My Recommendation全国の釣具店スタッフ激白!
ハヤブサアイテム おすすめマンスリー

No.13 ビック釣具店 横山登隆さんの場合

今月のおすすめアイテム

  • 船極アジ・真鯛 ロングハリス50 サバ皮 3本鈎/船極アジ・真鯛 ロングハリス50 ケイムラサバ皮 3本鈎
  • 実戦サビキ リアルシラス 6本鈎

「全国の釣具店スタッフ激白! ハヤブサアイテムおすすめマンスリー」は2年目に突入! 記念すべき第13回にアイテムを紹介してくれるのは福井県小浜市にあるビック釣具店、代表の横山登隆さん。小浜といえば若狭湾のほぼ中央部に位置し、関西方面からも中京方面からも多くの釣り客が訪れる人気エリアで釣りもの多彩。船釣りを筆頭にイカダ釣り、投げ釣り、磯釣り、波止釣りなどの好フィールドが目白押しだ。

大アジ!大サバ!大ダイ!お土産ゲット!
イカメタルのお供に!

若狭湾の夏といえばイカの夏。古くから複数の浮きスッテを付けた胴突仕掛でケンサキイカをメインにねらう釣りが盛んだが、近年はゲーム感覚で誘って乗せるイカメタルゲームが主流。「乗合船では難しいですが釣り手の人数が少ない仕立船ではイカメタルの傍ら、胴突仕掛を下ろして置き竿にしておき、同時にアジやサバ、マダイもねらう人が多いんです」と横山さん。イカメタルを始める前の明るい時間帯は仕掛の上にマキエカゴを付け、集魚灯が灯るイカタイムになればマキエなしでも魚が集まるのでカゴは不要。

ビック釣具店代表の横山登隆さん
船極アジ・真鯛 ロングハリス50
ビック釣具店代表の横山登隆さんが手にするのが『船極アジ・真鯛 ロングハリス50 サバ皮 3本鈎』と『船極アジ・真鯛 ロングハリス50 ケイムラサバ皮 3本鈎』で、イカメタルの仕立船でお土産釣り用に使用する人が多いという。現在のイカメタルの主流である「小浜リグ」を考案したのが、実はこの横山登隆さんと弟の晴也さん兄弟だ

その副業?的な釣りにオススメで人気があるのが『船極アジ・真鯛 ロングハリス50 サバ皮 3本鈎』『船極アジ・真鯛 ロングハリス50 ケイムラサバ皮 3本鈎』という2種のサビキ仕掛なのだそう。「エダスが50cmと長く、置き竿にしても船の揺れだけで魚にアピールできますし、3本バリなので仕掛がらみが少なく、片手間の釣りでも楽なんです」と横山さん。サビキバリにはオキアミを刺すのが定番で、この釣り方で40cmクラスの大型アジや80cmもある大ダイまでヒットするのだそう。また今年の夏はサバが好調でゴマサバ、マサバまじりで50cmクラスがヒットするというから楽しみだ。

船極アジ・真鯛 ロングハリス50 サバ皮 3本鈎
船極アジ・真鯛 ロングハリス50 サバ皮 3本鈎
船極アジ・真鯛 ロングハリス50 サバ皮 3本鈎
取り回しがよく扱いやすい3本バリの船用サビキで、50cmというロングハリスのためサビキバリ、ハリに刺したエサをナチュラルに演出。置き竿の釣りにももってこい。イサキ金(ハリ)10~12号、ハリス3~5号の3サイズ。全長3m
船極アジ・真鯛 ロングハリス50 ケイムラサバ皮 3本鈎
船極アジ・真鯛 ロングハリス50 ケイムラサバ皮 3本鈎
船極アジ・真鯛 ロングハリス50 ケイムラサバ皮 3本鈎
『船極アジ・真鯛 ロングハリス50 サバ皮 3本鈎』のケイムラバージョン。サバ皮、留め、ビーズなど各所をケイムラ加工することでアピール力をアップ