったころからずっとそう。大物釣りのみならず、タナゴなどの小物釣りから昆虫採集まで、自然を楽しみ尽くすエキスパート。Huercoプロスタッフ。
ブログ:http://pescatorenakanishi.blogspot.com/

 

淀川の城北ワンドエリアは、ヘラブナ釣りやブラックバス釣りを楽しむ釣り人で賑わう、いわばメジャースポット。少し歩きますが電車でのアクセスも可能。コンビニや自販機も充実しているので、装備や道具がライトなことが多いアーバンフィッシングにはとても助かります。

river
この日は寒かったので釣り人もまばら、暖かい日はもっともっと人がいるそうです
sign
天然記念物のイタセンパラも生息している城北ワンド。釣れてしまうのはしょうがないらしいのですが、撮影などは控え速やかにリリースしましょう

まず釣れてきたのは?

fishing

赤虫をエサに、すぐ足下の草の陰や、底が全く見えなくなるカケアガリなどをウキ下を調整しながら釣っていきます。ペス曰く、反応がなければ一箇所に留まらずランガンして、魚の付き場や回遊してくる大きな岩陰なんかを重点的に釣っていくのがオススメとのこと。のんびりしたエサ釣りと思いきや、結構動き回る展開に。

gill
釣り上げた瞬間はその色と形でタナゴだと思ってしまう紛らわしい魚ブルーギル(笑)。綺麗ですけどね…

まずウキを消し込んでくれたのはブルーギル。ひとまずボウズは逃れたものの、本命はタナゴ。この魚が釣れたエリアはだいたいその後も同じブルーギルが釣れるので、場所を小移動。今回ねらっているのはシロヒレタビラという種類のタナゴで、関東でも釣ったことのあるヤリタナゴによく似た魚。ちなみにタビラとはタナゴを意味する言葉であり、日本には5種類のタビラの亜種がいます。

tanago1
美しい婚姻色のでたシロヒレタビラの雄

釣果も天候も厳しい早春

ヒラを打っているタナゴの姿を目にすることもできず、何箇所か釣り歩いたもののタナゴらしき反応はなし。僕の認識が間違っていなければ(?)、アーバンフィッシングのコーナーは特別釣果を求められているものではないのですが、釣りに来たのだからやっぱり本命は釣りたいもの。諦めずに粘ります。

自販機で買ったホットドリンクもすっかり冷たくなり、ぼちぼち夕方の時合いか? と期待したタイミングでペスにヒット! がしかし、釣れてきたのは可愛いヨシノボリ…。貴重なイッピキではありますが、タナゴでなくてもヒガイとか、あの美しいコイ科特有の艶やかな魚を釣りたい。「流石に反応なさすぎだな。まだちょっと早かったですかね~」と語るペス。今年はやれ暖冬だとか言われてましたが、まだまだ水の中は冬を引きずっている様子でした。

peshaze
どんな魚でも、やっぱり釣れたら嬉しいもの。いろいろな魚に会えるのも小物釣りの魅力

一足早い春の行方

fishing2

結局タナゴからの反応はないまま暗くなり終了。気づけばかなり体も冷えてしまっていたので、帰りは昔大好きでよく通っていたラーメン屋へ。僕が大阪に住んでいたのもかれこれ10年近く前。住んでいた周辺のラーメン店は当時かなり開拓したものの、個人的にあまり刺さるお店が多くなかったなかで、このお店はすごく印象に残っています。恵まれなかった釣果の代わりに、(本当は教えたくありませんが…)オススメのラーメン屋を紹介します(笑)。

noodle2
ペスにも「いつもの」を食べてもらった。と言いながら、自分も食べたのは2年振りぐらい

「笑福 西中島店」で僕がいつも食べるのは野菜増し増しのつけ麺。麺と野菜が別皿できて、程よく味のついた野菜はそのまま食べられるぐらい美味しいんです。しかも、最近の主流ともいえる太麺+魚介豚骨のこってり系ではなく、甘さと酸っぱさのバランスが取れた、シャバっとしたスープがお気に入り。関東ではあんまりないお店だなと思います。

笑福 西中島店

住所:〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島1丁目13-13
HP:http://shoufuku.fu-koku.com/

noodle1

 

本命はキャッチならずでしたが、あくまで「ついでの釣り」だったことを言い訳に…。久しぶりにペスと2人でのんびりといろいろな話ができたし、打ち合わせもうまくいったし、今回の出張は大成功! と自分に言い聞かせて帰路に着いたのでした。

tanago2
釣れたらきっとこんな感じでした(笑)。また大阪に行ったときにリベンジしたいと思います

 


アーバンフィッシング ギア紹介

NB Huerco NB [NOBEZAO] シリーズ(フエルコ)
Huerco NB [NOBEZAO] シリーズ(フエルコ)(問合せ:Huerco
3種類のレングスをラインナップし、より気軽に、”身近な水辺での遊び”を提案する2020年発売予定の延べ竿シリーズ。フエルコらしい遊び心のある竿。
※写真はプロトタイプのためコスメ・スペック等は変更の可能性あり
CAP B.CAP(clef×Huerco)
B.CAP(clef×Huerco)
帽子の色・素材感や風合、特にかぶり心地と形にはこだわりを持ち、毎日かぶってもストレスを感じない使用感、商品作りの「clef(クレ)」とのコラボレーションキャップ。つばにはワイヤーが内蔵され好みの角度に曲げて楽しむことができ、ゴム製のアジャスターで10段階以上のサイズ調整が可能。撥水・速乾に優れ様々なシーンで活躍。
価格:5,200円(税抜き)、カラー:カーキ/ネイビー/ブラック/ベージュ、サイズ:フリー(57~59cm)、素材:コットン60% ナイロン40%

 

レポーターREPORTOR

ショータ・ジェンキンス
プロフィール:ショータ・ジェンキンス
栃木県在住。厳しい釣りを強いられても、持ち前のハッタリと語学力で切り抜ける「適当さ」が武器のフィッシングピーターパン。人生を豊かにするライフスタイルとしての釣りを日々模索し発信している。Huerco、BIGFISH1983アンバサダー、Rマジックテスター、Patagoniaプロセールスプログラム。
ツイッター:https://twitter.com/konno_shota
インスタグラム:
@shota_jenkins_konno (URL: https://www.instagram.com/shota_jenkins_konno/)
ブログ:https://royalmilkteaspicyfishing.com/